山本脩斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山本 脩斗 Football pictogram.svg
名前
愛称 しゅうと
カタカナ ヤマモト シュウト
ラテン文字 YAMAMOTO Shuto 
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1985年6月1日(28歳)
出身地 岩手県盛岡市
身長 180cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム 鹿島アントラーズ
ポジション DF
背番号 16
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2013 ジュビロ磐田 88 (3)
2014- 鹿島アントラーズ 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月14日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

山本 脩斗(やまもと しゅうと、1985年6月1日 - )は、岩手県盛岡市出身の鹿島アントラーズ所属のサッカー選手。ポジションはDF左右のサイドバック。元U-21日本代表選手。

来歴[編集]

高校時代は岩手の盛岡商業高校で、2年生から背番号「10」を背負いレギュラーとして選手権に出場した。早稲田大学では、2006年に北京オリンピック日本代表候補にも選出されている。2008年シーズンよりJリーグジュビロ磐田に加入することが内定していたが、入団前のメディカルチェックにおいて、原発性左鎖骨下静脈血栓症ページェット・シュレッター症候群)であることが判明。契約社員として磐田に籍のみを置き、完治後の正式契約を目指して治療に専念していたが完治し、2008年6月7日付で正式にチームと契約を結んだ。

2009年、シーズン序盤は左サイドバックのレギュラーとして試合に出場するも、上記の原発性左鎖骨下静脈血栓症の再発により、シーズン後半は試合に出場することはできなかった。

2010年、シーズン中盤のパク・チュホの負傷による長期離脱により、左サイドバックでレギュラーとして出場した。

2013年12月14日、鹿島アントラーズへ完全移籍[1]

エピソード[編集]

  • 父親は元早稲田大学スキー部主将で世界選手権にも出場した。本人もスキーを子供のころにやっていたこともあり、選手紹介の特技や趣味の覧ではスキーと答えている。
  • 2007年にスペインリーグバレンシアCFの下部組織バレンシアCF・メスタージャの練習に参加。
  • 早稲田大学ア式蹴球部のチームメイトだった鈴木修人とは高校時代に選手権で対戦し、同じ名前(シュウト)でポジションも同じだった事もあり(シュウト)対決とアナウンサーに触れられた。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2008 磐田 37 J1 4 0 0 0 1 0 5 0
2009 20 21 0 6 0 0 0 27 0
2010 11 0 5 0 1 0 17 0
2011 28 1 5 2 2 0 35 3
2012 16 1 3 0 2 0 21 1
2013 8 1 3 0 0 0 11 1
2014 鹿島 16
通算 日本 J1 88 3 22 2 6 0 116 5
総通算 88 3 22 2 6 0 116 5

その他の国際公式戦

出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ジュビロ磐田

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山本脩斗選手が完全移籍で加入”. 鹿島アントラーズ (2013年12月14日). 2013年12月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]