与那城ジョージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
与那城 ジョージ Football pictogram.svg
名前
本名 与那城 ジョルジ[1]
愛称 チグリーニョ[1]、ジョージ[2]
カタカナ ヨナシロ ジョージ
ラテン文字 Yonashiro Jorge[3]
またはYonashiro George[4]
基本情報
国籍 日本の旗 日本ブラジルの旗 ブラジル(二重国籍)
生年月日 1950年11月28日(63歳)[5]
出身地 ブラジルの旗 ブラジルサンパウロ州[5]
身長 170cm
体重 66kg
選手情報
ポジション FWMF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
ブラジルの旗 グレミオ・レクラチーボ・トウキョウ
1972-1985 日本の旗 読売サッカークラブ 239 (92)
代表歴
1985[4] 日本の旗 日本 2 (0)
監督歴
1986-1990 日本の旗 読売サッカークラブ
2004-2006 日本の旗 FC琉球
2007-2010 日本の旗 ニューウェーブ北九州/ギラヴァンツ北九州
2013- 日本の旗 ブラウブリッツ秋田
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

与那城 ジョージ(よなしろ ジョージ、本名:与那城ジョルジ[1]1950年11月28日 - )は、ブラジルサンパウロ州出身の日系二世[6]の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

沖縄県からブラジルに移民した両親の元で5人兄弟の末っ子として生まれ、グレミオ・レクラチーボ・トウキョウに所属して日系人リーグで活躍する。

1972年日本サッカーリーグ2部所属の読売サッカークラブに入団[5]。同クラブの1部昇格とその後の躍進の立役者として大きく貢献し「ミスター・ヨミウリ」と呼ばれた。

クラブ側の外国人選手を一人でも多く起用したいという方針により帰化を勧められ、1985年1月に日本に帰化。登録名は与那城ジョージ。帰化当初は日本代表入りは想定していなかったが、森孝慈監督の抜擢により同年に行われた1986 FIFAワールドカップ・アジア予選の最終予選2試合に出場した。しかし既に34歳となった与那城はこのワールドカップ予選での戦いを通じて、自分のプレーがトップレベルにないことを実感し、引退を決意した。[7] 

引退後は指導者の道へ進み、1986年から読売クラブの監督に就任した。監督経験の無い与那城であったが、ブラジルから招聘したジノ・サニ特別コーチのサポートもあり、監督就任1年目で日本リーグ、天皇杯全日本サッカー選手権大会の二冠を成し遂げた。1989-90シーズン終了後に読売クラブの監督を退任した。

1992年から1993年まで名古屋グランパスエイトのヘッドコーチ[5]、1994年に京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)の監督代行[5]、1996年に京都のヘッドコーチを歴任[5]

2004年、当時沖縄県1部リーグ所属のFC琉球の監督に就任。2004年に九州サッカーリーグ昇格、2005年日本フットボールリーグ(JFL)昇格を果たした。2006年はJFL14位の成績に終わり、シーズン終了後に監督を退任した。

2007年、当時九州リーグ所属のニューウェーブ北九州(現:ギラヴァンツ北九州)の監督に就任。同年にJFL昇格、2009年にJリーグ昇格を果たした。2010年シーズンは、33試合連続未勝利のJリーグワースト記録を喫するなど、年間1勝の最下位。シーズン終了後に契約満了に伴い監督を退任[5][8][9]

2013年ブラウブリッツ秋田の監督に就任した[6]

選手としての個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1972 読売ク 20 JSL2部 9 5 - - 9 5
1973 9 18 15 - - 18 15
1974 18 13 -
1975 18 6 - - 18 6
1976 16 7 4 0 2 1 22 8
1977 17 7 2 1 3 1 22 9
1978 JSL1部 18 5 6 2 2 1 26 8
1979 18 7 4 0 2 2 24 9
1980 18 4 2 0 3 0 23 4
1981 15 10 1 0 5 2 21 12
1982 18 5 1 0 3 0 22 5
1983 18 2 3 1 3 1 24 4
1984 17 6 2 1 4 2 23 9
1985 21 1 4 1 2 1 27 3
通算 日本 JSL1部 143 40 23 5 24 9 190 54
日本 JSL2部 96 53 6 1
総通算 239 93 29 6

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1985 2 0 0 0 2 0
通算 2 0 0 0 2 0

指導歴[編集]

監督としての成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯
1986-87 JSL1部 読売ク 優勝 22 29 11 7 4 1回戦敗退 優勝
1987-88 5位 22 24 8 8 6 1回戦敗退 優勝
1988-89 5位 22 32 8 8 6 ベスト4 ベスト8
1989-90 2位 22 46 13 7 2 ベスト4 ベスト4
1994 旧JFL 京都 - - - ベスト8
1996 J - 15 24 8 - 7 グループリーグ敗退 3回戦敗退
2004 沖縄県1部 FC琉球 優勝 9 25 8 1 0 - 3回戦敗退
2005 九州 2位 18 42 8 1PK勝/1PK敗 3 3回戦敗退
2006 JFL 14位 34 29 6 11 17 2回戦敗退
2007 九州 北九州 優勝 20 54 17 1PK勝/1PK敗 1 予選敗退
2008 JFL 10位 34 49 13 10 11 3回戦敗退
2009 4位 34 58 16 10 8 1回戦敗退
2010 J2 19位 36 15 1 12 23 3回戦敗退
2013 JFL 秋田 8位 50 34 14 8 12 2回戦敗退

1994年は代行、1996年はヘッドコーチとして指揮。


脚注[編集]

  1. ^ a b c 海を渡ったサムライたち―日伯セレソン物語(4)―ジョルジ与那城-1-チグリーニョの異名-兄とサロン、式で技磨くニッケイ新聞 2002年6月1日付記事 2013年12月29日閲覧
  2. ^ 海を渡ったサムライたち―日伯セレソン物語(5)―ジョルジ与那城-2-二部リーグ初の外国人選手-風貌と技術注目集めるニッケイ新聞 2002年6月4日付記事 2013年12月29日閲覧
  3. ^ 選手・スタッフ紹介”. ブラウブリッツ秋田. 2014年4月21日閲覧。
  4. ^ a b “与那城 ジョージ”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ya/george_yonashiro.html 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 与那城ジョージ監督 契約満了に伴う退任のお知らせ”. J's GOAL (2010年11月5日). 2013年12月23日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h “与那城ジョージ氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ブラウブリッツ秋田, (2013年1月17日), http://blaublitz.jp/whatsnew/19042.html 2013年8月31日閲覧。 
  7. ^ 海を渡ったサムライたち―日伯セレソン物語(6)―ジョルジ与那城-3-スピード通じず引退決意-34歳の遅過ぎた「日の丸」ニッケイ新聞 2002年6月5日付記事 2013年12月29日閲覧
  8. ^ ギラヴァンツ与那城監督退任 朝日新聞福岡・北九州版 2010.11.6付記事 (アーカイヴ)
  9. ^ ギラヴァンツ北九州 与那城監督退任 驚くサポーターら 西日本新聞 2010.11.6付記事 (アーカイヴ)
  10. ^ クラブガイド:京都サンガF.C.”. 日本プロサッカーリーグ. 2013年12月23日閲覧。

関連事項[編集]