AFCアジアカップ2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 AFCアジアカップ2015
2015 AFC Asian Cup
大会概要
開催国 オーストラリアの旗 オーストラリア
日程 2015年1月9日1月31日
チーム数 16
開催地数 (5都市)
 < 20112019

AFCアジアカップ2015は、2015年に行われる予定の第16回目のAFCアジアカップである。開催国はオーストラリアで、2011年1月のAFC総会で正式に承認された。本大会出場は16カ国。

開催国決定までの経緯[編集]

2011年大会が西アジアのカタールで開催されたことにより、2015年大会は東地区で行うことが事前に決まっていた。その中でオーストラリアサッカー連盟が名乗りを挙げた。[1]大会は1月9日から31日にかけて開催される予定。これに伴い、2014-15シーズンのAリーグは大会期間中の3週間、中断が予定されている[2]

開催地[編集]

AFCアジアカップ2015で使用されるスタジアムは以下の5都市・5会場で、オーストラリアで最も人口が多いシドニー以外に、2番目に人口が多いメルボルン、3番目に人口が多いブリスベン、7番目に人口が多いニューカッスル及び8番目に人口が多い首都キャンベラとなっている。これらはすべてオーストラリアの全人口の80%以上が集中する東海岸側に位置する(詳細はオーストラリア#主要都市を参照)。

競技場[編集]

2013年3月26日に、以下の5会場を用いることが発表された。開幕戦はメルボルン、3位決定戦はニューカッスル、決勝はシドニーで実施される[3][4]

シドニー ニューカッスル ブリスベン
スタジアム・オーストラリア ニューカッスル・スタジアム ブリスベン・スタジアム
収容人数: 84,000 収容人数: 33,000 収容人数: 52,500
Sydney-Galaxy-homebush.jpg Ausgrid Stadium.jpg Suncorpstadium071006a.JPG
キャンベラ
キャンベラ・スタジアム
収容人数: 25,011
BruceStadium19032005.JPG
メルボルン
メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム
収容人数: 30,050
Backofamipark.JPG

当初は、以下の会場も候補地として提示されており、その時点でスタジアム・オーストラリアが決勝戦開催地の候補として有力であると報じられていた[5]

気候[編集]

気候面では、開催都市のある地域は温暖湿潤気候に属し、熱帯気候海洋性気候が一部含まれる。

1月の気候データ
都市 ブリスベン キャンベラ メルボルン ニューカッスル シドニー
平均最高気温°C (°F) 30.3
(86.5)
28.0
(82.4)
25.9
(78.6)
25.6
(78.1)
25.9
(78.6)
平均最低気温°C (°F) 21.3
(70.3)
13.2
(55.8)
14.3
(57.7)
19.2
(66.6)
18.7
(65.7)
出典: オーストラリア気象局[6][7][8][9][10]

出場国[編集]

2011年大会同様、出場チームは前回大会3位までのチームと、2012年と2014年のAFCチャレンジカップ優勝チーム(同一チームの場合は2014年大会の準優勝チーム)、開催国のオーストラリアが予選を免除される[11][12]。これに予選通過チームを加えた計16チームで本大会が行われる。

予選[編集]

今大会の開催国であるオーストラリアは、前回(2011年)大会で準優勝となったが、これに伴う前回大会4位のチーム(ウズベキスタン)には繰り上げで予選免除が認められなかった[12]。このため、予選通過チームは前回大会の予選より1チーム多い11チームとなる。なお今大会の最終予選は、前回大会の最終予選と同様、20チームを4チームずつの5組に分けて実施する方針となっており、各グループの上位2チームずつのほか、各グループ3位チームのうち成績最上位のチームも本大会出場権を得る[13]

出場国[編集]

出場国の内訳
  本戦出場決定国
  予選敗退国
  予選参加国
出場国 予選 出場回数
 オーストラリア 開催国のため免除(前回大会準優勝でもある) 3大会連続3回目
 日本 前回大会優勝のため免除 8大会連続8回目
 韓国 前回大会第3位のため免除 6大会連続13回目
 北朝鮮 AFCチャレンジカップ2012優勝 2大会連続4回目
AFCチャレンジカップ2014優勝
オマーンの旗 オマーン A組1位 2大会ぶり3回目
ヨルダンの旗 ヨルダン A組2位 2大会連続3回目
 イラン B組1位 13大会連続13回目
クウェートの旗 クウェート B組2位 2大会連続10回目
サウジアラビアの旗 サウジアラビア C組1位 9大会連続9回目
 イラク C組2位 5大会連続7回目
バーレーンの旗 バーレーン D組1位 4大会連続5回目
カタールの旗 カタール D組2位 5大会連続9回目
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 E組1位 4大会連続9回目
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン E組2位 6大会連続6回目
 中国 各組3位の最上位 10大会連続10回目

