岡山県総合グラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡山県総合グラウンド
Okayama Prefectural Multipurpose Grounds
Momotaro stadium looked at from the south.JPG
桃太郎スタジアムを南側から撮影
所在地
分類 運動公園
面積 約350,000m2
設備・遊具 陸上競技場、補助陸上競技場、野球場、体育館、テニスコート(14面)、プール(3面)、弓道場、武道館、博物館、クラブハウス、ゲートボール場、国の史跡「津島遺跡」
駐車場 約366台
バリアフリー 陸上競技場、体育館などに多目的トイレ、車いす対応エレベーター、スロープ等あり
告示 1962年
テンプレートを表示
クラブハウス

岡山県総合グラウンド(おかやまけんそうごうグラウンド、Okayama Prefectural Multipurpose Grounds)は岡山県岡山市北区にある総合運動公園である。

概要[編集]

当運動公園は1962年(昭和37年)の岡山国体の主会場として旧日本陸軍練兵場跡に整備され「岡山県営津島運動公園」として開園、広さ35haの敷地には陸上競技場、野球場や体育館などの各種運動施設がある。 2005年(平成17年)の晴れの国おかやま国体開催を機に体育館の建て替えや陸上競技場の改修等、全面的に再整備が行われ、バリアフリーに配慮された構造となっている。

  • 事務所:岡山県岡山市北区いずみ町2-1 陸上競技場2F

施設[編集]

公園内の各施設は一般に開放されており、申し込みにより、有料で誰でも利用することができる。

その他[編集]

  • 津島遺跡 (津島やよい広場)
    当公園およびその周辺には弥生時代を中心とした集落遺跡が広がっており、日本で初めて弥生時代前期の集落と水田の跡が同時に確認され、国の史跡に指定されている。2008年(平成20年)度には、史跡整備が行われ、弥生時代の竪穴住居高床倉庫などの建造物、水田や湿地が再現されている。また、出土品は陸上競技場内の「遺跡&スポーツミュージアム」に展示されている。

交通アクセス[編集]

  • JR岡山駅から路線バス利用
    • 東口バスターミナル7番乗り場から、岡電バス中鉄バス 「津高台・半田山ハイツ」行き、「国立病院」行き、「免許センター」行きで、「スポーツセンター前」(岡山県野球場、桃太郎アリーナ、テニスコート)、「岡山放送前」「岡山大学筋」(kankoスタジアム)、「武道館口」(岡山武道館)下車。
    • 西口交通広場から 岡電バス 「岡山大学・岡山理科大学」行き、「スポーツセンター前」、「岡山放送前」下車。
  • JR岡山駅西口から岡山大学方面へ徒歩約15分。

駐車場は桃太郎スタジアム東口付近に約94台、野球場西門付近に約140台、武道館西門付近に約132台分整備されている。ただし、駐車スペースは不足しており、公園側は公共交通機関の利用を呼び掛けている。

外部リンク[編集]