長澤徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長澤 徹 Football pictogram.svg
名前
愛称 テツ、テツさん[1][2]
カタカナ ナガサワ テツ
ラテン文字 NAGASAWA Tetsu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1968年5月28日(46歳)
出身地 愛媛県松山市[3]
身長 179cm
体重 70kg
選手情報
ポジション DF
利き足
ユース
1984-1987
1987-1991
静岡県立清水東高等学校
筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991-1994 ヤマハ発動機/ジュビロ磐田 28 (1)
1995-1997 本田技研 53 (2)
監督歴
2006 FC東京U-15深川
2008-2010 FC東京U-15深川
2013 ジュビロ磐田 (代行)
2015- ファジアーノ岡山
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

長澤 徹(ながさわ てつ、1968年5月28日 - )は、愛媛県出身のサッカー指導者、元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー及びディフェンダー

来歴[編集]

清水東高校武田修宏の1年後輩)から筑波大学へ進み、筑波大では中山雅史井原正巳の1年後輩。大学卒業後1991年に日本サッカーリーグ1部に所属していたヤマハ発動機サッカー部に入団、ヤマハからジュビロ磐田への変革期に主に右サイドバックとしてチームを支え、磐田のJリーグ昇格に貢献した。

その後、ジャパンフットボールリーグ本田技研へ移籍。1996年のジャパンフットボールリーグ優勝にも貢献した。1998年より現役を引退して同チームのコーチとなり、指導者としてのキャリアをスタート。

2001年からJリーグFC東京のコーチに就任[4]。選手一人一人を丁寧に観察し、若手や出場機会を得られない選手を技術面・メンタル面ともにサポート[5][6]。試合出場機会を得られなかった時期に基本的な技術を見つめなおす助言を与えたり、クサりがちになる精神面のケアなど丁寧に話し掛け[7]、真摯に向き合った指導法[注 1]によって、選手[注 2]に大きな影響を与えた。

2006年、FC東京U-15深川監督に就任し[13]、ユース世代の育成担当となったが、同年8月にトップ監督のガーロが解任となり、倉又寿雄新監督就任と共にトップチームヘッドコーチに就任。2008年、深川監督に再任。橋本拳人野沢英之二瓶翼らの活躍により、この年のU-15高円宮杯で優勝を果たした。

2010年5月、S級ライセンスを取得した[14]。同年9月、大熊清の監督就任に伴いトップチームのコーチに再任[15]。契約満了により、2011年限りでFC東京を退団[16]

2012年、古巣の磐田より招聘され[17]、共にS級ライセンスを受講した[18]森下仁志の下でトップチームのヘッドコーチを務めた[19]2013年5月、成績不振による森下の監督退任に伴い暫定監督に就任[20]、10節から13節まで指揮を執った。5月19日、関塚隆が監督に就任し、14節以降は再びヘッドコーチに戻った。

2014年からファジアーノ岡山FCのコーチ[21]2015年からは監督に就任した[22]

エピソード[編集]

発言[編集]

  • 「実生活とサッカーは結びついている。プライベートがうまくいっていない選手はプレーを見ればすぐに判る」[24]
  • 「結婚もプロ選手も1年2年は誰でもできる、10年・20年と勝負できないと」[24]
  • 「プロサッカー選手は30歳過ぎてもやれれば一流。20代で終わったらアルバイト」[25][24]
  • 「本来の意味とは違うけど、情熱っていう言葉は「情けねえ」って思うときに熱が溜まるからそう言うんだって解釈してる。だから悔しい思いをした奴にしか、その熱は出ないんだよ」[26]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 ヤマハ 27 JSL1部 0 0 - - 0 0
1991-92 14 6 0 0 0
1992 旧JFL1部 0 0 -
1993 磐田 14 15 1 4 0 0 0 19 1
1994 - J 7 0 2 0 0 0 9 0
1995 本田 4 旧JFL 24 1 - 1 0 25 1
1996 29 1 - 3 0 32 1
1997 0 0 - 0 0 0 0
通算 日本 J 7 0
日本 JSL1部 6 0 0 0
日本 旧JFL 68 3
総通算 81 3 6 0

その他の公式戦

指導歴[編集]

