望月一仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
望月 一仁 Football pictogram.svg
名前
カタカナ モチヅキ カズヒト
ラテン文字 MOCHIZUKI Kazuhito
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1957年12月1日(57歳)
出身地 静岡県清水市
選手情報
ポジション FW
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

望月 一仁(もちづき かずひと、1957年12月1日 - )は、静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身の元サッカー選手であり、サッカー指導者。

来歴[編集]

高校卒業後、アマチュアの清水クラブを経て、ヤマハ発動機サッカー部(現・ジュビロ磐田)に入部。前線からの積極的な守備が持ち味のFWとして活躍し、日本サッカーリーグ1部昇格や天皇杯優勝にも貢献。1986年に現役を引退した。

引退後はヤマハやジュビロ磐田のユース、ナショナルトレセンコーチを経て、2005年から当時日本フットボールリーグ所属だった愛媛FCの監督に就任。同年に日本フットボールリーグ優勝を果たして悲願のJリーグ参入をつかみ、J2でも引き続き愛媛を指揮。資金的に厳しく、また他クラブからのレンタル移籍選手を中心とした編成のため、毎年のように選手が大幅に入れ替わりチーム作りをやり直す苦しいチーム事情ながらも、若手育成などに手腕を発揮した。一方で、成績面では参入1年目の9位をピークに、徐々に下降。2008年にはブービーの15クラブ中14位、2009年も18クラブ中15位と低迷し、結局この年の9月に、成績不振により解任された。最終的には解任されたものの、新興クラブの愛媛において、JFL時代から足掛け5年にわたる長期政権を敷き、クラブの基礎作りに貢献。高萩洋次郎菅沼実森脇良太など、愛媛で望月の指導を受け、レンタル元のクラブで主力となった選手も多く、その中で森脇はその後の元クラブでの活躍もあり日本代表に選出されるまでに成長した。選手・サポーターからの信頼は篤かった。

2010年にユース及びジュニアユース世代の育成責任者として古巣の磐田へ復帰。

2014年、アスルクラロ沼津の監督に就任[1]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1977 ヤマハ 東海 -
1978 -
1979 JSL2部
1980 JSL1部 8
1981
1982 JSL2部
1983 JSL1部 5
1984
1985
通算 日本 JSL1部 80 16
日本 JSL2部
日本 東海 -
総通算

指導歴[編集]

  • 1986年 ヤマハ:ジュニア監督
  • 1988年 ヤマハ:ユース監督
  • 1990年 ヤマハ:ジュニアユース監督
  • 1991年 日本サッカー協会指導委員会
  • 1991年 静岡県中学生選抜:コーチ
  • 1994年 静岡県中学生選抜:監督
  • 1995年 - 1997年 東海中学生選抜:監督
  • 1998年 - 1999年 日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ
  • 2000年 ジュビロ磐田:ユースコーチ
  • 2001年 - 2003年 ジュビロ磐田:ユース監督
  • 2004年 日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ
  • 2005年 - 2009年9月 愛媛FC:監督
  • 2010年 - 2013年 ジュビロ磐田:育成センター育成統括
  • 2014年 - アスルクラロ沼津:監督


監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 ナビスコ杯 天皇杯
2005 JFL 愛媛FC 優勝 30 66 21 3 6 - 3回戦
2006 J2 9位 48 53 14 11 23 - 4回戦
2007 10位 48 45 12 9 27 - 準々決勝
2008 14位 42 37 9 10 23 - 4回戦
2009 - - -
2014 JFL 沼津 -

脚注[編集]

  1. ^ アスルクラロ沼津トップチーム新監督就任のお知らせ”. アスルクラロ沼津 (2014年1月10日). 2014年1月11日閲覧。

関連項目[編集]