小出義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小出 義雄(こいで よしお、1939年4月15日 - )は、陸上競技の元選手。佐倉アスリート倶楽部代表取締役。マラソン・中長距離選手の指導者。千葉県佐倉市出身。

概要[編集]

大きなサングラスが特徴。2001年東京国際女子マラソン9位の小出正子(現姓高橋)は実子。2001年エドモントン世界選手権マラソン代表の高橋健一は婿。

来歴[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 豪放磊落な性格で、酒好き。インタビューの度に顔が赤くなっているのは酒を飲んでいるからだとか、高橋尚子シドニーオリンピックで金メダルを取った時に、途中の様子を見て「これは勝てる」と思った為、祝杯と称して酒を大量に飲んでゴール地点や祝勝会に参加できなかった等、酒にまつわる話に事欠かない。[1]
  • 「ほめて育てる」という選手育成方法が知られている。
  • 監督がゴールにいてあげるべき時は選手が勝った時ではなく、負けた時に「おまえが悪いんじゃない、監督が悪いんだ。」と慰めるためだ、と語っている。[2]
  • 啓子夫人とは長生高校勤務時、陸上部の生徒と部活顧問という関係であった。
  • 高橋尚子と共に、マラソン選手を育成するゲームの開発に携わった。
  • 2001年には、サンクスから「小出監督のおつまみセット」が発売された。
  • 市立船橋高校教諭時代、後に順天堂大学に入学し大学の後輩となる鈴木大地ソウルオリンピック金メダリスト)を保健体育の授業で指導したことがあった。
  • スポーツニッポンに勝手に名前を使われ、サッカー日本代表の2010年ワールドカップのトレーニングが無駄だと言ったと報道された。しかし、関係者からそれを聞き自身のホームページでそれを否定した後、そのトレーニングが高山順化には最適であると太鼓判を押し、スポニチの身勝手な創作報道で岡田武史日本代表監督が気を悪くしていないかと心配した。

現役時代の記録[編集]

マラソン
箱根駅伝区間成績
  • 第38回(1962年)5区 1時間36分08秒(区間10位)
  • 第39回(1963年)8区 1時間10分17秒(区間3位)
  • 第40回(1964年)8区 1時間05分57秒(区間5位)

佐倉アスリート倶楽部[編集]

佐倉アスリート倶楽部株式会社(SAC、さくらアスリートくらぶ)は、小出義雄が設立したスポーツクラブ。及び、スポーツ育成団体。

マラソン・中距離選手を指導する部門を「佐倉アスリート倶楽部」、ジュニア選手を指導する「小出道場」(こいでどうじょう)に分かれる。

育成選手[編集]

現在、ユニバーサルエンターテインメント(旧:アルゼ)・豊田自動織機所属の選手に指導育成を行う。また、女子選手育成に卓越した手腕を発揮し、以下に挙げる選手をはじめとして、多くの選手を育成した。

主な現役選手
主な輩出選手

著書[編集]

関連書籍・DVD[編集]

出典[編集]

  1. ^ ショナイの話 2013年2月11日放送分
  2. ^ ショナイの話 2013年2月11日放送分

外部リンク[編集]