ラ・カンパネッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラ・カンパネッラ (la Campanella) は、フランツ・リストピアノ曲ニコロ・パガニーニヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章のロンド『ラ・カンパネッラ』の主題を編曲して書かれた。永遠にレのシャープが続くかのようなこの曲名のCampanellaとはイタリア語で「鐘」を意味している。

リストが「ラ・カンパネッラ」を扱った作品は4曲存在するため、以下に作曲された順に紹介する。最終稿の『パガニーニによる大練習曲』第3番は、数多くあるリストの作品の中でも最も有名なものの一つ。

『パガニーニの「ラ・カンパネラ」の主題による華麗なる大幻想曲』[編集]

(Grande Fantaise de Bravoure sur "La Clochette" de Paganini, S. 420)

『パガニーニの「鐘」によるブラヴーラ風大幻想曲』とも呼ばれる。1831年から1832年にかけて作曲され、1834年に出版された。「ラ・カンパネッラ」を扱った最初の作品である。ニコロ・パガニーニのヴァイオリンの演奏を聴き、大きな衝撃を受けたリストが「僕はピアノのパガニーニになる!」と言い、自らの技術を磨き上げて作り上げたと伝えられる。 和音、跳躍などをはじめ、非常に複雑で特殊な技術を要し、演奏者には完成された極めて高度な技術を要求する。 詳しくはパガニーニの「鐘」によるブラヴーラ風大幻想曲を参照。

テレビ番組の企画に出演した小山実稚恵はこの曲について番組内で「即興から生まれているとしか言いようがなく、右手で弾いたらなんでも無いのに左手を交差するように指示していたり、音でも視覚でも魅せるように意識して、わざと難しくなるように楽譜に書き添えていて、(リストは)真のヴィルトゥオーソだったと思う」と語っている。

『パガニーニによる超絶技巧練習曲』第3番 変イ短調[編集]

(Etudes d'Execution Transcendante d'apres Paganini, S. 140)

1838年に作曲された、全6曲からなるパガニーニによる超絶技巧練習曲の第3番。こちらも非常に技巧的であり、左手の同音連打や12度の和音など、リスト以外の人間には弾きこなせないと言われる[誰によって?]程の難曲。録音を行っているピアニストは、作曲から170年以上経っている現在においても僅か4名のみである。この版ではパガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番第3楽章のロンドの主題も用いている。

詳しくはパガニーニによる超絶技巧練習曲を参照。

『パガニーニの「ラ・カンパネッラ」と「ヴェニスの謝肉祭」の主題による大幻想曲』[編集]

(Grande Fantaise (Variations) sur des themes de Paganini - La Clochette et La Carnaval de Venise - First Version S. 700i)

1845年に作曲された。改作版の『パガニーニの主題による大幻想曲』S. 700ⅱが同年に作曲されている。

どちらも演奏の機会は無いに等しい。レスリー・ハワードのリスト全集にのみ収録されている。

『パガニーニによる大練習曲』第3番 嬰ト短調[編集]

(Grandes Etudes de Paganini, S. 141)

1851年に作曲された、最も有名な版。『パガニーニによる超絶技巧練習曲』を改訂した『パガニーニによる大練習曲』の第3曲にあたり、異名同音の嬰ト短調で書かれている。今日「ラ・カンパネッラ」として演奏されるほぼ全てがこの作品となる。今も多くのピアニストに愛されている名曲である。

ラ・カンパネッラの左手の跳躍の例。一気に約3オクターブも下がり、二音の鍵盤の距離は46cmに達する

4つの「ラ・カンパネッラ」の中では最も常識的な難易度に落とされたもので、それと同時にリストは曲全体の構成を洗練し、ピアノの高音による鐘の音色を全面に押し出した。 全体として、器用さ、大きい跳躍における正確さ、弱い指の機敏さを鍛える練習曲として使うことができる。最大で15度の跳躍があり、この跳躍を16分音符で演奏した後に演奏者に手を移動する時間を与える休止がないまま2オクターブ上で同じ音符が演奏される。ほかにも薬指と小指のトリルなどの難しい技巧を含む。

A(嬰ト短調)-B(ロ長調)-A-B-A-B-A-コーダの簡単なロンド形式で書かれている。用いられる楽想はこれまでの「ラ・カンパネラ」やパガニーニの原曲と比較しても限定されているが、主題が登場する度に様々な装飾を加えることによって単調さを避けている。

補足[編集]

  • これらの主題は、パガニーニのオリジナルの主題とは一部変更されている。パガニーニの原曲を音階に直すと、E-E'-E'-D'-C'-C'-H-A-G#-A-H-E-E-F-E-D-C-H.-A.-C-H.-A.-E.となるが、リストはS.420以降、E-E'-E'-D'-C'-C'-H-A-G#-A-H-E-E-F-E-D-C-C-H.-A.-G#.-A.-H.と書き換えている。

メディアファイル[編集]

関連項目[編集]

《パガニーニの「ラ・カンパネラ」の主題による華麗なる大幻想曲》を演奏したピアニスト[編集]

《パガニーニによる超絶技巧練習曲》第3番を演奏したピアニスト[編集]

《パガニーニによる大練習曲》第3番の演奏者として名高いピアニスト[編集]

日本以外[編集]

あ行
か行
さ行
た行
は行
ら行
わ行

日本[編集]

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

この曲をCMに使用[編集]

この曲を劇中曲に使用[編集]

この曲をゲームに使用[編集]

  • DJMAX Portable 3 - アレンジを加えて「La Campanella Nu Rave」として収録。フランツ・リストがコンポーサーとしてクレジットされている。
  • beatmania IIDX 20 tricoro - アレンジを加えて「Thor's Hammer」として収録。「ユニバーサル度胸兄弟」(角田利之脇田潤による共作)のアレンジによる。

参考文献[編集]

  • Leslie Howard: "The complete music for solo piano, Vol. 48 – The Complete Paganini Études" (S.140, S.141を収録)のCD解説書(Leslie Howard, 1998)
  • Leslie Howard: "The complete music for solo piano, Vol. 55 – Grande Fantaisie" (S.420, S.700を収録)のCD解説書 (Leslie Howard, 1998)

外部リンク[編集]