小林悠 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小林 悠 Football pictogram.svg
名前
愛称 コバ、ユウ、悠様
カタカナ コバヤシ ユウ
ラテン文字 KOBAYASHI Yu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1987年9月23日(26歳)
出身地 東京都町田市青森県生まれ)
身長 177cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム 川崎フロンターレ
ポジション FWMF(SH)
背番号 11
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小林 悠(こばやし ゆう、1987年9月23日 - )は、東京都出身のサッカー選手J1川崎フロンターレ所属、ポジションはFW拓殖大学卒。

来歴[編集]

高校時代は2004年2005年全国高校サッカー選手権に2年続けて出場する。その後、拓殖大学に進学。大学在学中の2008年7月15日特別指定選手として水戸ホーリーホックに所属が決まると、ケガ人の多いチーム事情もあり、7月20日の対甲府戦でスタメンに抜擢され、Jリーグデビューを果たす。大学4年になった2009年4月8日、大学卒業後の2010年シーズンより川崎フロンターレに入団することが発表された。

2010年9月5日に行われた第90回天皇杯2回戦の鹿屋体育大学戦で2得点を挙げ、公式戦初ゴールを記録。2011年5月3日J1リーグ第9節・磐田戦で、リーグ戦初ゴールを挙げた。

エピソード[編集]

栃木SCに同期新加入の小野寺達也選手とは幼馴染。 小学校1年生より大学4年までのサッカー歴を全て同じチームでプレイする。 二人にとって別々のチームに加入するのはサッカー人生において初めてである。

小学生時代は小野寺と一学年下の神村奨と同じ町田SSS(町田JFC)に所属し、一緒にプレーをしていた。

中学時代は小野寺と一学年上の現チームメイトの田中裕介と同じ町田JFCジュニアユースに所属し、一緒にプレーをしていた。

また日本代表に選出されている太田宏介も同期であり、小学生時代よりライバルとして、高校時代は共にプレーをした仲間である。

現在川崎フロンターレ通訳の中山和也は小林が高校時代、GKコーチとして麻布大淵野辺高校に在籍しており、そのころから親交がある。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2008 水戸 35 J2 5 0 - - 5 0
2010 川崎 24 J1 6 0 0 0 2 2 8 2
2011 11 32 12 4 2 3 2 39 14
2012 26 6 6 2 3 2 35 10
2013 23 5 8 2 2 0 33 7
2014
通算 日本 J1 87 23 18 6 10 6 115 35
日本 J2 5 0 - - 5 0
総通算 92 23 18 6 10 6 120 35
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2014 川崎 11 6 3
通算 AFC 6 3

外部リンク[編集]