静岡産業大学サッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
静岡産業大学サッカー部
原語表記 静岡産業大学サッカー部
愛称 静産大
クラブカラー     黄緑
創設年 1994年
所属リーグ 東海大学リーグ
代表者 三浦哲治
監督 成嶋徹
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

静岡産業大学サッカー部(しずおかさんぎょうだいがくサッカーぶ)は、静岡県磐田市にある静岡産業大学サッカーチーム。創部は1994年

概要・歴史[編集]

1997年にJリーグ所属のジュビロ磐田と技術面での提携を結び(磐田ユース出身の選手も多い)、1997年度に東海大学リーグ2部に参戦し優勝、1部昇格を果たす。1部昇格後も1998、1999年度の2年連続で1部リーグを優勝するなど、新興勢力でありながら東海地区を代表する強豪となった。東海大学リーグ1部では2003年度から5連覇を達成している。全国大会では総理大臣杯2004年度・2009年度ベスト4、2007年度準優勝、全日本大学サッカー選手権大会2006年度ベスト4と常に上位に君臨する強豪となり、大学サッカー界では、「地方の雄」として君臨している。

東海大学リーグと天皇杯出場を目指す大会に参加するトップチーム、大学版のJサテライトリーグと言えるインディペンデンス・リーグ等に出場するBチームとCチームで編成されている。

トップチームは2000年度から日本フットボールリーグ(JFL)参入を大学サッカー連盟推薦枠で決定。しかしライバル社会人チームとの実力の差が大きく、2001年度は勝ち点37で16チーム中9位と健闘するが、2002年度は勝ち点14の18チーム中15位となり、入れ替え戦に参加したが佐川印刷SCに惜敗し、降格となる。2003年度はJFL復帰をめざして全国地域リーグ決勝大会に出場するが、決勝ラウンドで4チーム中4位となり敗退する。現在は東海大学リーグのみに参加している。

大学サッカーチームでは珍しく、地元金融機関の磐田信用金庫(表記:いわしん)などユニフォームスポンサー契約を結んでいる[1] 。JFL在籍時にはジュビロ磐田スタジアムをメインの本拠地として使用していた。また、2002年FIFAワールドカップ日本代表が大会期間中、掛川市をキャンプ地にしていたことから、練習試合の相手を多く務めていた。

2011年には、第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会県予選でHonda FCに3-1で快勝し、8年ぶり3回目の本大会出場を果たす。Hondaが天皇杯県予選を戦うようになって(2007年-)から静岡県で初めて清水・磐田・Honda以外のチームからの本大会出場を決めた。

JFL戦績[編集]

カテゴリ 順位 勝点 得点 失点 監督
2000 JFL 10位 16 5(1延長) 2 15(2延長) 25 50 三浦哲治
2001 JFL 9位 37 11 4 15 41 59
2002 JFL 15位 14 4 2 11 20 32

主な出身者(在校者)[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 静産大のほか、高知大学サッカー部が、高知銀行とユニフォームスポンサー契約を結んでいる。

外部リンク[編集]