組み合わせ抽選[編集]

組み合わせ抽選は3月26日、決勝が行われるシドニー・オペラハウスで行われる[14]。開催国のオーストラリアはポット1に入る。それ以外の国は2014年3月時点のFIFAランキングに基づき決定した[15]。カッコ内は2014年3月時点のFIFAランク。

Pot 1 Pot 2 Pot 3 Pot 4

 オーストラリア (63) (開催国)
 イラン (42)
 日本 (48)
 ウズベキスタン (55)

 韓国 (60)
 アラブ首長国連邦 (61)
 ヨルダン (66)
 サウジアラビア (75)

 オマーン (81)
 中国 (98)
 カタール (101)
 イラク (103)

 バーレーン (106)
 クウェート (110)
 北朝鮮 (133)
TBD - AFCチャレンジカップ2014優勝

グループリーグ[編集]

日程は2013年3月27日に発表された[4][16]

グループA[編集]

 オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0
 韓国 0 0 0 0 0 0 0 0
 オマーン 0 0 0 0 0 0 0 0
 クウェート 0 0 0 0 0 0 0 0
2015年1月9日

オーストラリア  Match 1  クウェート メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム, メルボルン

2015年1月10日

韓国  Match 2  オマーン キャンベラ・スタジアム, キャンベラ

2015年1月13日

クウェート  Match 9  韓国 キャンベラ・スタジアム, キャンベラ

2015年1月13日

オマーン  Match 10  オーストラリア スタジアム・オーストラリア, シドニー

2015年1月17日

オーストラリア  Match 17  韓国 ブリスベン・スタジアム, ブリスベン

2015年1月17日

オマーン  Match 18  クウェート ニューカッスル・スタジアム, ニューカッスル

グループB[編集]

 ウズベキスタン 0 0 0 0 0 0 0 0
 サウジアラビア 0 0 0 0 0 0 0 0
 中国 0 0 0 0 0 0 0 0
 北朝鮮 0 0 0 0 0 0 0 0
2015年1月10日

ウズベキスタン  Match 3  北朝鮮 スタジアム・オーストラリア, シドニー

2015年1月10日

サウジアラビア  Match 4  中国 ブリスベン・スタジアム, ブリスベン

2015年1月14日

北朝鮮  Match 11  サウジアラビア メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム, メルボルン

2015年1月14日

中国  Match 12  ウズベキスタン ブリスベン・スタジアム, ブリスベン

2015年1月18日

ウズベキスタン  Match 19  サウジアラビア メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム, メルボルン

2015年1月18日

中国  Match 20  北朝鮮 キャンベラ・スタジアム, キャンベラ

グループC[編集]

 イラン 0 0 0 0 0 0 0 0
 アラブ首長国連邦 0 0 0 0 0 0 0 0
 カタール 0 0 0 0 0 0 0 0
 バーレーン 0 0 0 0 0 0 0 0
2015年1月11日

イラン  Match 5  バーレーン メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム, メルボルン

2015年1月11日

アラブ首長国連邦  Match 6  カタール キャンベラ・スタジアム, キャンベラ

2015年1月15日

バーレーン  Match 13  アラブ首長国連邦 キャンベラ・スタジアム, キャンベラ

2015年1月15日

カタール  Match 14  イラン スタジアム・オーストラリア, シドニー

2015年1月19日

イラン  Match 21  アラブ首長国連邦 ブリスベン・スタジアム, ブリスベン

2015年1月19日

カタール  Match 22  バーレーン スタジアム・オーストラリア, シドニー

グループD[編集]

 日本 0 0 0 0 0 0 0 0
 ヨルダン 0 0 0 0 0 0 0 0
 イラク 0 0 0 0 0 0 0 0
TBD - AFCチャレンジカップ2014優勝 0 0 0 0 0 0 0 0
2015年1月12日

日本  Match 7 TBD - AFCチャレンジカップ2014優勝 ニューカッスル・スタジアム, ニューカッスル

2015年1月12日

ヨルダン  Match 8  イラク ブリスベン・スタジアム, ブリスベン

2015年1月16日

TBD - AFCチャレンジカップ2014優勝 Match 15  ヨルダン メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム, メルボルン

2015年1月16日

イラク  Match 16  日本 ブリスベン・スタジアム, ブリスベン

2015年1月20日

日本  Match 23  ヨルダン メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム, メルボルン

