ジュリエット・グレコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリエット・グレコ
Juliette Gréco
ジュリエット・グレコJuliette Gréco
生年月日 1927年2月7日(87歳)
出生地 モンペリエ
国籍 フランスの旗 フランス

ジュリエット・グレコ (Juliette Gréco、1927年2月7日-)は、フランスモンペリエ出身の歌手俳優。現在も現役として活躍する。

略歴[編集]

コルシカ島出身の父と、レジスタンス活動家の母との間に生まれる。ジュリエットは母方の祖父母に育てられるが、自身もレジスタンス活動に巻き込まれていった。母親が1946年にフランス海軍についてフランス領インドシナへ行った後、パリサン=ジェルマン=デ=プレへやってきた。ジュリエットは、たちまち戦後フランスのボヘミアンのスターに躍り出た。黒い長い髪をなびかせ、黒ずくめの衣装で歌うのがトレードマークで、彼女はジャン・ポール・サルトルボリス・ヴィアンらアーティストのインスピレーションを刺激し、彼らから曲を提供された。

マイルス・デイヴィスと恋愛関係にあり、マイルスがフランスへやってきた1949年には2人は結婚したと言われている[要出典]。 その後、俳優ミシェル・ピコリと1966年に結婚、1977年に離婚。

有名な持ち歌[編集]

  • "Si tu t'imagines" (1950年)
  • "Je suis comme je suis" (1951年)
  • "Les Dames de la Poste" (1952年)
  • "Déshabillez-moi" (1967年)

映画出演作品[編集]

外部リンク[編集]