ニューカッスル国際スポーツセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューカッスル国際スポーツセンター
Newcastle International Sports Centre
"ハンター・スタジアム"
"Hunter Stadium"
NewcastleKnights.jpg
施設情報
所在地 オーストラリアの旗 ニューサウスウェールズ州ニューカッスル
位置 南緯32度55分8秒 東経151度43分36秒 / 南緯32.91889度 東経151.72667度 / -32.91889; 151.72667座標: 南緯32度55分8秒 東経151度43分36秒 / 南緯32.91889度 東経151.72667度 / -32.91889; 151.72667
起工 1967年
開場 1970年
所有者 ニューサウスウェールズ州
運用者 Hunter International Sports Centre Trust
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105m×68m
旧称
マラソン・スタジアム
エナジーオーストラリア・スタジアム
オースグリッド・スタジアム
使用チーム、大会
ニューカッスル・ナイツ (NRL) (1988-)
ニューカッスル・ジェッツ (Aリーグ) (2005-)
収容能力
26164人

ニューカッスル国際スポーツセンター(Newcastle International Sports Centre)、通称ハンター・スタジアム(Hunter Stadium)はオーストラリアニューサウスウェールズ州ニューカッスルにあるスタジアムである。ネーミングライツを用いない際の名称としては、正式名称のニューカッスル国際スポーツセンターではなくニューカッスル・スタジアムと呼ばれることが多い。ナショナル・ラグビー・リーグのニューカッスル・ナイツ、およびサッカーAリーグニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFCのホームスタジアムとなっている。スタジアムの建設は1967年の12月から始まり、1970年4月10日に竣工している。所有者はニューサウスウェールズ州政府である。

1986年に、ニューカッスル・ナイツがこのスタジアムをホームとして使用することが決まり、それまで楕円形であったグラウンド形状が長方形へと改められた。1990年代の初めごろに、マラソンタイヤという地元のタイヤ販売会社がネーミングライツを取得したため、マラソン・スタジアムと呼ばれるようになった。2001年にニューサウスウェールズ州の電力会社であるエナジーオーストラリアが新たにネーミングスポンサーとなり、以来エナジーオーストラリア・スタジアムの呼称が使用されている。以前の収容能力は28000人であり、1995年7月のニューカッスル・ナイツ対マンリー・ワリンガー・シーイーグルス戦では32642人もの観衆を集めている。しかし、事故等の発生こそ無かったが、警察当局より安全面での問題を指摘されたため現在の収容能力は26164人にまで引き下げられている。

改修[編集]

このスタジアムは、今世紀に入ってから2度の改修工事をおこなっている。1度目は2003年から2005年にかけてのものであり、ナショナル・ラグビー・リーグの示すスタジアム規格への適合化やスポンサー企業向けのボックスシートの拡充、さらに東側観戦スタンド(バックスタンドに相当する)の建設や映像装置の設置などからなった。2度目は2008年からおこなわれており、2007年のニューサウスウェールズ州議会選挙に際して州政府首相(当時)が公約として掲げたものである[1]。2008年1月、連邦政府が1千万オーストラリアドル[2]、州政府が5千万オーストラリアドルを拠出して西側グランドスタンド(メインスタンドに相当)を改築することが決定された。この総額6千万オーストラリアドルのスタジアム拡張事業により、収容能力は33000人となり[3][4]、最終的に40000人以上にまで拡大することを目指すとなっている[5]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]