オズワルド・アルディレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オズワルド・アルディレス Football pictogram.svg
Ardiles14-08-2006.jpg
名前
本名 オスバルド・セサール・アルディレス
Osvaldo Cesar Ardiles
愛称 オジー
ラテン文字 Osvaldo ARDILES
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1952年8月3日(62歳)
出身地 コルドバ州ベル・ビジェ
身長 169cm
体重 66kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
1973–1982 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 63 (8)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オズワルド・アルディレススペイン語: Osvaldo Cesar Ardiles, 1952年8月3日 - )は、アルゼンチン出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF(攻撃的MF)。愛称は「オジー」。弁護士資格を持つ事でも知られる。

来歴[編集]

選手時代[編集]

アルゼンチンで開催された1978 FIFAワールドカップで優勝したアルゼンチン代表の主力としてダニエル・パサレラマリオ・ケンペスらとともにチームを牽引し、地元開催のワールドカップで同国の初優勝に貢献、大会最優秀MFに選出された。1982 FIFAワールドカップでも全5試合にフル出場した。また当時の代表は「エース以外の背番号はアルファベット順につける」という慣習があった為、『背番号1を付けたフィールドプレイヤー』としても有名であった。

1978年のワールドカップ後に、リカルド・ビジャとともに、ふたり合わせて75万ポンドの大金でイングランドトッテナム・ホットスパーに移籍した。1981年にはFAカップを獲得し、1982年もFAカップの決勝に進んだ。同年、イングランドとアルゼンチンの間にフォークランド紛争が発生したため、混乱を避けるためにフランスパリ・サンジェルマンにレンタル移籍した。トッテナムでは84年にUEFAカップを獲得した。その後クイーンズパーク・レンジャーズやアメリカで短期間プレーした後、現役を引退した。

監督時代[編集]

1990年、イングランド2部のスウィンドン・タウンの監督に就任した。それまでのキック&ラッシュの攻撃スタイルを一新し、南米的なパスサッカーを試みた。1部昇格を決めたものの、クラブの不正経理の疑いで昇格は取り消された。ニューカッスル・ユナイテッドの監督は1年も経たずに解雇されたが、ウェスト・ブロムウィッチでは1部昇格を果たした。そして1993年、混乱が続いていた古巣トッテナム・ホットスパーの監督に就任した。ドイツ代表のユルゲン・クリンスマンやルーマニア代表のゲオルゲ・ポペスクらを獲得したが、チーム状態は良くならなかった。成績は残せなかったが、ファンに愛された監督だった。メキシコを経て、1996年には清水エスパルスの監督として来日。その年のナビスコカップでチーム初のタイトル獲得に貢献した。2000年には横浜F・マリノスの監督に就任し、その年の第1ステージで優勝。翌2001年に成績不振で解任された。

2003年には東京ヴェルディ1969の監督に就任。2004年度天皇杯で、東京Vに8年ぶり(東京移転後は初めて)のタイトルをもたらした。しかし2005年シーズンに大量失点試合が響き、7月成績不振の責任を取って解任された。

2012年、J2・FC町田ゼルビアの監督に就任したが、2012シーズンのJ2で最下位となりJFLへの降格が決定。同年11月17日、監督を解任された[1]

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

個人成績[編集]

年度 クラブ リーグ 背番号 リーグ戦 リーグカップ カップ戦
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1970 コルドバ プリメーラ
1971
1972
1973
1974 ベルグラーノ 16 2
1975 ウラカン
1976
1977
1978
1978-79 トットナム FL1部 38 3
1979-80 40 3
1980-81 36 5
1981-82 26 2
1982-83 2 0
1982-83 パリ ディヴィジョン・アン
1983-84 トットナム FL1部 9 0
1984-85 11 2
1985-86 23 1
1986-87 25 0
1987-88 28 0
1987-88 ブラックバーン FL2部 5 0
1988-89 クイーンズパーク FL1部 8 0
1989-90 スウィンドンタウン FL2部 2 0
1990-91 0 0
通算 プリメーラ
FL1部 248 16
FL2部 5 0
ディヴィジョン・アン

脚注[編集]

関連項目[編集]