AC長野パルセイロ・レディース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AC長野パルセイロ・レディース
原語表記 AC長野パルセイロ・レディース
愛称 パルセイロ / AC長野
クラブカラー      オレンジ
創設年 2000年
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
所属ディビジョン 2部(チャレンジリーグ)
ホームタウン 長野県長野市
ホームスタジアム
Saku General Athletic Playground 2.JPG
佐久総合運動公園陸上競技場ほか
運営法人 株式会社長野パルセイロ・アスレチッククラブ
代表者 丹羽洋介
監督 本田美登里
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

AC長野パルセイロ・レディース(エーシー ながのパルセイロ・レディース)は、長野県長野市を本拠地とする女子サッカークラブである。日本女子サッカーリーグ・チャレンジリーグ所属。

概要[編集]

2000年に大原学園系列の専門学校のひとつ、大原スポーツ公務員専門学校サッカー専攻科女子サッカーコースの生徒や教職員を中心としたサッカークラブ大原学園JaSRA女子サッカークラブとして設立され、2003年度から2009年度までは大原学園の名で日本女子サッカーリーグに所属していた。 2009年シーズン終了後、当時北信越フットボールリーグ1部に所属していたAC長野パルセイロの女子チームとしてクラブ移管を行いクラブ名がAC長野パルセイロ・レディースとなった。

歴史[編集]

大原学園JaSRA[編集]

2003年
森下聖二総監督のもと北信越リーグでの連続優勝、全日本女子サッカー選手権大会での活躍などにより、日本女子サッカーリーグに加盟。初年度は一次リーグ(東日本リーグ)で苦戦を強いられ5位に終わったが、決勝リーグ(下位リーグ)、「2004 L1参入チーム決定戦」でそれぞれ1位(リーグ戦の全体では第7位)となり、翌年のL1入りを決めた。
2004年
リーグ戦を通して1勝も挙げられず(2分12敗)最下位となり、L2リーグに降格することになった。
2006年
TASAKIペルーレFCなどから選手を補強。シーズンを無敗で終え(15勝6分勝ち点51)ディビジョン2で2位となり入れ替え戦に進出。ディビジョン1の7位となったスペランツァF.C.高槻との入れ替え戦に勝利し、ディビジョン1昇格を決める。
2007年
ディビジョン1初勝利を挙げるものの、2勝2分17敗で再び最下位となりディビジョン2に降格することになった。
2009年
7勝4分10敗の成績で5位。シーズン終了後、当時北信越フットボールリーグ1部に所属していたAC長野パルセイロの女子チームとしてクラブ移管を行うこととなった。それに伴いクラブ名がAC長野パルセイロ・レディースとなる。

長野パルセイロ・レディース[編集]

2010年
日本女子サッカーリーグ編成の見直しに伴いチャレンジリーグEASTに参加。4勝3分8敗の成績で6チーム中4位となるが、「なでしこリーグ準加盟」チームの中では首位であった(当時の規定でチャレンジリーグに参加し、なおかつ「リーグ準加盟」のチームは準加盟の中での成績上位2位までに入れば入れ替え戦に出場する権利があった。(ただし、当時イーストディビジョン所属の準加盟は長野Lと清水第八プレアデスの2チームしかないので本来なら2チームともなでしこ入れ替え戦出場は可能であったが、清水第八はイーストディビジョン最下位(6位)で、規定によりなでしこリーグ入れ替え戦は出場できずチャレンジリーグ入れ替え戦に回ったため、長野Lのみとなった)ため、なでしこリーグ入替戦を戦うが、敗退。チャレンジリーグへの残留が決定した。
2011年
2勝2分11敗の成績で5位。この年限りで4年間チームを率いてきた椚が監督を退任。
2012年
勝又透が監督に就任。東西の区分けがなくなったチャレンジリーグでは2勝4分16敗の成績で参加12チーム中11位となり、チャレンジリーグ入れ替え戦に臨むこととなった。名古屋FCとの入れ替え戦ではホーム・アウェイともに勝利しチャレンジリーグ残留が決定した。
2013年
勝又が監督を退任。U-20サッカー日本女子代表コーチであった本田美登里が後任の監督に就任。スフィーダ世田谷FC内山朋香など10名の新加入選手を加え、過去最大の25人編成となった。チャレンジリーグでは9勝1分12敗の成績で参加16チーム中11位。
2014年
横山久美や、池ヶ谷夏美などを獲得した。

試合会場[編集]

男子のチームと同じく南長野運動公園総合球技場がメインでそのほかに長野県内各地のスタジアムを使用している。

なお南長野球技場は男子チームがJ2加盟に必要なスペックのスタジアムへの改修工事を実施することに伴う閉鎖のため2013年夏季より暫定的に佐久市にある佐久総合運動公園陸上競技場(2013年3月竣工)を本拠地とする同市との協定[1]が結ばれ、2013年はレギュラーシーズンのうちの2試合の主催試合を開催する。また南長野球技場の改修完成後も、女子チームは準本拠地としての位置づけで使用することも計画に入れている(男子チームについてはJリーグ開催のスペックが厳格であるため公式戦では使用しない)。

  1. ^ 佐久でAC長野戦開催 球技場改修の間 協力協定結ぶ(信濃毎日新聞2013年1月24日付 同2月15日閲覧)

チーム成績[編集]

大原学園JaSRA女子サッカークラブ[編集]

年度 リーグ チーム数 試合 勝点 順位 全日本女子 監督
15 2003 L・リーグ 13 18 27 8 3 7 7位 ベスト8 種田佳織
(16) 2004 L・リーグ1部(L1) 8 14 2 0 2 12 8位 2回戦 沖山雅彦
(17) 2005 L・リーグ2部(L2) 7 18 30 9 3 6 3位 2回戦 種田佳織
(18) 2006 なでしこリーグディビジョン2 8 21 51 15 6 0 2位 ベスト8
(19) 2007 なでしこリーグディビジョン1 8 21 8 2 2 17 8位 ベスト8
(20) 2008 なでしこリーグディビジョン2 9 16 25 7 4 5 4位 3回戦 椚陽介
(21) 2009 8 21 25 7 4 10 5位 3回戦
  • 予選(地区)リーグと決勝リーグを採用した2003年の成績は年間順位。チーム数は両地区の合計チーム数。
  • 勝ち点は「勝ち3、引き分け1、負け0」
  • 2004年から二部制に移行。チーム数は所属リーグのみ。
  • 2003年はシーズン名に「第○回」と表記されていたが、2004年からは西暦年で表記するようになった。

AC長野パルセイロ・レディース[編集]

年度 リーグ チーム数 試合 勝点 順位 皇后杯 監督
2010 チャレンジリーグEAST 6 15 15 4 3 8 4位 1回戦 椚陽介
2011 6 15 8 2 2 11 5位 1回戦
2012 チャレンジリーグ 12 22 10 2 4 16 11位 - 勝又透
2013 16 22 28 9 1 12 11位 1回戦 本田美登里
2014
  • 2012年は皇后杯北信越地区予選を棄権。

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) オレンジ
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd) グレー グレー グレー
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •      オレンジ、    

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
八幡屋礒五郎 八幡屋礒五郎 2011年-
背中 ホクト HOKTO 2011年-
デンセン Densen 2011年-
パンツ 栗田病院 栗田病院 2011年-

ユニフォームサプライ[編集]

  • DUELO

在籍歴のある選手[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]