ソナチネ (ラヴェル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーリス・ラヴェルの《ピアノのためのソナチネ》は、1903年から1905年に作曲されたピアノ曲で、作曲者のお気に入りのポーランド人兄弟、イダ・ゴデブスカとシーパ・ゴデブスキに献呈された[1]

ラヴェルはこの作品を、今は廃刊されたある雑誌が主催した作曲コンクールのために書き上げた。入選したのはラヴェルただ1人だった。なお「ソナチネ」という名前は、必ずしも作品の難度ではなく、彼の古典様式への傾斜を映し出しているに過ぎない。

楽曲構成[編集]

以下の3楽章から構成される。

  1. 中庸に (Modéré
  2. メヌエットの動きで (Mouvt de Menuet
  3. 活き活きと (Animé

それぞれ、美しい旋律に満ち溢れたソナチネ形式の第1楽章、モーツァルト風の不規則な楽節構造に始まる第2楽章、時折り変拍子が織り込まれたリズミカルな第3楽章、という順で構成されている。

脚注[編集]

  1. ^ 後に、シーパの子供ジャンとミミは、連弾のための組曲マ・メール・ロワ》を献呈されている。