今井雅隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今井 雅隆 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イマイ マサタカ
ラテン文字 IMAI Masataka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1959年4月2日(55歳)[1]
出身地 静岡県清水市[1]
身長 180cm
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1990 日本の旗 本田技研 115 (0)
監督歴
1989-1992 日本の旗 本田技研
1995-1997 日本の旗 名古屋グランパスエイトサテライト
2001 フィリピンの旗 フィリピン
2002 日本の旗 アビスパ福岡
2003-2004 マカオの旗 マカオ
2006 日本の旗 ジュビロ磐田サテライト
2007 日本の旗 徳島ヴォルティス
2010- 日本の旗 モンテディオ山形ユース
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

今井 雅隆(いまい まさたか、1959年4月2日 - )は、静岡県清水市(現・静岡県静岡市)出身[1]の元サッカー選手、サッカー指導者。

略歴[編集]

選手時代[編集]

中学校2年からGKを始め、静岡県自動車工業高校では国体優勝を経験。国士舘大学を経て、本田技研で7年間プレーした後、31歳で本田技研の監督に就任した。

監督初期(本田技研・名古屋・海外)[編集]

1989年から1992年まで監督を務めた後、2年間は本田技研の社員として働きながら日本サッカー協会のナショナルトレセンコーチを務めた。1995年からは名古屋グランパスエイトサテライト監督やトップチームのコーチを務める(当時のトップチームの監督の1人にアーセン・ベンゲルがいた)。その後アジアサッカー連盟の「弱小国援助プログラム」に基づいて日本サッカー協会から派遣され、マカオ代表コーチ、そして日本人初の海外代表監督としてフィリピン代表監督を務めた。

福岡監督時代[編集]

2002年J2に降格したアビスパ福岡の監督に就任。1年でのJ1復帰が目標であったが、シーズンが始まるとベテランが多いというチーム編成から試合後半での息切れが目立ち、今井の戦術も二転三転したことで開幕から足踏み状態が続いた。第1クールではほぼ3位の座を保っていたが、第2クールに入るとじりじりと順位を落とし、7月24日セレッソ大阪戦で前半だけで江口倫司ハットトリックを決めて3-0であったが、そこから5失点して逆転負け。続く27日の水戸ホーリーホック戦でも、それまでJ2リーグ戦では3得点が最高だった水戸に5失点を許して大敗。ここでついに今井は辞任となった。

福岡以後[編集]

2003年から2004年まで日本サッカー協会に派遣されてマカオ代表監督を務めた。2005年ジュビロ磐田のコーチを、2006年は磐田サテライトチームの監督を務めた。2007年徳島ヴォルティスの監督に就任したが、J2最下位に終わり、シーズン終了後に解任された[1]

2010年よりモンテディオ山形ユース(U-18)の監督に就任。2014年、山形ユースを監督として天皇杯初出場に導いた。

所属クラブ[編集]

選手経歴[編集]

指導者経歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1982 本田技研 JSL1部 0
1983 0
1984 0
1985 0
1986-87 0
1987-88 0
1988-89 0
1989-90 30 0 0 0 0
通算 日本 JSL1部 115 0
総通算 115 0

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯
1989-90 JSL1部 本田技研 6位 22 32 10 2 10 2回戦 2回戦
1990-91 3位 22 38 10 8 4 ベスト4 ベスト4
1991-92 10位 22 23 5 8 9 準優勝 ベスト4
2002 J2 福岡 - 21 28 7 7 7 - -
2007 徳島 13位 48 33 6 15 27 - 4回戦
  • 2002年は第21節で辞任。辞任時の順位は6位。

その他

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “今井雅隆監督 解任 のお知らせ” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2007年12月7日), http://www.vortis.jp/news/detail.php?pressid=768 2014年7月21日閲覧。 

関連項目[編集]