廣山望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
廣山 望 Football pictogram.svg
名前
愛称 のんび
カタカナ ヒロヤマ ノゾミ
ラテン文字 HIROYAMA Nozomi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1977年5月6日(37歳)
出身地 千葉県袖ケ浦市
身長 175cm[1]
体重 68kg[1]
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1984-1989
1990-1992
1993-1995
蔵波FC
市川カネヅカSC
習志野高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2000
2001
2002
2002-2003
2003-2004
2004-2008
2005
2009-2010
2011-2012
日本の旗 ジェフユナイテッド市原
パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ
ブラジルの旗 スポルチ・レシフェ
ポルトガルの旗 スポルティング・ブラガ
フランスの旗 モンペリエHSC
日本の旗 東京ヴェルディ1969
日本の旗 セレッソ大阪loan
日本の旗 ザスパ草津
アメリカ合衆国の旗 リッチモンド・キッカーズ
120 (12)
29 (3)

8 (0)
7 (0)
79 (11)
15 (0)
73 (3)
代表歴
2001[2] 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年2月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

廣山 望(ひろやま のぞみ、男性、1977年5月6日 - )は、千葉県袖ケ浦市出身の元サッカー選手。ポジションミッドフィールダー

来歴[編集]

スピードとキレのあるドリブルが特徴の攻撃的プレイヤー。細身の体ながら接触プレーも強い。しかし古巣ジェフユナイテッド市原の関係者は「頭はいいが性格的に難しい選手」と語っている。

千葉県市原市生まれ[3]。幼稚園時に袖ヶ浦市へ転居した頃からサッカーを始めた[3]習志野市立習志野高等学校を経て、1996年千葉大学教育学部保健体育学科に入学し「国立大Jリーガー」として話題となった[3]。習志野高校時代3年間の評定平均値は4.8で学年1位であった[3]。なお、千葉大学は入学後に中退している。

ジェフユナイテッド市原・千葉のオフィシャルショップの通称「モオノキ」の名付け親でもある[4]公文式のテレビCMにも出演していた。

ロベルト佐藤代理人契約を結び、SEパルメイラスウニベルシダ・カトリカナシオナルセロ・ポルテーニョの計4チームからの誘いを受け、2001年にセロ・ポルテーニョへ移籍。セロでは日本と全く違う環境に戸惑いながらも右サイドハーフのレギュラーを獲得。2001年コパ・リベルタドーレスに日本人選手として初出場し得点を記録した。セロは1次ラウンドを突破しノックアウトステージに進出。強豪のクルス・アスルを相手にホームである初戦に2対1で勝利し、意気揚々と敵地に乗り込んだが、結果は1対3で敗れ、2試合の合計得点によりベスト16で大会を去った。なおこの敵地の試合で廣山は途中出場ながら途中交代という屈辱的な結果に終わってしまった。

リーグ戦でスタメンとして出場していたセロ・ポルテーニョがリーグ優勝したことで注目を浴び、当時の日本代表監督フィリップ・トルシエキリンカップに招集したが2試合とも出場機会はなかった。3ヶ月後にも代表に呼ばれたが、当時の代表は中盤の選手層が大変厚く代表には定着できなかった。

その後、ブラジル、ポルトガル、フランスのチームを渡り歩き、2004年8月に東京ヴェルディ1969に移籍。加入した2004年は出番が少なく、翌2005年にセレッソ大阪にレンタル移籍。2006年はJ2に降格した東京Vに復帰。本職のMFだけではなく、FWやSBも器用にこなすユーティリティプレイヤーとして、J1昇格に貢献した。2008年シーズン終了後、契約の非更新により退団。2009年からザスパ草津へ移籍。2010年限りで草津を退団し、2011年シーズンよりユナイテッドサッカーリーグリッチモンド・キッカーズへ移籍した。契約期間は2年[5]

