ガブリエル・カルデロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガブリエル・カルデロン Football pictogram.svg
Gabriel Calderón.jpg
名前
本名 ガブリエル・ウンベルト・カルデロン
ラテン文字 Gabriel Humberto Calderón
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
生年月日 1960年2月7日(55歳)
出身地 アルゼンチンの旗 チュブト州ラウソン
選手情報
ポジション MF
ユース
1974-1976 アルゼンチンの旗 エル・ポルベニル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1976-1977 アルゼンチンの旗 エル・ポルベニル 25 (3)
1977-1981 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ 113 (3)
1978 アルゼンチンの旗 ラヌース (loan) 24 (0)
1981-1983 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 85 (16)
1983-1987 スペインの旗 ベティス 74 (15)
1987-1990 フランスの旗 パリ・サンジェルマン 131 (38)
1990-1992 スイスの旗 シオン 102 (11)
1992-1993 フランスの旗 カーン 47 (17)
1993-1994 スイスの旗 ローザンヌ=スポルト 36 (2)
代表歴
1977-1981 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-21 20 (5)
1981-1990 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 23 (1)
監督歴
1997-2000 フランスの旗 カーン
2003 スイスの旗 ローザンヌ=スポルト
2004-2005 サウジアラビアの旗 サウジアラビア
2005-2008 オマーンの旗 オマーン
2008-2010 サウジアラビアの旗 アル・イテハド
2010-2011 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
2011-2012 アラブ首長国連邦の旗 バニーヤース
2012-2013 バーレーンの旗 バーレーン
2013 スペインの旗 ベティス
2014- アラブ首長国連邦の旗 アル・ワスル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ガブリエル・ウンベルト・カルデロンGabriel Humberto Calderón1960年2月7日 - )は、アルゼンチンチュブト州ラウソン(Rawson)出身の元同国代表サッカー選手、指導者である。

略歴[編集]

1976年にわずか16歳でブエノスアイレスアベジャネーダ地区にある小さなクラブチームのクラブ・エル・ポルベニルでキャリアをスタートさせたカルデロンは、翌年、アルゼンチンの名門ラシン・クラブへとステップアップを成功させる。クラブでの活躍が当時アルゼンチン代表とアルゼンチンユース代表監督を兼務していたセサル・ルイス・メノッティの目にとまり、ワールドユース日本大会に出場する。若き日のディエゴ・マラドーナラモン・ディアスらと共に優勝に貢献。

その後、クラブレベルではCAインデペンディエンテスペインレアル・ベティスフランスパリSGと、国内外のビッグクラブを渡り歩き、代表でも1982年1990年と2度ワールドカップに出場している。

引退後はテレビの解説者として過ごしていたカルデロンであったが、1997-1998シーズンから、現役時代にプレーしたこともあるフランスリーグ2部SMカーンで監督業をスタートさせた。2004年の終わりからはサウジアラビア代表監督を引き継いで、ドイツを目指すことになる。

2005年6月8日、ホームのリヤドウズベキスタンを3-0で粉砕し、ドイツへの切符を手に入れる。この時カルデロンは「ワールドカップへの資格を得るのは、すべての監督の夢であり、この結果に大変満足している。加えて私は、私がこの国に足を踏み入れたその時からこれを目標に仕事をしてきたので、とても幸せな気分だ。」と語っている。

しかし、それからわずか半年後、チームのパフォーマンスに対して不満を持ったサウジアラビアサッカー連盟は、マルコス・パクェタにチームを託したため、ドイツで指揮をとることは叶わなかった。

2007年4月9日、カルデロンはオマーン代表監督に就任。しかし、長くは続かず、 翌2008年6月にサウジアラビア・プレミアリーグアル・イテハドの監督へ。宿敵アル・ヒラルのホーム、キング・ファハド・スタジアムでの対戦を制し、就任初年度にリーグ優勝を達成している。

外部リンク[編集]