ファツマ・ロバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
エチオピアの旗 エチオピア
陸上競技
オリンピック
1996 アトランタ 女子マラソン

ファツマ・ロバ(Fatuma Roba, 1973年12月18日 - )は、エチオピアアディスアベバ出身の女子マラソン選手である。1990年代中盤から2000年代前半にかけて活躍した。

彼女の名前は、「ファツマ」が本人の名前、「ロバ」は「姓(ファミリーネーム)」ではなく父親の名前であるため、本人の特定という意味では、略する場合は「ファツマ」とするのが正しい(人名#その他の文化圏における名前を参照)。しかし、日本のマスメディアにおいては、「ロバ」をファミリーネームのように見なしてそのように省略するのが一般的であるため、以下の文中の表記もそれに従う。

1996年7月28日アトランタオリンピックにおいては、ロバは下馬評にも挙がらないほど無名の選手であった。レース中盤(19km付近)でロバが一人先頭集団から抜け出しトップに躍り出て、その後独走状態となったものの、誰もに「無謀な飛び出しでは?」と思われていた。しかし、ロバは2位以下の選手との差をぐんぐん引き離し、そのまま逃げ切って金メダルを獲得。銀メダルワレンティナ・エゴロワ銅メダル有森裕子らとは、2分以上の大差をつける圧勝だった。女子マラソン競技においてオリンピック世界陸上選手権と共に、アフリカ勢の女子選手が優勝したのは、ロバが史上初めてであった。

その後もロバはボストンマラソン3連覇などで活躍していたが、世界陸上の女子マラソン競技では最高でも4位入賞が精一杯で、世界陸上のメダル獲得は果たせなかった。アトランタ五輪から4年経った2000年9月24日シドニーオリンピックにも出場したが、中間点前の18km付近でスパートして金メダルを獲得した高橋尚子には全くついていけないまま後退、結局ロバは9位に終わり五輪連覇はならなかった。

レース試合中に見せる厳しい顔つきとは打って変わって、普段は明るい側面を持っている。日本のテレビクルーがロバの実家を訪れた際には、笑顔で家族や自分のふるさとを紹介したりしていた。ちなみにロバのお母さんはオバという名である。

主な戦績[編集]

外部リンク[編集]