フジ子・ヘミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フジコ・ヘミング
基本情報
出生名 イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング
別名 大月フジ
出生 1932年12月5日(81歳)
ドイツの旗 ドイツ国ベルリン
出身地 日本の旗 日本
学歴 東京音楽学校卒業
ベルリン国立音楽大学卒業
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 1950年 -
レーベル ビクターエンタテインメント
HEI Global Entertainment
事務所 ラ・カンパネッラ
公式サイト フジコ・ヘミング オフィシャルホームページ
レオニード・クロイツァー
パウル・バドゥラ=スコダ

フジコ・ヘミング1932年12月5日 - )、本名イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング(Ingrid Fuzjko Von Georgii-Hemming)は、日本とヨーロッパで活躍するピアニストである。日本名は大月 フジ(おおつき フジ)。

父親がロシア系スウェーデン人(画家・建築家のヨスタ・ゲオルギー・ヘミング(Josta Georgii Hemming))で母親が日本人(ピアニストの大月投網子)のハーフ。ベルリンで生まれる。スウェーデン国籍(長らく無国籍の状態が続いた)[1]。俳優の大月ウルフは実弟。歌手の橋本潮は従姪。

経歴[編集]

幼少時代[編集]

5歳の時に日本に移住する。当時、戦争への道にひた走り軍事色が濃くなる日本に締め出されるかのように、ほどなく父ヨスタは家族3人を残し、一人スウェーデンに帰国してしまう。以来、母と弟と共に東京で暮らし、母・投網子の手ほどきでピアノを始める。また10歳から、父の友人であり、ドイツで母のピアノを師事したロシア生まれのドイツ系ピアニストレオニード・クロイツァーに師事する。以後、芸大在学時を含め、長年の間クロイツァーの薫陶を受ける。

学生時代[編集]

青山学院緑岡尋常小学校(現・青山学院初等部)3年生の時にラジオに生出演し、天才少女と騒がれる。1945年2月、家族と共に岡山に疎開する。同年4月、岡山の高等女学校に入学し、そのまま学徒動員される。終戦後、青山学院高等女学部(現・青山学院中等部)に転校。青山高女5年修了で、新制・青山学院高等部3年に進級する。高等部在学中、17歳で、デビューコンサートを果たす。東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)在学中の1953年には新人音楽家の登竜門である、第22回NHK毎日コンクールに入賞をはたし、さらに文化放送音楽賞など、多数の賞を受賞した。東京音楽学校卒業後、本格的な音楽活動に入り、日本フィルハーモニー交響楽団など多数のオーケストラと共演。かねてよりピアノ留学を望んでいたフジコだったが、パスポート申請時に無国籍であったことが発覚する。

その後、留学の機会を伺いつつピアニストとして音楽活動を行っていたが、1961年に、駐日ドイツ大使の助力により、赤十字に認定された難民として国立ベルリン音楽大学(現ベルリン芸術大学)へ留学を果たした。卒業後、ヨーロッパに残って各地で音楽活動を行うも、生活面では母からのわずかな仕送りと奨学金で何とか凌いでいたという、大変貧しく苦しい状況が長らく続いた。フジコは「この地球上に私の居場所はどこにもない...天国に行けば私の居場所はきっとある。」と自身に言い聞かせていたと話している。

ヨーロッパでのピアニスト時代[編集]

その間、ウィーンでは後見人でもあったパウル・バドゥラ=スコダに師事した。また、作曲家・指揮者のブルーノ・マデルナに才能を認められ、彼のソリストとして契約した。しかしリサイタル直前に風邪をこじらせ(貧しさで、真冬の部屋に暖房をつけることができなかったためとしている)、聴力を失うというアクシデントに見舞われ、やっとの思いで掴んだ大きなチャンスを逃すという憂き目を見た。

既に16歳の頃、中耳炎の悪化により右耳の聴力を失っていたが、この時に左耳の聴力も失ってしまい、フジコは演奏家としてのキャリアを一時中断しなければならなくなった。失意の中、フジコはストックホルムに移住する。耳の治療の傍ら、音楽学校の教師の資格を得て、以後はピアノ教師をしながら欧州各地でコンサート活動を続ける。現在、左耳は40%回復している。