2015年1月20日

イラク  Match 24 TBD - AFCチャレンジカップ2014優勝 キャンベラ・スタジアム, キャンベラ

決勝トーナメント[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
1月22日 - メルボルン        
 グループA1位  
1月26日 - シドニー
 グループB2位    
 Match 25の勝者  
1月23日 - シドニー
   Match 27の勝者    
 グループC1位  
1月31日 - シドニー
 グループD2位    
 Match 29の勝者  
1月22日 - ブリスベン
   Match 30の勝者  
 グループB1位  
1月27日 - ニューカッスル
 グループA2位    
 Match 26の勝者   3位決定戦
1月23日 - キャンベラ
   Match 28の勝者    
 グループD1位    Match 29の敗者  
 グループC2位      Match 30の敗者  
1月30日 - ニューカッスル

準々決勝[編集]

2015年1月22日

グループA1位 Match 25 グループB2位 メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム, メルボルン

2015年1月22日

グループB1位 Match 26 グループA2位 ブリスベン・スタジアム, ブリスベン

2015年1月23日

グループC1位 Match 27 グループD2位 スタジアム・オーストラリア, シドニー

2015年1月23日

グループD1位 Match 28 グループC2位 キャンベラ・スタジアム, キャンベラ

準決勝[編集]

2015年1月26日

Match 25の勝者 Match 29 Match 27の勝者 スタジアム・オーストラリア, シドニー

2015年1月27日

Match 26の勝者 Match 30 Match 28の勝者 ニューカッスル・スタジアム, ニューカッスル

3位決定戦[編集]

2015年1月30日

Match 29の敗者 Match 31 Match 30の敗者 ニューカッスル・スタジアム, ニューカッスル

決勝[編集]

2015年1月31日

Match 29の勝者 Match 32 Match 30の勝者 スタジアム・オーストラリア, シドニー

賞金[編集]

今大会から3位までのチームには総額1千万ドルの賞金が与えられる。なお、前回大会まではアジアカップに賞金は出なかった。[17]

脚注[編集]

  1. ^ “AFC Delegates Arrive To Inspect Australia's 2015 Asian Cup Bid”. Goal.com. (2009年9月7日). http://www.goal.com/en/news/808/australia/2009/09/07/1485365/afc-delegates-arrive-to-inspect-australias-2015-asian-cup 2009年12月16日閲覧。 
  2. ^ A-League break likely for Asian Cup”. theroar.com.au. 2013年4月17日閲覧。
  3. ^ Australia 2015 venues and match schedule unveiled”. アジアサッカー連盟 (2013年3月26日). 2013年3月27日閲覧。
  4. ^ a b Venues and Match Schedule”. footballaustralia.com.au. 2013年4月17日閲覧。
  5. ^ “Cities fight for Asian Cup motza: Asian Cup”. スペシャル・ブロードキャスティング・サービス. (2010年7月25日). http://theworldgame.sbs.com.au/asian-cup/news/1015189/Cities-fight-for-Asian-Cup-motza 2011年1月31日閲覧。 
  6. ^ Brisbane”. Climate statistics for Australian locations. オーストラリア気象局. 2013年4月17日閲覧。
  7. ^ Climate statistics for Australian locations”. オーストラリア気象局. 2013年4月17日閲覧。
  8. ^ Melbourne Regional Office”. Climate statistics for Australian locations. オーストラリア気象局. 2013年4月17日閲覧。
  9. ^ Newcastle Nobbys Signal Station AWS”. Climate statistics for Australian locations. オーストラリア気象局. 2013年4月17日閲覧。
  10. ^ Sydney (Observatory Hill)”. Climate statistics for Australian locations. オーストラリア気象局. 2013年4月17日閲覧。
  11. ^ “サッカーアジア杯3位までシード AFC理事会”. 共同通信社. (2010年11月24日). http://www.47news.jp/news/2010/11/post_20101124192901.html 2010年12月6日閲覧。 
  12. ^ a b “次回大会へは上位3チームのみが予選を免除”. アジアサッカー連盟公式サイト. (2011年1月24日). http://www.the-afc.com/jp/afc-asian-cup-news/inside-afc-asian-cup/32914-automatic-bye-to-2015-finals-for-top-three- 2011年1月26日閲覧。 
  13. ^ Boost to AFC Asian Cup 2015”. アジアサッカー連盟 (2012年3月22日). 2012年3月28日閲覧。
  14. ^ AFC Asian Cup draw set for March 26 at Sydney Opera House”. AFC (2013年12月6日). 2014年3月14日閲覧。
  15. ^ Asian Cup 2015 draw mechanism revealed”. AFC (2014年3月17日). 2014年3月26日閲覧。
  16. ^ Match Schedule AFC Asian Cup Australia 2015”. AFC. 2013年4月17日閲覧。
  17. ^ “次回大会から賞金検討 総額8億2千万円 AFCハマム会長”. 共同通信社. (2011年1月29日). http://megalodon.jp/2011-0203-0718-41/sankei.jp.msn.com/sports/news/110129/scr11012921030017-n1.htm 2011年1月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]