斎藤嘉彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
斎藤嘉彦 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム さいとう よしひこ
ラテン文字 Yoshihiko Saito
国籍 日本の旗 日本
競技 トラック競技
種目 400mハードル
生年月日 1972年2月12日(43歳)
成績
オリンピック 400mH 予選7組4着 (1992年
4x400mR 予選1組3着 (1992年)
世界選手権 400mH 準決勝2組5着 (1993年
4x400mR 予選2組3着 (1993年)
地域大会決勝 アジア大会
400mH 2位 (1994,98年)
4x400mR 4位 (1994年)
国内大会決勝 日本選手権
400mH 優勝 (1992,93,95,98年)
自己ベスト
400mハードル 48秒64 (1998年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

斎藤 嘉彦(さいとう よしひこ、1972年2月12日 - )は日本の陸上競技選手。専門は400mハードル

経歴[編集]

49秒台の壁を破る[編集]

富岡高校時代に名将佐藤敏明(高崎商業高校OB)の勧めで陸上競技部に入部、才能を開花させた。日本人として初めて48秒台の記録を出して、苅部俊二山崎一彦らとともに日本の400mハードルを世界レベルに押し上げた。1992年、バルセロナオリンピックに出場。その後長く低迷しアトランタオリンピック出場を逃した。

1998年、郷里の群馬綜合ガードシステムに入社。復調し48秒64の自己新記録で日本選手権優勝。2000年、シドニーオリンピック出場を目指したが、若手の為末大らの台頭もあり、あと一歩で出場を逃し選手生活を引退、その後、群馬県高崎市にある東京農業大学第二高等学校教諭として後進の指導にあたっている。

戦績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1990 世界ジュニア選手権 プロヴディフ 400mH 2位 49秒99
4x400mR 7位 3分07秒58 (1走) ジュニア日本記録
1991 ユニバーシアード シェフィールド 400mH 2位 50秒02
4x400mR 4位 3分07秒82 (3走)
1991 世界選手権 東京 400mH 予選 49秒89 3組4着
1991 アジア選手権 クアラルンプール 400mH 優勝 50秒46
4x400mR 優勝 3分05秒22 (2走)
1992 オリンピック バルセロナ 400mH 予選 49秒01 日本記録、7組4着
4x400mR 予選 3分01秒35 (3走) 1組3着
1993 世界室内選手権 トロント 4x400mR 3位 3分07秒30 (3走) アジア記録、世界室内選手権日本初メダル
1993 ユニバーシアード バッファロー 400mH 2位 49秒61
4x400mR 2位 3分03秒21 (3走) 学生記録
1993 世界選手権 シュトゥットガルト 400mH 準決勝 49秒43 2組5着
4x400mR 予選 3分02秒43 (3走) 2組3着
1994 アジア大会 広島 400mH 2位 49秒13 1位の苅部俊二と同タイム着差あり
4x400mR 4位 3分10秒91 (3走)
1995 世界選手権 ヨーテボリ 400mH 予選 49秒91 3組5着
4x400mR 予選 3分01秒46 (2走) 1組4着
1995 ユニバーシアード 福岡 400mH 3位 49秒18
4x400mR 4位 3分02秒51 (2走)
1997 東アジア大会 釜山 400mH 2位 50秒41
4x400mR 優勝 3分04秒35 (3走)
1997 世界選手権 アテネ 400mH 準決勝 49秒60 3組6着
1997 グランプリファイナル 福岡 400mH 8位 49秒20
1998 アジア大会 バンコク 400mH 2位 49秒94

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
吉田良一
(49秒20)
400mハードル日本記録保持者
(49秒11 - 48秒68)

1991年5月19日 - 1995年8月7日
次代:
山崎一彦
(48秒37)
功績
1人目:
垣守博
1986 アテネ
世界ジュニア選手権
400mハードル日本人メダリスト

1990 プロヴディフ
3人目:
安部孝駿
2010 モンクトン