田中裕介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田中 裕介 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タナカ ユウスケ
ラテン文字 TANAKA Yusuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1986年4月14日(28歳)
出身地 東京都八王子市
身長 181cm
体重 73kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2010
2011-2014
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
88 (2)
117 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2010年12月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

田中 裕介(たなか ゆうすけ、1986年4月14日 - )は、東京都八王子市出身のプロサッカー選手。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

2005年に横浜F・マリノスに入団したが、当初は同じポジション(左サイドバック)に絶対的なレギュラーであったドゥトラが居たため、なかなか出場機会が得られなかった。その後、クラブの世代交代の一環として2006年シーズン終盤から左サイドバックとして出場機会が得られるようになり、2007年シーズンの序盤はレギュラーとして出場。しかし、軽度の怪我で戦列を少しだけ離れた時期に、同じポジションを争っていた小宮山尊信が台頭。その後はベンチに入れるか入れないか、という状態が続いた。

クラブでは控えに甘んじていたが、U-22代表にも招集され、2007年6月6日に行われた北京オリンピックアジア地区第2次予選・対マレーシア戦で先発フル出場を果たした。しかし、この試合ではあわや失点につながる大ミスを犯してしまうなど、十分なパフォーマンスを見せる事が出来なかった(サッカーダイジェストの採点は全選手中最低の5点であった)。

出場機会をなかなか生かしきれない状態が続いていたが、2008年シーズンは桑原隆監督の抜擢を受け、左ストッパーとして開幕戦からレギュラーの座を掴み取った。2009年は右サイドバックにコンバート。2010年は小宮山が抜け、左サイドバックに定着したが、夏場は起用されなかった。

2011年に川崎フロンターレに移籍し、かつてのライバルであった小宮山と再度プレーすることになった。

2014年の12月4日に契約満了が発表された[1]


エピソード[編集]

  • 2006年12月放送のtvkキックオフ!!F・マリノス』での「中澤サンタ」という企画にて、チームメイトの天野貴史と共にトナカイの扮装を披露した。2007年12月の放送でも同様の格好で再登場した。ちなみに天野とは無二の親友。
  • 小学校の卒業文集に将来は世界に通用するサッカープレイヤーになりたいと語っている。
  • 中学時代に実兄を不慮の交通事故で亡くしている。
  • 癖の強い性格らしい。天野らマリノス時代のチームメートによれば「鏡に映った自分の顔を見てウットリしている」「誕生日には自分にプレゼントをしている」「口を開けてボーっとしている」「電車で乗車中、手摺と間違えておじさんの頭の上に手を置こうとした」といった逸話が多い。(「Jリーグサッカーキング」2010年6月号)

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2004 横浜FM - J1 0 0 0 0 - 0 0
2005 26 0 0 0 0 0 0 0 0
2006 2 0 0 0 3 0 5 0
2007 10 0 4 0 1 1 15 1
2008 25 1 4 0 3 0 32 1
2009 5 31 1 10 2 3 1 44 4
2010 20 0 6 0 1 0 27 0
2011 川崎 3 30 2 4 0 3 0 37 2
2012 29 4 6 0 3 0 38 4
2013 31 1 9 0 2 0 42 1
2014 27 1 4 1 1 0 32 2
通算 日本 J1 205 10 47 3 20 2 272 15
総通算 205 10 47 3 20 2 272 15
  • 2004年は特別指定選手。
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2014 川崎 3 8 0
通算 AFC 8 0

経歴[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ 契約満了選手のお知らせ”. 川崎フロンターレ (2014年12月4日). 2014年12月4日閲覧。