青山直晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青山 直晃 Football pictogram.svg
名前
愛称 アオ
カタカナ アオヤマ ナオアキ
ラテン文字 AOYAMA Naoaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1986年7月18日(27歳)
出身地 日本の旗 愛知県一宮市
身長 182cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府
ポジション DF (CB)
背番号 26
利き足
ユース
0000-1998
1999-2001
2002-2004
一宮・毎日少年SS (丹陽小)
スポーツクラブ岐阜VAMOS
前橋育英高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004
2005-2010
2011-2012
2013-
名古屋グランパス (特指)
清水エスパルス
横浜F・マリノス
ヴァンフォーレ甲府
0 (0)
121 (5)
17 (0)
29 (2)
代表歴2
2007
2006
 U-22日本
 日本
11 (2)
0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月8日現在。
2. 2011年1月22日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

青山 直晃(あおやま なおあき、1986年7月18日 - )は、愛知県一宮市出身のサッカー選手。Jリーグヴァンフォーレ甲府所属。ポジションはディフェンダー (センターバック)。

来歴[編集]

クラブ[編集]

一宮・毎日少年サッカースクール丹陽小、スポーツクラブ岐阜VAMOSを経て、2002年に前橋育英高等学校に入学してサッカー部に入部。3年時には名古屋グランパス特別指定選手になった[1]が、2005年清水エスパルスに加入[2]。同期入団には兵働昭弘枝村匠馬などがいる。デビュー戦となった2005年10月29日名古屋戦で初ゴールを挙げた[3]。2年目以降レギュラーに定着した。

2009年9月ヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦の試合中に負傷。後検査の結果、右膝前十字靱帯損傷により6ヶ月の加療を要する見込みであると発表された[4]。翌2010年度シーズンを試合出場はおろかベンチ入りの機会も殆どないまま終えた[5]。12月、翌2011年度からの横浜F・マリノスへの完全移籍が発表された[6]。マリノスには中澤佑二栗原勇蔵がいることもあり、2011年は7試合、2012年は4試合の先発出場にとどまった。

2013年度からヴァンフォーレ甲府へ完全移籍。シーズン途中にシステム変更もあったが自身は久々にシーズンを通して出場を続け、リーグ戦29試合に出場し残留に大きく貢献した。またこの年の2得点はいずれも後半アディショナルタイムにあげた同点ゴールであり、特に第8節の得点は古巣の横浜F・マリノスから勝ち点をもぎ取る値千金のゴールとなった。

2014年も開幕から先発出場。第5節のベガルタ仙台戦では後半22分にセットプレーのこぼれ球を押し込みシーズン初ゴールを決めた。このゴールにより試合を引き分けに持ち込み、甲府加入後に挙げた3得点はいずれも同点ゴールとなっている。

日本代表[編集]

2002年にU-16日本代表に選出されてAFC U-17選手権2002に出場したのを始め、高校在学中は毎年年代別代表に選出された経験を持つ。

2006年に、U-21日本代表に招集されてアジア競技大会に出場した[7]。同年8月にはトリニダード・トバゴとの国際親善試合に出場するフル代表チームに選出されたが、この時は出場機会はなかった[8]北京オリンピックサッカーアジア予選では、2次予選および最終予選にて合計11試合に出場し、うち4月18日に行われたU-22シリア代表戦および8月22日に行われたU-22ベトナム代表戦で合計2得点を挙げた[9][10]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2005 清水 26 J1 6 2 1 0 5 0 12 2
2006 29 0 2 0 1 0 32 0
2007 30 1 3 0 3 2 36 3
2008 33 1 9 0 3 0 45 1
2009 3 23 1 9 1 0 0 32 2
2010 0 0 0 0 0 0 0 0
2011 横浜FM 26 10 0 4 1 3 0 17 1
2012 7 0 4 0 1 0 12 0
2013 甲府 29 2 0 0 3 0 32 2
通算 日本 J1 167 7 32 2 19 2 218 11
総通算 167 7 32 2 19 2 218 11

個人タイトル[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2004年度 JFA・Jリーグ 特別指定選手について[名古屋] J's GOAL 2004.6.4付ニュースリリース
  2. ^ 青山直晃選手(前橋育英高)来季新加入内定のお知らせ[清水] J's GOAL 2004.11.27付ニュースリリース
  3. ^ 【J1:第29節】名古屋 vs 清水:試合終了後の各選手コメント J's GOAL 2005.10.29付ニュースリリース
  4. ^ 青山直晃選手のケガについて 清水エスパルス公式サイト 2009.9.27付ニュースリリース (アーカイヴ)
  5. ^ Jリーグリーグ戦に限れば、第28節・第31節・最終節の3回しかベンチ入りしなかった。選手出場記録 清水エスパルス 2010 Jリーグディヴィジョン1 第1節-第18節および選手出場記録 清水エスパルス 2010 Jリーグディヴィジョン1 第19節-第34節 (Jリーグ公式サイト 2011.1.22 08:34 (UTC) 閲覧)を参照。
  6. ^ 横浜M、清水DF青山獲得「勝利に貢献」 サンケイスポーツ 2010.12.10付記事 (アーカイヴ)
  7. ^ 第15回アジア競技大会2006/ドーハ サッカー男子日本代表エントリーメンバー JFA公式サイト 2006.10.13付ニュースリリース (アーカイヴ)
  8. ^ 公式記録 キリンチャレンジカップ2006 日本代表対トリニダード・トバゴ代表 (PDF) JFA公式サイト 2011.1.22 08:12 (UTC) 閲覧
  9. ^ MATCH SUMMARY AFC FINAL ROUND SYRIA-JAPAN (PDF) AFC公式サイト 2011.1.22 08:40 (UTC) 閲覧
  10. ^ 公式記録 アジア男子サッカー2008最終予選 U-22日本代表対U-22ベトナム代表 (PDF) JFA公式サイト 2011.1.22 08:43 (UTC) 閲覧
  11. ^ 青山直晃選手『メンズエステティックMEN'S TBC』新CM出演のお知らせ[清水] J's GOAL 2007.8.17付ニュースリリース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]