角田誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
角田 誠 Football pictogram.svg
名前
愛称 カク
カタカナ カクダ マコト
ラテン文字 KAKUDA Makoto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1983年7月10日(30歳)
出身地 京都府宇治市
身長 180cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム ベガルタ仙台
ポジション DFMF
背番号 6
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2003
2004-2006
2006
2007
2007-2010
2011-
京都パープルサンガ
名古屋グランパスエイト
京都パープルサンガ
名古屋グランパスエイト
京都サンガF.C.
ベガルタ仙台
47 (0)
47 (5)
18 (1)
0 (0)
118 (5)
83 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年1月9日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

角田 誠(かくだ まこと、1983年7月10日 - )は、京都府宇治市出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダーミッドフィールダー京都翔英高等学校卒業。

来歴[編集]

京都パープルサンガユースから京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)に入団。それ以前にトップ出場の経験があり、ユース時代の2001年、当時のJ2最年少出場記録(17歳10ヵ月13日)でデビューを飾った(2003年に高萩洋次郎が記録更新)。アテネオリンピックU-23代表にも呼ばれていたが、最終メンバーからは落選。

2002年黒部光昭朴智星松井大輔らの攻撃的なサッカーの中で、守備に貢献しチームはシーズン最高のリーグ5位となり、同年度の天皇杯初優勝に貢献した。

2004年に京都から名古屋グランパスエイトへ移籍し、レギュラー争いに奮闘する。

2006年、J2降格の危機に陥っていた古巣・京都からのオファーを受け、シーズン途中にレンタル移籍で復帰。翌2007年、京都のJ2降格もあって一度は名古屋に復帰したものの、開幕直前の2月28日に再度のオファーを受け、京都に完全移籍で復帰した。

2011年、京都の再度のJ2降格を機に、ベガルタ仙台へ完全移籍[1]。不動のボランチとしてチームの4位躍進を支え、自身初のリーグ優秀選手に選出された(2012年も選出)。2013年は共同主将の1人に起用され、2014年は単独で主将を務める。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2000 京都 33 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2001 27 J2 8 0 0 0 1 0 9 0
2002 J1 22 0 5 0 5 0 32 0
2003 25 0 3 0 0 0 28 0
2004 名古屋 20 22 4 6 0 1 1 29 5
2005 22 1 3 1 1 0 26 2
2006 3 0 1 0 - 4 0
京都 33 18 1 1 0 1 0 20 1
2007 名古屋 20 0 0 - - 0 0
京都 35 J2 41 0 - 1 0 42 0
2008 26 J1 24 1 3 0 2 0 29 1
2009 29 0 4 1 2 0 35 1
2010 24 4 6 0 1 1 31 5
2011 仙台 6 29 2 4 1 1 0 34 3
2012 28 0 6 1 1 0 35 1
2013 26 5 1 0 4 0 31 5
2014
通算 日本 J1 272 18 43 4 19 2 334 24
日本 J2 49 0 0 0 2 0 51 0
総通算 321 18 43 4 21 2 385 24
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2013 仙台 6 3 0
通算 AFC 3 0
  • 2000年、2001年は二種登録

その他の公式戦

代表歴[編集]

  • 2002年 U-19日本代表
  • 2003年 U-20日本代表
  • 2003年 U-22日本代表
  • 2004年 U-23日本代表

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “角田、松下らが仙台に加入”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年12月30日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/12/30/kiji/K20101230Z00000340.html 2013年4月15日閲覧。