2002 FIFAワールドカップ日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2002 FIFAワールドカップ日本代表(にせんにふぃーふぁわーるどかっぷにほんだいひょう)は、2002年5月31日から6月30日大韓民国日本で開催された、2002 FIFAワールドカップ日本代表メンバーである。

概説[編集]

開催国である日本は、大会規定により予選が免除されて本大会からの出場となった。初出場した4年前のフランス大会で果たせなかったワールドカップ初勝利を達成するとともに、「過去の開催国はすべてグループリーグを突破して決勝トーナメントに進出している」というジンクス[1]に挑むことになった。

監督はフランス人のフィリップ・トルシエ。フランス大会直後の1998年9月に就任して以降、1999年のナイジェリアワールドユース代表・2000年のシドニーオリンピック代表監督を兼任し、若い世代の選手達の育成に尽力。予選のない4年間に多数の選手をテストし、年齢や実績に関係なく、自らの戦術に適うタレントを選抜した。

本大会のメンバーは、シドニー五輪世代で25歳の中田英寿松田直樹宮本恒靖らを中心に据え、22歳の小野伸二稲本潤一中田浩二ら「黄金世代」とも呼ばれる1979年度生まれが5人を占めており、若手が多く起用された。長く代表から離れていた中山雅史秋田豊の両ベテランをサプライズ選出する一方、国内有数のゲームメーカーである中村俊輔を選考外にしたことは大きな波紋を呼んだ。エースストライカーとして期待されていた高原直泰は、4月にエコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)を発症し出場を断念している。

23名中フランス大会経験者は8名。ヨーロッパのクラブに所属する選手(海外組)が4名。平均年齢はフランス大会と同じ25.3歳[2]

基本布陣は3-4-1-2。正GK楢崎正剛。トルシエの代名詞「フラット3DF」は左から中田浩二、森岡隆三、松田直樹を並べたが、初戦ベルギー戦で負傷した森岡に代わり、宮本恒靖がDF中央に定着した。WBは右に守備的な明神智和、左にパサーの小野伸二。中盤の2ボランチは稲本潤一と戸田和幸。ゲームメーカー中田英寿の前に2トップの柳沢敦と鈴木隆行が位置する。

大会経過[編集]

グループリーグ[編集]

グループHではヨーロッパの古豪ベルギーロシア、北アフリカのチュニジアと同組に入った。日本が地元開催のアドバンテージを得ているとはいえ、過去のワールドカップの成績は日本が一番低い(出場1回・0勝3敗)。

  • さいたまで行われた初戦ベルギー戦は、膠着状態の後半12分にマルク・ヴィルモッツにオーバーヘッドシュートを決められ先制される。その2分後、鈴木がDFと競り合いながら粘りのシュートで同点とし、8分後にも稲本がパスカットから持ち上がり逆転ゴールを決めた。しかし、後半30分にオフサイドトラップ崩れから失点し、2-2の引き分けで終了。日本にとってワールドカップ初の勝ち点1を手にした。
  • 横浜で行われた第2戦は、グループ首位のロシアと対戦。後半5分、左からの低いクロスを柳沢がワンタッチで繋ぎ、稲本が冷静に先制点を決めた。稲本は2試合連続得点でラッキーボーイ的存在となる。守っては初戦の反省からDFラインを下げ、ロシアの攻めを完封して1-0で記念すべきワールドカップ初勝利を手にした。他会場でベルギーとチュニジアが引き分けたため、日本は勝ち点4でグループ首位に立った。
    • フジテレビが中継した日本対ロシア戦の平均視聴率は66.1%を記録し、国内サッカー中継歴代1位、スポーツ全体でも1964年東京オリンピック女子バレー決勝日本対ソビエト連邦戦の66.8%に次ぐ歴代2位となった[3]
  • 大阪で行われた第3戦チュニジア戦は、引き分けでも2点差以内の負けでもグループ突破という有利な条件で臨んだ。試合は後半開始から森島と市川を投入する積極采配が的中。後半2分に森島がミドルシュートを決めて先制し、後半30分には市川のクロスを中田英寿がダイビングヘッドでゴール。2-0で快勝し、勝ち点7によりグループHを1位で通過した。

決勝トーナメント[編集]

決勝トーナメント1回戦(ベスト16)、グループH1位の日本はグループC2位のトルコ宮城スタジアムで対戦した。トルシエはグループリーグ3戦で先発してきた柳沢と鈴木の2トップを変更し、ワントップに西澤明訓、やや後方に三都主アレサンドロを配置するフォーメーションを採用した。

前半12分、バックパスの連携ミスからトルコにコーナーキックを与え、ウミト・ダヴァラに強烈なヘディングゴールを決められた。同点に追いつこうとするも新布陣が上手く機能せず、前半41分の三都主のフリーキックがゴールポストに嫌われるなどツキにも見放された。後半開始から三都主に代え鈴木を投入して2トップに戻したが、トルコの守備陣を崩すことが出来ず、0-1のまま試合終了。決勝トーナメント進出というノルマを果たしたものの、不完全燃焼という印象を残して大会を終えた[4]

日本代表登録メンバー&全試合出場メンバー[編集]