2012年8月27日、自身のブログで現役生活からの引退を発表した[6]。2012年度日本オリンピック委員会海外指導者派遣制度に採用されスペインへ留学(2013年 - 2014年)。現役中に日本サッカー協会指導者ライセンス公認B級コーチを取得している。

南米最高峰の大会であるコパ・リベルタドーレス、ポルトガル1部リーグのスーペル・リーガ、フランス1部リーグのリーグ・アンで日本人として初めて出場した。

ポジションのコンバート[編集]

本来右MFの廣山は、2006年に右SBに数試合コンバートされ、同年、今度はFWにコンバートされる。FWでのゴールは4得点と少なかったものの、どれも試合結果を左右する貴重なゴールであった。2007年、当初はFWに固定されていたが、フォーメーションの変更により右MFで起用された。

エピソード[編集]

  • 福田健二とは小学校5年生から高校卒業まで同級生である。福田によると、廣山の印象は「キャプテン翼翼くんのような少年」だったという。さらに、初対面の時に「僕、廣山望、よろしくね」と、福田に爽やかに挨拶したそうである[3]
  • ザスパ草津DFで現在はコーチ・解説者・クラブスタッフとして活躍する小田島隆幸習志野高校時代の同級生である。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 1984年 - 1989年 長浦SC、蔵波FC (袖ケ浦市立蔵波小学校)
  • 1990年 - 1992年 市川カネヅカSC (袖ケ浦市立蔵波中学校)[1]
  • 1993年 - 1995年 習志野高校[1]
  • 1996年 千葉大学 (中退)
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1996 市原 - J 21 1 8 1 1 0 30 2
1997 7 30 1 6 1 4 2 40 4
1998 16 30 7 4 2 1 0 35 9
1999 11 J1 30 2 0 0 3 0 33 2
2000 9 1 0 0 3 0 12 1
パラグアイ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2001 セロ・ポルテーニョ 17 リーガ・パラグアージャ 29 3
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2002 (pt スポルチ セリエB 0 0
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯 ポルトガル杯 期間通算
2002-03 ブラガ 8 スーペル・リーガ 8 0 1 0 9 0
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
2003-04 (en モンペリエ 14 リーグ・アン 7 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2004 東京V 7 J1 4 0 1 0 1 0 6 0
2005 C大阪 25 15 0 3 0 0 0 18 0
2006 東京V 20 J2 27 4 - 1 0 28 4
2007 32 7 - 1 0 33 7
2008 J1 16 0 4 1 1 0 21 1
2009 草津 10 J2 44 3 - 2 0 46 3
2010 29 0 - 0 0 29 0
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 USオープン杯 期間通算
2011 リッチモンド 9 USL
通算 日本 J1 155 12 26 5 14 2 195 19
日本 J2 132 14 - 4 0 136 14
パラグアイ リーガ・パラグアージャ 29 3
ブラジル セリエB 0 0
ポルトガル スーペルリーガ 8 0 1 0 9 0
フランス リーグ・アン 7 0
アメリカ USL
総通算 331 29

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
CONMEBOL リベルタドーレス杯
2001 セロ・ポルテーニョ 17 7 2
AFC ACL
2006 東京V 20 2 0
通算 CONMEBOL 7 2
AFC 2 0

経歴[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(2001)[2]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2001 2 0
通算 2 0

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 登録選手一覧表 Jリーグ 2010.12.05
  2. ^ a b “廣山 望”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ha/nozomi_hiroyama.html 
  3. ^ a b c d e “ヴェルディ廣山選手インタビュー 後編”. 空間都市 八王子. (2006年10月24日). http://hachimall.net/sports/Verdicontents/interview/hiroyama/index2.html 2014年9月8日閲覧。 
  4. ^ Jリーグトリビアクイズ”. 日本コカ・コーラ. 2013年9月6日閲覧。
  5. ^ 広山がリッチモンド・キッカーズ移籍 - 海外サッカーニュース : nikkansports.com 2011年3月15日配信
  6. ^ 17年間 - nozomi-web 2012年8月27日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]