美濃部直彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美濃部 直彦 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ミノベ ナオヒコ
ラテン文字 MINOBE Naohiko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1965年7月12日(48歳)[1][2]
出身地 滋賀県守山市
身長 176cm
体重 66kg
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1993 松下電器 / ガンバ大阪
1994-1995 京都パープルサンガ 42 (0)
監督歴
1998-2003 日本の旗 京都パープルサンガユース
2007 日本の旗 京都パープルサンガ
2008-2011 日本の旗 徳島ヴォルティス
2013- 日本の旗 AC長野パルセイロ
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月18日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

美濃部 直彦(みのべ なおひこ、1965年7月12日 - )は、滋賀県守山市幸津川町出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴・人物[編集]

選手時代はDF(主に右サイドバック)としてプレー。中洲小学校、守山北中学校を経て守山高校に進み、1982年第60回全国高等学校サッカー選手権大会で滋賀県勢初となる準決勝進出に貢献した。

1984年より松下電器産業サッカー部(現:ガンバ大阪)に入団[1]、1993年まで在籍。1994年より京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)に移籍し、1995年に現役を引退した[1]

1996年から1997年まで京都のJrユースコーチ[1]1998年から2003年まで京都ユースの監督[1]2004年から2006年までトップチームのヘッドコーチを歴任[1]。また、2003年にJFA 公認S級コーチのライセンスを取得した[1]

2006年10月、成績不振により監督の柱谷幸一が解任されたのを受けて、京都の監督に就任。フォーメーションを4-4-2から3-5-2に変更し、同時にメンタル面の強化を図った。この結果崩壊状態だった守備はある程度改善されたものの、攻撃面では決定力不足に悩まされ続けた。結局チームは第33節に最下位でのJ2降格が決定し、美濃部も1勝も出来ないままシーズンを終えるが、監督交代が10月と同じくJ2降格が決まったC大阪福岡に比べて大幅に遅れたことで、トップチーム初監督の美濃部にとっては不利な面があったこと、また美濃部自身が京都での指導歴が長いことなどから[要出典]、翌2007年も引き続き指揮を執ることになった。

2007年、サッカーの質が上がらずなかなか波に乗れないながらも、充実した戦力を武器に[要出典]堅実に勝ち点を重ね、第4クールまで自動昇格圏内の2位を維持し続ける。しかし、他チームの追い上げもあり、第44節に暫定3位に後退すると、10月7日には天皇杯3回戦で明治大学に0-1で破れたことから第45節を目前にした10月13日に突如解任(後任は当時総監督であった加藤久)。前任の柱谷に続くあまりに突然の解任は、サポーターの間で物議を醸した。[要出典]2008年より徳島ヴォルティスの監督に就任[1]、同年はJ2最下位に終わる。2009年は18チーム中9位、2010年は19チーム中8位と2年連続で前年順位を上回る成績を収めた。

2011年最終節まで昇格の可能性を残したが、札幌に勝ち点3差で及ばず、4位の成績。シーズン終了後に監督を退任。

2012年から、佐川印刷SCのテクニカルアドバイザー[1][2]および京都産業大学サッカー部のヘッドコーチに就任[1][3]

2013年よりAC長野パルセイロの監督に就任[1]。開幕当初から上位につけるものの、当初の4-3-3のフォーメーションがフィットしなかったことや負傷者が続出したことで不安定な戦いぶりであった[要出典]このためフォーメーションを4-4-2、3-4-3に修正したことや、美濃部の分析力に裏打ちされた緻密なサッカーがチームに浸透したことで攻守に安定性を増し[要出典]、JFL新記録となる24戦無敗を達成し、チームを初優勝に導いた。なお、同年のJFL最優秀監督賞を受賞した[4]。また、天皇杯でJ1名古屋などに勝利して4回戦に進出した。

鼻の下のヒゲがトレードマーク。1993年に怪我した際のリハビリ中から伸ばしはじめ、復帰した後に怪我をしなかったことから続けている[5]。また、京都時代には京都のスポンサーである任天堂のゲームキャラクターから『ルイージ』という愛称もあった[6]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1984 松下 JSL2部
1985
1986-87 JSL1部 0
1987 JSL2部
1988-89 JSL1部 0
1989-90 5 7 0 0 0
1990-91 21 1 0 0
1991-92 6 18 1 3 0
1992 G大阪 - J - 2 1
1993 - 13 2 4 0 0 0 17 2
1994 京都 旧JFL 29 0 - 3 0 32 0
1995 13 0 - 0 0 13 0
通算 日本 J 13 2 6 1
日本 JSL1部 67 2
日本 JSL2部
日本 旧JFL 42 0 -
総通算

その他の公式戦

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 ナビスコ杯 天皇杯
2006 J1 京都 18位 9 4 0 4 5 - 4回戦敗退
2007 J2 3位 40 71 20 11 9 - -
2008 徳島 15位 42 29 7 8 27 - 3回戦敗退
2009 9位 51 72 19 15 17 - 2回戦敗退
2010 8位 36 51 15 6 15 - 3回戦敗退
2011 4位 38 65 19 8 11 - 2回戦敗退
2013 JFL 長野 優勝 34 72 21 9 4 - 4回戦敗退
2014 J3 -
J1通算 - 9 - 0 4 5
J2通算 - 207 - 80 48 79
J3通算 - -
JFL通算 - 34 - 21 9 4
  • 2006年は第26節より就任 (順位は最終順位)
  • 2007年は第44節で解任 (順位は解任時順位)

表彰[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]