ドックランズ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドックランズ・スタジアム
Docklands Stadium
"エティハド・スタジアム"
"Etihad Stadium"
Etihad Stadium logo.svg
エティハド・スタジアム
施設情報
所在地 オーストラリアの旗 メルボルン
位置 南緯37度48分59秒 東経144度56分51秒 / 南緯37.81639度 東経144.94750度 / -37.81639; 144.94750座標: 南緯37度48分59秒 東経144度56分51秒 / 南緯37.81639度 東経144.94750度 / -37.81639; 144.94750
起工 1996年
開場 2000年3月9日
所有者 James Fielding Funds Management
運用者 Melbourne Stadiums Limited
グラウンド 天然芝
建設費 4億6千万オーストラリアドル
設計者 Daryl Jackson Architects
POPULOUS[1]
旧称
ビクトリア・スタジアム[2]
コロニアル・スタジアム
テルストラ・ドーム
使用チーム、大会
ウェスタン・ブルドッグス (AFL) (2000-)
エッセンドン・ボマーズ (AFL) (2000-)
カールトン・ブルース (AFL) (2005-)
セントキルダ・セインツ (AFL) (2000-)
ノースメルボルン・カンガルーズ (AFL) (2002-)
メルボルン・ビクトリーFC (Aリーグ) (2005-)
収容能力
56,347人

ドックランズ・スタジアム (Docklands Stadium) は、オーストラリアメルボルンの都心西隣のドックランズ(:en:Docklands)地区にある開閉式ドームスタジアムである。(屋根は反った長方形であり、形状的にはドームではない。)公演会場としても使用される。

歴史 & 概要[編集]

2000年3月9日に「コロニアル・スタジアム」(Colonial Stadium) として開場した。2002年10月1日に電気通信企業のテルストラ命名権en:Colonial State Bank から買収してテルストラ・ドームとなった。公共放送など、命名権による呼称を回避する場合は「ドックランズ・スタジアム」(Docklands Stadium) と呼ばれる。2009年3月1日の命名権消滅以降、エティハド航空が新たに取得した。

本ドームはウェーバリー・パークの後継として建設された[3]。テレビ放送網のセブン・ネットワークが本ドームを所有していたが、2006年に権益をジェームス・フィールディング・マネジメントに3億3千万豪ドルで売却[4]

ウェーバリー・パークと同様、オージーフットボールの利用を念頭に建設されている。オーストラリアではこの規模の球技場は大部分クリケットのために設計された。 本ドームとメルボルン・クリケット・グラウンドはオージーフットボールトップリーグAFLのメルボルンのチームの本拠地として使用される。

オージーフットボールのオフシーズンである10~2月には、サッカーAリーグメルボルン・ビクトリーFCのホームとして使われる。クリケット、ラグビー(ユニオン)、ラグビーリーグのほかコンサートプロレスボクシングの開催実績がある。2003 ラグビーワールドカップの試合会場としても使用され、7試合が開催された。

スタジアムの特徴[編集]

テルストラ・ドーム
  • 競技面上38メートルの屋根は東西方向に8間で開閉できる。
  • 移動式座席
  • コロセウム型構造
  • 2面の場内向け大型カラー動画ディスプレイ
  • 場外向けディスプレイ
  • 1,000 テレビ座席
  • 13 宴会場
  • 66 企業ボックス
  • メダリオン・クラブ (The Medallion Club) メンバー専用クラブ
  • 地下駐車場 2,500 台収容
  • 楕円形の天然芝競技面 19,053平方メートル (170m x 140m)
  • 700台を超える 2000ワット照明。
  • イベントの種類により収容人員は 12,000 - 74,000人。
  • AFL試合時の収容人員は 53,355人。

出典[編集]

  1. ^ Etihad Stadium Populous Architekten
  2. ^ City to get $200m high-tech stadium THE AGE
  3. ^ Victorian Venues”. Australian Football League. 2009年5月8日閲覧。
  4. ^ “Seven sells Telstra Dome stake”. News Limited. (2006年7月21日). http://finance.news.com.au/story/0,10166,19541007-31037,00.html 

外部リンク[編集]