  • 「出場状況」欄の「〇」はフル出場、「▼」は途中交代アウト、「▲」は途中交代イン、数字は前半の試合開始からの経過時間(分)、「得点」は獲得得点をそれぞれ表す。
  • 「所属クラブ」は、開会式が行われた2002年5月31日時点の所属クラブ。
背番号 選手名 ポジション 年齢 所属クラブ 出場状況 備考
ベルギー戦
6月4日
ロシア戦
6月9日
チュニジア戦
6月14日
トルコ戦
6月18日
1 川口能活 GK 26 イングランドの旗ポーツマス
2 秋田豊 DF 32 日本の旗鹿島アントラーズ
3 松田直樹 DF 24 日本の旗横浜F・マリノス  〇  〇  〇  〇
4 森岡隆三 DF 26 日本の旗清水エスパルス  ▼71 主将
5 稲本潤一 MF 22 イングランドの旗アーセナル  〇 1得点  ▼85 1得点  ▼46  ▼46
6 服部年宏 MF 29 日本の旗ジュビロ磐田  ▲75
7 中田英寿 MF 25 イタリアの旗パルマ  〇  〇  ▼84 1得点  〇
8 森島寛晃 MF 29 日本の旗セレッソ大阪  ▲68  ▲46 1得点  ▲86
9 西澤明訓 FW 25 日本の旗セレッソ大阪  〇
10 中山雅史 FW 34 日本の旗ジュビロ磐田  ▲72
11 鈴木隆行 FW 25 日本の旗鹿島アントラーズ  ▼68 1得点  ▼72  〇  ▲46
12 楢崎正剛 GK 25 日本の旗名古屋グランパスエイト  〇  〇  〇  〇
13 柳沢敦 FW 24 日本の旗鹿島アントラーズ  〇1アシスト  〇1アシスト  ▼46
14 三都主アレサンドロ MF 25 日本の旗清水エスパルス  ▲64  ▼46
15 福西崇史 MF 25 日本の旗ジュビロ磐田  ▲85
16 中田浩二 DF 22 日本の旗鹿島アントラーズ  〇  〇  〇  〇
17 宮本恒靖 DF 25 日本の旗ガンバ大阪  ▲71  〇  〇  〇 主将代行
18 小野伸二 MF 22 オランダの旗フェイエノールト  ▼64 1アシスト  ▼75  〇  〇
19 小笠原満男 MF 23 日本の旗鹿島アントラーズ  ▲84
20 明神智和 MF 23 日本の旗柏レイソル  〇  〇  〇
21 戸田和幸 MF 25 日本の旗清水エスパルス  〇  〇  〇  〇
22 市川大祐 MF 22 日本の旗清水エスパルス  〇  ▲46 1アシスト  ▲46 ▼86
23 曽ヶ端準 GK 23 日本の旗鹿島アントラーズ

監督[編集]

コーチ[編集]


試合結果[編集]

グループリーグ・グループH

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
H1 日本の旗 日本 7 3 2 1 0 5 2 +3
H2 ベルギーの旗 ベルギー 5 3 1 2 0 6 5 +1
H3 ロシアの旗 ロシア 3 3 1 0 2 4 4 0
H4 チュニジアの旗 チュニジア 1 3 0 1 2 1 5 -4

日時はすべて日本時間(JST)


2002年6月4日
18:00

日本 日本の旗 2 - 2 ベルギーの旗 ベルギー 埼玉スタジアム2002, さいたま
観客数: 55,256人
主審: ウィリアム・マトゥス (コスタリカ)
鈴木隆行 59分にゴール 59分
稲本潤一 67分にゴール 67分
レポート ヴィルモッツ 57分にゴール 57分
ファン・デル・ヘイデン 75分にゴール 75分

2002年6月9日
20:30

日本 日本の旗 1 - 0 ロシアの旗 ロシア 横浜国際総合競技場, 横浜
観客数: 66,108人
主審: マルクス・メルク (ドイツ)
稲本潤一 51分にゴール 51分 レポート

2002年6月14日
15:30

チュニジア チュニジアの旗 0 - 2 日本の旗 日本 長居スタジアム, 大阪
観客数: 45,213人
主審: ジル・ヴェイシエール (フランス)
レポート 森島寛晃 48分にゴール 48分
中田英寿 75分にゴール 75分


決勝トーナメント 1回戦

2002年6月18日
15:30

日本 日本の旗 0 - 1 トルコの旗 トルコ 宮城スタジアム, 宮城
観客数: 45,666人
主審: ピエルルイジ・コッリーナ (イタリア)
レポート ダヴァラ 12分にゴール 12分

脚注[編集]

  1. ^ 2010年大会で開催国の南アフリカがグループ敗退してジンクスが途絶える。
  2. ^ "【特集】ワールドカップ日本代表戦士たちのいま ". football webmagazine Qoly.(2013年1月6日)2013年10月1日閲覧。
  3. ^ "全局高世帯視聴率番組50". ビデオリサーチ. 2013年10月1日閲覧。
  4. ^ "'02根日韓W杯 決勝トーナメント1回戦 vs.トルコ". Number web. 2013年10月2日閲覧。

関連項目[編集]