竹本一彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

竹本 一彦(たけもと かずひこ、1955年11月22日-)は、日本のサッカー指導者。愛知県出身。元女子サッカー選手・現サッカー指導者の高倉麻子は妻。

経歴[編集]

1980年読売サッカークラブ(現在の東京ヴェルディ)にユースコーチとして入団。その後、女子チームの読売西友ベレーザ(現在の日テレ・ベレーザ)に移り、1986年から11年間監督を務めた。この間、1984年から1986年までは日本女子代表のコーチも務めている。

読売退団後は1999年から2004年までガンバ大阪2005年柏レイソルのコーチを務める。2001年2005年はシーズン途中から監督(2005年は代行)を務めた。

柏での監督代行は天皇杯全日本サッカー選手権大会の1試合だけだったが、天皇杯終了後、ゼネラルマネージャー(GM)に就任した。その後も強化部長、シニアマネージャーを歴任し、2013年3月、9年間所属した柏を退団した[1]

2014年より東京ヴェルディ1969のテクニカルダイレクターを担当[2]。同年12月、東京ヴェルディのゼネラルマネージャーに就任した[3]

経歴[編集]

  • 読売ジュニア(U-22):コーチ 1980-1982
  • 読売ジュニアユース:コーチ 1983-1987
  • 読売ベレーザ:コーチ 1983-1985
  • 日本女子代表:コーチ 1984-1986
  • 読売西友ベレーザ:監督 1986-1996
  • 読売ジュニアユース:監督 1988-1990
  • ガンバ大阪
    • ユース監督 1999
    • コーチ 2000-2001
    • 監督 2001.10-終了
    • コーチ 2002-2004
  • 柏レイソル
    • ヘッドコーチ 2005
    • ' 監督代行' 2005.12
    • ゼネラルマネージャー 2006-2008
    • 強化部長 2009
    • シニアマネージャー 2009.12-2013.3
  • 東京ヴェルディ1969
    • テクニカルダイレクター 2014.9 - 2014.12
    • ゼネラルマネージャー 2014.12 -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 竹本一彦 シニアマネージャーの辞任について”. 柏レイソル (2013年3月6日). 2014年9月15日閲覧。
  2. ^ 東京V 竹本一彦氏のTD就任を発表 夫人はなでしこ名将 スポーツニッポン 2014年9月21日閲覧
  3. ^ 竹本一彦ゼネラルマネージャー就任のお知らせ”. 東京ヴェルディ1969 (2014年12月18日). 2014年12月18日閲覧。

関連項目[編集]