斎藤嘉彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

斎藤 嘉彦(さいとう よしひこ、1972年2月12日 - )は日本の陸上競技選手。専門は400mハードル

経歴[編集]

49秒台の壁を破る[編集]

富岡高校時代に名将佐藤敏明(高崎商業高校OB)の勧めで陸上競技部に入部、才能を開花させた。日本人として初めて48秒台の記録を出して、苅部俊二山崎一彦らとともに日本の400mハードルを世界レベルに押し上げた。1992年、バルセロナオリンピックに出場。その後長く低迷しアトランタオリンピック出場を逃した。

1998年、郷里の群馬綜合ガードシステムに入社。復調し48秒64の自己新記録で日本選手権優勝。2000年、シドニーオリンピック出場を目指したが、若手の為末大らの台頭もあり、あと一歩で出場を逃し選手生活を引退、その後、群馬県高崎市にある東京農業大学第二高等学校教諭として後進の指導にあたっている。

関連項目[編集]