杉山弘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
杉山 弘一 Football pictogram.svg
名前
カタカナ スギヤマ コウイチ
ラテン文字 SUGIYAMA Koichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1971年10月27日(42歳)
出身地 大阪府
身長 176cm
体重 81kg
選手情報
ポジション FW、DF
利き足
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

杉山 弘一(すぎやま こういち、1971年10月27日 - )は、大阪府出身の元プロサッカー選手、現在はサッカー指導者。現役時代のポジションはフォワードディフェンダー

来歴[編集]

大阪府高槻市に生まれ、阿武野中学校高槻南高等学校大阪商業大学とサッカーを続ける。高校時代にセンターフォワードとして日本ユース代表に、大学時代にバルセロナオリンピック代表候補に選ばれる。大学まではセンターフォワードやサイドアタッカーとして活躍したが、Jリーグ浦和レッズに入ってからサイドバックにコンバートされる。

その後、東京ヴェルディアルビレックス新潟へと移籍。アルビレックス新潟ではJ2優勝J1昇格。

右利きではあるが両足でボールが蹴れたため、主に左サイドバックをつとめ2003年に引退するまで長きに渡りプロとして活躍した。

選手引退後の2004年からは浦和レッズ・ハートフルクラブ、コーチに就任。

2008年、公認指導者S級ライセンスを取得。

2010年にアルビレックス新潟シンガポールの監督に就任。

パスをつないで相手のゴールを目指す攻撃的なサッカースタイルで、2011年はリーグカップでクラブ史上初となるタイトルを獲得したほか、2011年・2012年・2013年とリーグ戦で終盤まで優勝争いを演じ、Sリーグに「アルビレックス旋風」を起こした。

2011年「Sリーグアウォーズ」では最優秀監督賞を受賞するなど、その手腕はシンガポールのサッカー関係者からも高く評価されている。

2011年、シンガポールリーグカップ優勝[1]。、シンガポールカップ準優勝、シンガポール年間最優秀監督に選ばれる。

2013年シーズンをもって、アルビレックス新潟シンガポールの監督を退任[2]

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1993 大商大 - - - 1 0 1 0
1994 浦和 - J 31 0 1 0 3 0 35 0
1995 浦和 - J 44 1 - 1 0 45 1
1996 浦和 - J 23 0 9 0 3 0 35 0
1997 浦和 15 J 8 0 3 0 2 0 1 0
1998 浦和 15 J 0 0 0 0 0 0 0 0
1999 V川崎 15 J1 26 1 4 0 4 0 34 1
2000 V川崎 15 J1 25 0 5 0 0 0 30 0
2001 東京V 15 J1 11 0 0 0 3 0 14 0
2002 東京V 15 J1 1 0 3 0 0 0 4 0
2003 新潟 4 J2 6 0 -
通算 日本 J1 169 2 25 0 16 0 210 2
日本 J2 6 0 - 6 0
日本 - - 1 0 1 0
総通算 175 2 25 0 17 0 217 2

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 得点 失点 リーグカップ シンガポールカップ
2010 シンガポールリーグ 新潟S 7位/12チーム 33 37 9 10 14 31 42 1回戦敗退 準々決勝敗退
2011 4位/12チーム 33 65 20 5 8 80 34 優勝 準優勝
2012 3位/13チーム 24 43 12 7 5 37 26 準々決勝敗退 準々決勝敗退
2013 3位/12チーム 27 46 13 7 7 36 28 準決勝敗退 1回戦敗退
通算 - 117 - 54 29 34 184 130

脚注[編集]

  1. ^ アルビレックス新潟シンガポール、クラブ設立8年目で初タイトル シンガポール経済新聞 2011.8.1(2011年8月1日閲覧)
  2. ^ 杉山弘一監督 契約満了のお知らせ アルビレックス新潟シンガポール 2013.11.13(2013年12月13日閲覧)

外部リンク[編集]