  • 1998年 - 2000年 本田技研 コーチ[16]
  • 2001年 - 2011年 FC東京
    • 2001年 - 2005年 トップチーム コーチ[16]
    • 2006年1月 - 8月 U-15深川 監督[16]
    • 2006年8月 - 2007年 トップチーム ヘッドコーチ[16]
    • 2008年 - 2010年9月 U-15深川 監督[16]
    • 2010年9月 - 2011年 トップチーム コーチ[16]
  • 2012年 - 2013年 ジュビロ磐田
    • 2012年 - 2013年 トップチーム ヘッドコーチ[19]
    • 2013年5月 トップチーム 暫定監督[20]
  • 2014年 - ファジアーノ岡山FC
    • 2014年 トップチーム コーチ[21]
    • 2015年 - トップチーム 監督[22]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2013 磐田 J1 - 2 4 0 2 2 グループリーグ -
2015 岡山 J2 -
総通算 - - ' ' ' ' - -

タイトル[編集]

本田技研
FC東京U-15深川

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 長澤によると、選手との付き合い方において「全然駆け引きしない。正直にコミュニケーションを取る」原博実から学んだところが大きいとのこと[8]
  2. ^ 加地亮佐藤由紀彦[9][7]浅利悟[7]呉章銀[7]福田健二[10][7]李忠成[1][2]鈴木規郎増嶋竜也[11]石川直宏[12][2]など。長澤を拠り所にした選手は少なくない[7]
出典
  1. ^ a b 李 恩返し弾だ 恩師の長沢氏が磐田暫定監督に 東京中日スポーツ (2013年5月5日)
  2. ^ a b c 【J1:第10節 F東京 vs 磐田】プレビュー J's GOAL (2013年5月5日)
  3. ^ a b ファジアーノ岡山 長澤徹新監督 就任記者会見コメント J's GOAL (2014年12月8日)
  4. ^ 2001年 FC東京チーム編成 - ウェイバックマシン(2004年5月13日アーカイブ分) FC東京 (2001年1月30日)
  5. ^ FC東京ファンブック2004. 毎日新聞社. (2004). p. 84. 
  6. ^ トップチームコーチ陣 - ウェイバックマシン(2005年11月24日アーカイブ分) FC東京 (2005年)
  7. ^ a b c d e f 馬場康平 『石川直宏 まっすぐに平常心』 出版芸術社、2010年、189頁。
  8. ^ 『FC東京ファンブック2007』 毎日新聞社2007年、78-80頁。
  9. ^ 小宮良之 『アンチ・ドロップアウト』 集英社2010年、125頁。
  10. ^ a b 『RUN 流浪のストライカー、福田健二の闘い』 ダイヤモンド社2007年、95頁。
  11. ^ 増嶋竜也のドラマ 京都サンガ選手インタビュー - ウェイバックマシン(2009年4月6日アーカイブ分) 京都サンガF.C.
  12. ^ 【ひかりTV連動企画】J1 6月度MIP受賞インタビュー J's GOAL (2009年7月30日)
  13. ^ 下部組織2006シーズンの体制について FC東京 (2006年2月1日)
  14. ^ 財団法人 日本サッカー協会 平成22年度 第2回理事会 協議事項 (PDF) 日本サッカー協会 (2010年5月20日)
  15. ^ 登録役員 追加・変更・抹消のお知らせ Jリーグ (2010年9月24日)
  16. ^ a b c d e f g 長澤徹 トップチームコーチ 退任のお知らせ FC東京 (2012年1月10日)
  17. ^ 今日発表!来季磐田森下監督、長沢ヘッド 日刊スポーツ (2011年12月7日)
  18. ^ 平成21(2009)年度 公認S級コーチ養成講習会 受講生一覧 (PDF) 日本サッカー協会 (2009年3月12日)
  19. ^ a b 2012年シーズン新体制 (選手&スタッフ) ジュビロ磐田 (2012年1月15日)
  20. ^ a b チーム 森下仁志監督 退任のお知らせ ジュビロ磐田 (2013年5月4日)
  21. ^ a b 長澤徹氏 ファジアーノ岡山 コーチ就任のお知らせ ファジアーノ岡山 (2013年12月24日)
  22. ^ a b ファジアーノ岡山 長澤徹監督就任のお知らせ ファジアーノ岡山 (2014年12月7日)
  23. ^ FC東京の実態 (2/3) スポーツナビ (2005年6月2日)
  24. ^ a b c 『FC東京ファンブック2003』 毎日新聞社2003年、84頁。
  25. ^ 石川直宏、プロ10年目の覚醒 ゴール量産を支える“積み上げの美学” スポーツナビ (2009年7月3日)
  26. ^ 週刊サッカーダイジェストNo.1164 2012年4月3日号「ブレイク候補にせまる(2)長谷川アーリアジャスール」

関連項目[編集]