日本への帰国後のブレイク[編集]

母の死後、1995年に日本へ帰国し、母校東京芸大の旧奏楽堂などでコンサート活動を行う。

1999年2月11日NHKのドキュメント番組『ETV特集』「フジコ〜あるピアニストの軌跡〜」が放映されて大きな反響を呼び、フジコブームが起こった。その後、発売されたデビューCD『奇蹟のカンパネラ』は、発売後3ヶ月で30万枚のセールスを記録し、日本のクラシック界では異例の大ヒットとなった。第14回日本ゴールドディスク大賞の「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」他各賞を受賞した。

やがて、1999年10月15日の東京オペラシティ大ホールでの復活リサイタルを皮切りに、本格的な音楽活動を再開し、国内外で活躍することとなる。2001年6月7日にはカーネギー・ホールでのリサイタルを披露する。現在、ソロ活動に加え、海外の有名オーケストラ、室内楽奏者との共演と活躍は続く。

また、2003年10月17日に、フジテレビ系で波瀾万丈の半生がテレビドラマ化された。スペシャルドラマ『フジ子・ヘミングの軌跡』はフジ子役を菅野美穂が演じて、20.1%の高視聴率を記録した。

2009年に自身のCDレーベル「フジコレーベル」を発足。年内にアルバム第1作「フジコ」を国内外でリリース。

人物[編集]

フジコは菜食主義者クリスチャンとして知られている。食物の中で特に好むのはじゃがいもであるとされる[2]

20歳からずっと愛煙家である。

ピアノ演奏以外の趣味は絵画、裁縫、読書、水泳などで、バレエや映画の鑑賞も好んでいる。絵に関しては幼少時から得意としており、現在までに書き溜めた絵は本やCDのジャケットで使われている。個展を開くこともある(2001年2月5日 - 2001年2月24日「幻の素描展」より)。また愛猫家、愛犬家の動物愛護家である。

東京育ちであるが、母の影響で言葉の端々に関西弁が出ることがある。

語録[編集]

  • 「私はミスタッチが多い。直そうとは思わない。批判する方が愚かしい」
  • 「ぶっ壊れそうな鐘があったっていいじゃない、機械じゃないんだから」(『ラ・カンパネラ』について)
  • 「私の人生にとって一番大切なことは、小さな命に対する愛情や行為を最優先させること。自分より困っている誰かを助けたり、野良一匹でも救うために人は命を授かっているのよ。」
  • 「一つ一つの音に色をつけるように弾いている」
  • 大好きなピアニストに、「サンソン・フランソワ」と答えている。
  • (「あなたにとってピアノとは?」と訊かれて)「猫達を食わせていくための道具ね」
  • 「それでも私は、永遠に、永遠に来て永遠に、弾くことは出来るわよ。」

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 奇蹟のカンパネラ (ビクター、1999年8月25日、2005年12月16日) 第14回 日本ゴールド・ディスク大賞、クラシック・オブ・ザ・イヤー受賞
  • 永久(とわ)への響き/Echoes of Eternity (ビクター、2000年4月5日)
  • 憂愁のノクターン(ビクター、2000年8月3日)
  • リスト:ピアノ協奏曲 第1番 (ビクター、2001年4月4日)
  • カーネギー・ホール・ライヴ フジ子・ヘミング 2001 (ビクター、2001年10月24日)
  • フジ子・ヘミング トロイメライ (2003年1月1日)
  • フジ子・ヘミングの奇蹟 〜リスト&ショパン名曲集 (ビクター、2003年2月5日)
  • トロイカ (2003年5月21日)
  • 雨だれ (2003年11月26日)
  • 心の詩〜想い出メロディ (2003年12月25日)
  • こころの軌跡 (ビクター、2004年3月17日) - ビクター発売6枚からのベスト盤
  • ショパン・リサイタル(2004年8月21日)
  • エリーゼ(2004年11月21日)
  • カンタービレ(2005年3月18日)
  • ラ・カンパネラ1973 (2005年8月24日)
  • ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番《皇帝》(2005年12月24日)
  • イングリット・フジコ・ヘミング/ピアノ名曲集 (2006年9月20日)
  • イングリット・フジコ・ヘミング/ピアノ名曲集~デラックス・エディション2007 (2007年3月21日)
  • フジコ・イン・パリ 2006〜ウィーンのヴィルトゥオーソたちとの競演〜 (2007年10月31日)
  • 「イングリット・フジコ・ヘミング」10巻組 〈通販限定CD全集〉
  • Fuzjko(日本版:2009年7月22日/全世界版:2009年9月15日)
  • イングリット・フジコ・ヘミング/スペイン・カメラータ21オーケストラ/トビアス・ゴスマン(ダギーレーベル、2013年3月27日)
  • フジ子・ヘミング ピアノ ソロ【会場限定盤DVD付】(ダギーレーベル、2014年3月30日)

