カインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社カインズ
Cainz Co., Ltd.
Cainz.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
(本部)埼玉県本庄市早稲田の杜一丁目2番1号
設立 1989年3月1日
業種 小売業
事業内容 ホームセンターチェーン
代表者 土屋嘉雄(代表取締役会長
土屋裕雅(代表取締役社長
資本金 32億60百万円
売上高 3,365億円(2011年2月期)
従業員数 8,890名(パート含む)
(2011年2月現在)
決算期 2月
外部リンク www.cainz.co.jp
テンプレートを表示

株式会社カインズ: Cainz Co., Ltd.)は、埼玉県本庄市に本部を置くベイシアグループの小売業者である。北関東を中心に、東日本東海地方近畿地方などでホームセンターカインズ(CAINZ)を展開している。

概説[編集]

2012年7月末現在で、23都道府県に187店舗(うちFC 11店舗)を展開している。ホームセンター業界で、トップクラスの売上高を誇り、2011年2月期の売り上げでは、DCM Japanホールディングス(現・DCMホールディングス)に次ぐ第2位となっている。

社名の由来は、英語のkind(親切な、種類が多い)から作った造語。

店舗の業態は、「カインズ」では、小型店で売場面積が約2千平方メートル級、標準店で約7千平方メートル級、大型店では1万平方メートルを越える大きさで「カインズスーパーホームセンター」と名付けられ、公式サイトの店舗案内でも通常のカインズとは区別されている。その他、ベイシアと共同で展開するスーパーセンター形態の「カインズスーパーセンター」、初期の既存店舗を改装しコンビニエンスストアに近い品揃えを行っている店舗「カインズマート」、自転車専門店の「カインズサイクルパーク」もそれぞれ展開している。

プライベートブランドに力を入れており、売上高構成比の約30%をPB商品が占めている[1]

近年ではグループ会社の店舗を並べたネイバーフィド型ショッピングセンターデベロッパー事業も「カインズモール」名で展開している。

沿革[編集]

店舗一覧[編集]

閉鎖した店舗[編集]

主なグループ会社[編集]

  • ベイシア
  • ワークマン
  • ベイシア電器
  • セーブオン
  • 清閑堂(仏壇・仏具専門店)
  • くれよんくらぶ(DPE)
  • オートアールズ(カー用品)
  • カインズ総合保険サービス
  • カインズポップデポ
  • カインズフードサービス
  • カインズビジネスサービス

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]