マルコ・ペッツァイオリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルコ・ペッツァイオリ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Marco Pezzaiuoli
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
イタリアの旗 イタリア
生年月日 1968年11月16日(45歳)
出身地 バーデン=ヴュルテンベルク州マンハイム
監督歴
2006
2007-2008
2008-2009
2008-2009
2009-2010
2011
2014
ドイツの旗SVアイントラハト・トリーア
ドイツの旗U-16ドイツ代表
ドイツの旗U-15ドイツ代表
ドイツの旗U-17ドイツ代表
ドイツの旗U-18ドイツ代表
ドイツの旗TSG1899ホッフェンハイム
日本の旗セレッソ大阪
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・ペッツァイオリMarco Pezzaiuoli1968年11月16日 - )は、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州マンハイム出身のサッカー指導者・元選手。

経歴[編集]

選手時代[編集]

フェアバンツリーガバーデン(バーデン=ヴュルテンベルク州の地域リーグ、ブンデスリーガ5部にあたる)のSV98シュヴェッツィンゲンでプロ選手となるも怪我のため1991年に23歳で引退。最終所属クラブはVfRマンハイム

指導者時代[編集]

カールスルーエSC[編集]

1991年からカールスルーエSCでユースコーチに就任。1999-00シーズンにはヨアヒム・レーヴ監督のもとでユースコーディネーターとして働く。戦術コーチを務めていた2002-03シーズン時にロート・ヴァイス・アーレン戦で引き分けたことにより、シュテファン・クンツ監督より暫定的解雇を言い渡されるが直後に監督が退陣。新しく就任したローレンツ=ギュンター・ケストナーによってアシスタントコーチへと格上げされる。だが一連の内部の問題により2003年3月に辞任する。

水原三星[編集]

2003年夏にブンデスリーガで活躍していた車範根が新監督に就任した水原三星ブルーウィングスにアシスタントコーチとして就任。車以外のコーチングスタッフにはジョゼ・カルロス・セホーンらが居た。初年度にKリーグ優勝、2006年は準優勝という結果を出す。

SVアイントラハト・トリーア[編集]

2006年9月レギオナルリーガSVアイントラハト・トリーアの監督となるが、就任して4試合目のアイントラハト・バート・クロイツナハ戦で敗北しそのまま解雇される。

ユース代表監督[編集]

2006 FIFAワールドカップ後にサッカードイツ代表のアシスタントコーチに志願するもハンス=ディーター・フリックに決まり落選。2007年にU-16ドイツ代表監督に就任。U-17代表監督をしていた2008-09シーズンにUEFA U-17欧州選手権2009で優勝、その成功により翌シーズンはU-18代表監督を務める。

TSG1899ホッフェンハイム[編集]

2010年7月1日ラルフ・ラングニック監督の下でアシスタントコーチとしてTSG1899ホッフェンハイムへ。2011年1月2日、ラングニックがクラブ首脳陣と衝突し監督を辞任、持ち上がりで指揮を執ることになる。2011年2月4日2013年までの正式な契約が交わされ監督に就任するが、就任後8試合中1試合しか勝利することができないなど成績が芳しくなく、2010-2011シーズン終了のかなり前に解雇が決定。後任はFCザンクトパウリの監督を務めていたホルガー・スタニスラウスキ。監督交代後はアシスタントコーチとして残留することもなくチームから離れている。

セレッソ大阪[編集]

2014年6月16日、ランコ・ポポヴィッチの後任としてセレッソ大阪の監督に就任[1]。しかし、チームを立て直すことができずリーグ戦では就任後1勝も挙げることができなかった。9月8日、成績不振によりセレッソ大阪の監督を解任された[2]

プライベート[編集]

イタリア人レストランオーナーの父とオランダ人の母の間に生まれる。妻は韓国人ファッションデザイナーで2人の子供がいる。

ペッツァイオリという苗字はイタリア系でドイツ語圏では読み難く、ニュースや実況などで読み間違えられることが多い。

所属[編集]

選手時代
指導者時代

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]