石丸清隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石丸 清隆 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イシマル キヨタカ
ラテン文字 ISHIMARU Kiyotaka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1973年10月30日(40歳)
出身地 大阪府交野市
身長 175cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
監督歴
2013- 日本の旗 愛媛FC
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

石丸 清隆(いしまる きよたか、1973年10月30日 - )は、大阪府交野市出身の元プロサッカー選手で、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダーで主にボランチを務め2003年天皇杯優勝に貢献した。京都パープルサンガ2003、2004主将を務めた。2013年よりJリーグ愛媛FCの監督を務める。

来歴[編集]

小学2年の時にサッカーを始め、中学・高校時代は枚方FCに所属した。高校卒業後は阪南大学に進学し、1年時の1992年にはユース日本代表に選ばれたことがある。4年時の1995年には第18回ユニバーシアード大会のサッカー日本代表に選ばれ、同大会での日本の初優勝に貢献。

卒業後の1996年にJリーグのアビスパ福岡に入団し、1年目から主力選手として活躍する。1998年末のJ1参入決定戦にも5試合全てに出場し、コンサドーレ札幌との第三代表決定戦の第2レグではJ1残留を決定つけるゴールを挙げた。

2001年にJ2の京都パープルサンガに移籍。前年まで三浦知良が付けていた背番号11を与えられるなど期待され、同年のJ1昇格に大きく貢献。2003年は背番号を6に変更の上で主将に就任し、2004年まで務めた。

しかし、2005年はコンスタントに出場を続けていた前年までと打って変わって出場機会を完全に失い、10月28日にJFL愛媛FC期限付き移籍。12月4日までの1ヶ月余りと異例の短期契約であったがクラブのJ2昇格に貢献した。シーズン終了後に京都から戦力外通告を受けたのに伴い愛媛に完全移籍。2006年は主に途中出場で活躍し、この年限りで現役引退した。

引退後は愛媛に指導者として留まり、2007年から3年間はトップチームのコーチ、2010年からの3年間はユース監督を務め、2010年にはS級ライセンスを取得した。2013年からはトップチームの監督を務めることになっている[1]

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

  • 2007年 - 2009年 愛媛FC コーチ
  • 2010年 - 2012年 愛媛FCユース 監督
  • 2013年 - 愛媛FC 監督

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1995 阪南大 14 - - - 1 0 1 0
1996 福岡 - J 23 1 13 2 2 0 38 3
1997 福岡 8 J 29 4 6 0 3 2 38 6
1998 福岡 8 J 28 2 4 2 2 1 34 5
1999 福岡 8 J1 16 2 3 1 2 0 21 3
2000 福岡 8 J1 24 0 3 0 1 0 28 0
2001 京都 11 J2 37 3 2 0 4 0 43 3
2002 京都 11 J1 26 0 5 0 5 0 36 0
2003 京都 6 J1 27 0 4 0 0 0 31 0
2004 京都 6 J2 34 2 - 1 0 35 2
2005 京都 6 J2 0 0 - - 0 0
2005 愛媛 36 JFL 6 1 -
2006 愛媛 17 J2 31 1 - 1 0 32 1
通算 日本 J1 173 9 38 5 15 3 231 17
日本 J2 102 6 2 0 6 0 110 6
日本 JFL 6 1 -
日本 - - 1 0 1 0
総通算 281 16 40 5

その他の公式戦

タイトル[編集]

エピソード[編集]

  • サンガ在籍時、石丸のシュートは「おっさんシュート」の愛称で親しまれた。由来は、アナウンサーの聞き間違い(言い間違い?)ということだが、キャラクターとマッチしたのかなぜか定着しており、本人もネタにしている。

脚注[編集]