ビデオ・DVD[編集]

  • フジコ 〜あるピアニストの軌跡〜(NHKビデオ VHS:1999年10月15日、DVD:2000年4月21日)
  • フジ子・ヘミングとウイーンの仲間たち/サントリー・ホール・ライブ (2001年9月21日)
  • 翔け!フジ子・ヘミング 35年目の世界初挑戦 〜奇蹟のピアニスト 独占密着300日!! (2001年11月25日)
  • 響色の舞 〜フジ子・ヘミング絵画の世界(2002年2月21日)
  • フジ子・ヘミング-ピアノコンサートの記録Ⅰ/LIVE IN TOKYO(ウルフプロダクツ)DVD:[2011年]

書籍[編集]

  • 『フジ子・ヘミング1 奇蹟のカンパネラ』(ショパン、1999年
  • 『フジ子・ヘミング2 ピアノがあって、猫がいて』 (ショパン、2000年
  • 『フジ子・ヘミング魂のピアニスト』求龍堂(2000年)のち新潮文庫 
  • 『フジ子・ヘミングピアノのある部屋から』求龍堂(2001年)
  • 『フジ子・ヘミング運命の力』(TBSブリタニカ、2001年)「フジコ・ヘミング運命の言葉」朝日文庫
  • 『フジ子・ヘミングの「魂のことば」』清流出版(2002年
  • フジ子・ヘミング画 松永順平原作『紙のピアノの物語』講談社(2003年
  • 『フジ子・ヘミング耳の中の記憶』小学館(2004年
  • 『Fujiko Hemming Esprit de Paris』主婦と生活社(2005年
  • 『ほんの少し、勇気をあげる to you from Fujiko Hemming』オークラ出版(2005年)
  • 『あなたに届けば to you from Fujiko Hemming』オークラ出版(2005年)
  • 『フジ子・ヘミング 我が心のパリ』阪急コミュニケーションズ(2005年)
  • 『天使への扉』光文社・知恵の森文庫(2005年)
  • 『イングリット・フジコ・ヘミング私が歩んだ道、パリ』ぴあ(2006年
  • 『フジコ・ヘミング画集 青いバラの夢』講談社(2007年
  • 『パリ・下北沢猫物語』阪急コミュニケーションズ(2007年)
  • 『パリ音楽散歩』朝日新聞出版 2008
  • 『青い玉』フジコ・ヘミング絵 沓沢小波 文 文化出版局 2009
  • 『希望の力 くじけない、あきらめない心』PHP研究所 2010

関連項目[編集]

フジコ・ヘミングを演じた女優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 18歳までに一度も入国した経験がなかったため国籍を抹消されたことによるもの。当時日本は父系血統主義を採っており、日本国籍も取れなかった。後にスウェーデンに就籍する。
  2. ^ NHKビデオ『フジコ 〜あるピアニストの軌跡〜』(1999年10月15日)の中で、「一日に一食は何らかの形でじゃがいもを取らないと体調が優れない」という旨のことを述べている。

外部リンク[編集]

http://www.upsold.com/dshop/goods/fuzjkohemming フジコヘミング オフィシャルグッズ オンライン ショップ