望月達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
望月 達也 Football pictogram.svg
名前
カタカナ モチヅキ タツヤ
ラテン文字 MOCHIZUKI Tatsuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1963年4月20日(50歳)
出身地 静岡県
身長 167cm
体重 66kg
選手情報
ポジション MF
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

望月 達也(もちづき たつや、1963年4月20日 - )は、静岡県出身の元サッカー選手・指導者。

現在はJリーグ所属の川崎フロンターレトップチームコーチを務める。

来歴[編集]

選手時代[編集]

清水東高校時代は伝説的なテクニシャンとして知られ、当時のサッカー小僧達のアイドルだった[1]

清水東3年時の高校選手権、FWの沢入重雄やMFの反町康治らと共にエースとして活躍したが準優勝に終わる。

当時の高校選抜のメンバーとしてヨーロッパ遠征に参加した際、オランダサッカー協会コーチであったハンス・オフトに見初められる。卒業後の1982年6月にオランダに渡り、同年7月にエールディビジ1部のHFCハーレムにアマチュア契約で入団。トップチームのリーグ戦に3試合出場した。1986年に同2部のストルムフォーヘルス・テルスターとプロ契約を結ぶ。日本人では奥寺康彦尾崎加寿夫風間八宏に次いで4人目の欧州プロ選手となった。

1986年、5シーズンを過ごしたオランダを離れ、日本へ帰国。ヤマハ発動機サッカー部(現・ジュビロ磐田)に入団。期待されるも、故障などでMFとして目立った活躍は出来ず、晩年にはSBとしてプレーし、1990年、27歳で現役引退。

指導者時代[編集]

27歳で引退後、2001年までヤマハ/磐田に、2002年-2003年にはアビスパ福岡に所属し、主に下部組織のコーチ・監督を務める。2004年からは湘南ベルマーレに移り、2005年はトップチームコーチ。2006年にはベガルタ仙台に移り、トップチームのヘッドコーチを務める一方、サテライトチームの監督も務めた。

トップチームではなぜか監督代行を務めることが多く、2002年以降に所属した全てのチームで監督代行を務めた。福岡・湘南では後任監督の人選が難航したことから、代行期間は合わせて3ヶ月近くに及んだ。また、仙台では監督のジョエル・サンタナの体調不良に伴う欠場により、1試合のみだが代行を務めた。このため、代行だけでJリーグのリーグ戦の指揮を計15試合執っている(成績は5勝7敗3分け)。

2006年の仙台は後半の失速でJ1昇格を逃したが、紅白戦とシュート練習がほとんどのサンタナの練習に対し、部分的な場面想定を重視する望月の練習は選手からも概ね好意的に受け取られていた。こうしたチーム内の評判もあって、クラブは当初続投の方向だったサンタナを同年シーズン終了を以って解任。2007年、サンタナの後任として監督に昇格。終盤までチームを昇格争いに絡ませたものの、最終順位は4位。惜しくもJ1昇格に導くことは出来なかった。シーズン終了後、チームをJ1に昇格させられなかった責任からクラブに辞意を申し入れた。クラブ側も慰留に努めたものの、翻意には至らず、結局退任。退任の際、ヘッドコーチとして自身を支えた手倉森誠を後任に指名。

仙台のクラブスタッフとして[編集]

監督は退任したものの、仙台・名川良隆社長(当時)からの慰留要請もあり、2008年はクラブに残留しフロント入りすることになった。

当初からどのポジションに就くのか様々な憶測を呼んだが、2008年2月にクラブが機構改革を実施し社長付「クラブスタッフ」職を新設。初代スタッフに就任する。

名川社長付きで全権を委任されており、職務内容は「全ての職務をサポート」すること。実際にはスカウト活動をはじめ、スポンサー周り、下部組織の指導・支援にまで至り、業務自体は幅広く全般的に至ることから、他クラブのゼネラルマネージャー(GM)に近い職と言える。

12月、契約期間満了に伴い退任。これにより、コーチ時代から3年間過ごしてきた仙台を離れた。

清水エスパルス強化本部長就任[編集]

仙台退団後の2009年4月、清水エスパルス強化育成本部本部長・強化部部長に就任、2012年1月まで務めた。

川崎フロンターレ[編集]

2012年から川崎フロンターレのトップチームコーチに就任し、現在に至る。

2012年4月、相馬直樹監督解任に伴い、同11日~同23日まで監督代行を担当。その間、リーグ戦2試合ならびにナビスコ杯1試合を指揮した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

日本国内成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1986-87 ヤマハ JSL1部 0
1987-88 5 0
1988-89 0
1989-90 8 0 0 0 0
通算 日本 JSL1部 28 0
総通算

指導歴[編集]

  • 1990年 - 1993年 ヤマハ発動機
    • 1990年6月 - 1991年5月 ヤマハサッカースクール:コーチ
    • 1991年6月 - 1993年 ヤマハ発動機コーチ
  • 1994年 - 2001年 ジュビロ磐田
    • 1994年 - 1995年 ユースコーチ
    • 1996年 サテライトコーチ
    • 1997年 ジュニアユース監督
    • 1998年 サテライトコーチ
    • 1999年 - 2000年 ユース監督
    • 2001年 スカウト担当
  • 2002年 - 2003年 アビスパ福岡
    • 2002年 ユース統括
    • 2002年8月 監督代行
    • 2003年 ユース監督
  • 2004年 - 2006年 湘南ベルマーレ
    • 2004年 サテライト監督
    • 2004年7月 - 9月 監督代行
    • 2005年 コーチ
  • 2006年 - 2008年 ベガルタ仙台
    • 2006年 :ヘッドコーチ兼サテライト監督 (途中1試合のみトップチーム監督代行)
    • 2007年 監督
    • 2008年 クラブスタッフ
  • 2009年 - 2011年 清水エスパルス
    • 2009年4月 - 2010年 強化育成本部本部長・強化部部長
    • 2011年強化育成コーディネーター
  • 2012年 - 川崎フロンターレ
    • 2012年 - コーチ
    • 2012年4月 監督代行

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 ナビスコ杯 天皇杯
2002 J2 福岡 - 3 3 1 0 2 - -
2004 J2 湘南 - 11 12 3 3 5 - -
2007 仙台 4位 48 83 24 11 13 - 3回戦
  • 2002年、2004年はコーチとして指揮。

注釈[編集]

  1. ^ 元日本代表の相馬直樹が現役時代、尊敬する選手に望月の名前を挙げていた。

関連項目[編集]