レヴィー・クルピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レヴィー・クルピ Football pictogram.svg
名前
愛称 レヴィー
ラテン文字 Lévir Culpi
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1953年2月28日(61歳)
出身地 パラナ州クリチバ
選手情報
ポジション DF (CB)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レヴィー・クルピ(Lévir Culpi, 1953年2月28日 - )は、ブラジルパラナ州クリチバ出身のサッカー選手・指導者。現役時代のポジションはセンターバック[1]。レヴィル・クルピとも表記される[2]

来歴[編集]

選手引退後、ブラジルの小クラブで指導者としての腕を磨く。手腕が認められブラジルの名門クラブであるアトレチコ・ミネイロクルゼイロECなどの監督を歴任。若手監督だった当時は同年代のルイス・フェリペ・スコラーリヴァンデルレイ・ルシェンブルゴネルシーニョらと共に、ブラジルの将来を担う「ニュー・ジェネレーション」の指導者として期待されていた。

1997年にはセレッソ大阪の監督としてJリーグでも指揮を執り、セレッソ攻撃サッカーの基盤を築いた。

2001年にはFIFAワールドカップ予選で苦戦を強いられていたブラジル代表監督に、解任されたヴァンデルレイ・ルシェンブルゴの後任として名前が挙がり、本人も意欲を見せていた。しかし「2002年を見据えてベテランのロマーリオは招集しない」の発言が物議を醸し、ロマーリオとの関係も悪化。結局ブラジルサッカー協会はロマーリオを優先し、クルピはほぼ決まりかけていた代表監督の座を逃してしまった。その後監督にはエメルソン・レオンが就任している。

2005年はクルゼイロの監督を務めていたが、シーズン途中で解任された。しかし、2006年にアトレチコ・ミネイロの監督に就任すると、2部で低迷していたチームを建て直し、奇跡の逆転昇格へと導いた。

2007年5月都並敏史の解任を受け、10年ぶりにC大阪の監督に復帰。それまで守備的MFの控え選手だった当時18歳の香川真司を就任後すぐに攻撃的MFとしてレギュラーに抜擢。香川はひと月も経たずしてチームの中心選手となる。短期間で低迷していたチームの建て直しに成功し、一時期絶望視されていたJ1への昇格争いにも加わった。昇格はならなかったものの、香川、小松塁森島康仁ら若手の成長を促し、レギュラーに定着させるなどその手腕を遺憾なく発揮した。

これらの功績から2008年も引き続きC大阪を指揮。前年の好成績からサンフレッチェ広島と並ぶ昇格候補筆頭としてシーズンを迎えたが、好調な攻撃陣の一方で守備が機能せず、怪我人が続出した事もあり連勝と連敗を繰り返す不安定な戦いに終始。結局4位に終わって昇格を逃した。守備戦術を構築できなかったことに対する批判もあったものの、継続性を重視したC大阪のフロントの判断により2009年も続投が決定。

2009年は守備に配慮した3-4-2-1システムを採用。攻撃ではカイオ香川真司乾貴士という3人のアタッカーによる独特のコンビネーションプレイをベースに得点を量産。攻撃的ながらも現実に即したサッカーを展開し、J1復帰を果たした。

4年ぶりのJ1復帰となった2010年も引き続き指揮。新加入選手の大量起用により序盤戦は低迷するも、4-2-3-1システムへの変更を機にチームは一気に好転。2列目の3シャドーにはドリブルを得意とする日本人選手を配置。彼らがポジションを自由に変えながら攻撃する形は、当時のJリーグでは珍しいスタイルのサッカーだった。J1復帰1年目での優勝こそ逃したものの、終盤を4連勝で締めくくり、クラブ史上J1最高順位の3位に入り、クラブ初のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場を決めた。

家庭の事情などから2011年限りで退任。しかし、2012年8月26日、成績不振によりセルジオ・ソアレスが契約解除となると、三度目となるC大阪への復帰が発表された[3]。同年12月までの短期契約であったが、降格の危機にあったチームを上向きにさせると、チーム側もクルピに続投を要請し、11月15日、1年間の契約更新が発表された[4]

2013年シーズンは柿谷曜一朗山口螢らの台頭、活躍により優勝争いにも食い込んだものの、クラブの方針から、11月25日、シーズン終了後の監督退任(契約満了)が正式に発表された[5]

エピソード[編集]

  • 香川真司乾貴士清武弘嗣南野拓実など、多くの選手を日本代表に輩出し、ヨーロッパで活躍する選手を育て上げるなど、選手を育成する能力を存分に発揮している。一方、才能はありながら、練習に遅刻することを繰り返した柿谷曜一朗のように規律違反を繰り返す選手に関しては、チームから放出したほか、詳細は明らかにしていないが、一時期は乾をベンチからも外すなど、厳しい指導を行うことでも知られている。
  • 2009年からブラジルで日本料理レストラン「AZUKI」をオープン。J1復帰を逃した前年ホーム最終戦の挨拶で店のオープンと、サポーターが来店したら無料にする旨を発表して一部サポーターなどから顰蹙を買ったが、チームでは翌夏にホームゲームの夏休み動員キャンペーンとして、ブラジル往復航空券と「AZUKI」ディナー券のプレゼント企画を実施した[1]
  • バレーボール2009年ワールドグランドチャンピオンズカップで、大阪市中央体育館で母国ブラジルの応援をしていた際、ブラジルのテレビ局から取材を受けたことがある。
  • 2009年にC大阪のJ1昇格決定後、4日間のオフを貰い夫人と上海に行った時に、2度もスリ被害にあったが幸い数千円程度の被害で済んだという。
  • オズワルド・オリヴェイラの手腕を高く評価しており、2010 FIFAワールドカップ終了後の次期日本代表監督に推薦していた[6]
  • 退任で帰国の途につく2013年12月11日、関西空港で名残を惜しむサポーターに囲まれ、「今度来日するときは、ガンバ大阪の監督だ」とジョークを飛ばしサポーターに感謝した[7]

選手歴[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Levir Culpi (ex-zagueiro do Coritiba, Colorado, Santa Cruz e Botafogo)”. Milton Neves.com.br (2008年9月29日). 2009年1月17日閲覧。
  2. ^ ヒストリー”. セレッソ大阪. 2009年1月17日閲覧。
  3. ^ 「監督交代のお知らせ」 セレッソ大阪公式サイト、2012年8月26日
  4. ^ 「レヴィー・クルピ監督 契約更新のお知らせ」 セレッソ大阪公式サイト、2012年11月15日
  5. ^ 「レヴィー・クルピ監督との契約について」 セレッソ大阪公式サイト、2013年11月25日
  6. ^ http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/100821/scr1008212347008-n1.htm
  7. ^ 朝日新聞 2013年12月11日朝刊14版 27面

関連項目[編集]