奇誠庸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奇 誠庸 Football pictogram.svg
Ki Sung-Yueng from acrofan.jpg
名前
愛称 Kirrard[1]
カタカナ キ・ソンヨン
ラテン文字 Ki Sung-Yong
ハングル 기성용
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
生年月日 1989年1月24日(25歳)
出身地 韓国の旗光州広域市
身長 187cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム ウェールズの旗 スウォンジー
ポジション MF
背番号 4
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2009
2010-2012
2012-
2013-2014
韓国の旗 FCソウル
スコットランドの旗 セルティック
ウェールズの旗 スウォンジー
イングランドの旗 サンダーランド (loan)
64 (7)
66 (9)
30 (0)
27 (3)
代表歴2
2008- 韓国の旗 韓国 60 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年8月4日現在。
2. 2014年8月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
セルティックでプレーする奇誠庸

奇 誠庸キ・ソンヨン기성용1989年1月24日 - )は、韓国出身の同国代表サッカー選手

経歴[編集]

中学高校時代の5年間をオーストラリアジョンポール・アカデミーでユースサッカー教育を受け帰国[2]

2006年FCソウルに入団。2007年トルコ代表FIFAワールドカップ・日韓大会で3位に導いたシェノル・ギュネシュがソウルの監督に就任すると、気に入られレギュラーを獲得。[3]

代表では全世代を経験しており、FIFA U-20ワールドカップ北京オリンピックにも出場している。2008年6月7日のW杯予選ヨルダン戦でフル代表に19歳でデビューして、中盤のレギュラーを獲得。同年9月10日の北朝鮮戦で代表初ゴールを記録。韓国代表がW杯出場を決めた2009年6月6日のUAE戦でもダメ押しゴールを決めた。

2009年の夏に横浜F・マリノスが獲得に動いたが、FCソウル側の激しい引き止めにあい日本への移籍は叶わなかった[4]。 2009年12月13日にセルティックと契約。契約期間は4年間で、移籍金はおよそ200万ポンド(約3億円)。 移籍当初はレギュラーとして出場していたが、3月頃からレギュラーを外され不本意な成績に終わった。翌シーズンの2010-2011シーズンは月間最優秀若手選手を受賞するなど活躍している[5]

2010年12月27日に行われたセント・ジョンストン戦では、0-0のまま後半ロスタイムに突入する中、車ドゥリと奇がそれぞれゴールを決め2-0の勝利の貢献した。セルティックでの初の韓国人アベックゴールとなった。[6]

AFCアジアカップ2011では韓国のベスト4入りに貢献を果たし、マルカガゼッタ・デロ・スポルトの2紙からはベストイレブンに選ばれた[7]

2011年5月21日に行われたスコティッシュカップ決勝のマザーウェル戦で左足の強烈なミドルシュートを決め、セルティックの優勝に貢献。この試合の最優秀選手に選ばれた[8]

2012年8月24日、スウォンジ・シティAFCの移籍が決定[9]。なお、韓国側がこの契約に20試合先発出場させるというオプションを入れさせていたことが判明している[10]。2012-13シーズンは公式戦38試合に出場、クラブ初タイトルとなるリーグカップ制覇にも貢献した。

翌シーズンはジョンジョ・シェルヴェイなど同じポジションにライバル選手が加入した影響を受け、2013年8月31日、サンダーランドAFCにレンタル移籍した[11]

2013年7月、8歲年上で女優の韓恵珍と挙式。

エピソード[編集]

猿真似パフォーマンス騒動[編集]

2011年1月25日AFCアジアカップ2011準決勝「日本対韓国戦」において、奇は前半にPKで得点した後、ゴールパフォーマンスで「猿」の物真似を行った。「猿」は近年の韓国社会において日本人を侮辱するときに多用される蔑称であることから、韓国のメディアや韓国ネチズンの間でその行為が波紋を呼んだ[12]。試合後、奇は韓国メディアの取材に対し、試合の前から用意していた猿真似だったと語っていたが[13]、その後に自身のTwitterで「観客席の旭日旗を見て涙が出た。私も選手の前に大韓民国国民です…」と発言、旭日旗に腹が立ったことを理由に故意に上記のパフォーマンスを行ったことを主張した。韓国ネチズンの間では「旭日旗に復讐しただけ」という賛成意見が大勢を占めるようになった。一方「スコティッシュ・プレミアリーグで猿真似で人種差別された奇誠庸はやってはならなかった」等という反対意見もあった[12]。しかし実際には、観客席のどこにも旭日旗などなかった[14]

韓国国内の騒動を受け、日本のメディアでもこの騒動が報道された。日本サッカー協会(JFA)は、大韓サッカー協会(KFA)に対し、奇への聞き取り調査を依頼したところ、奇自身が「あのパフォーマンスは日本人に対してではない。セルティックでプレーしていて、相手のサポーターから韓国人ということで猿呼ばわりされている。そういう差別発言をする人たちに向けてやった」と前言の旭日旗に関する発言を翻し、KFAも「結果として日本の皆さんに誤解を与えることになり、申し訳なく思う」と謝罪したため、JFAは正式な抗議を行わないことにした[15]

この騒動は日韓間にとどまらず、本人がプレーしているスコットランドやその他海外の国々にも飛び火した。イギリスのタブロイド紙ザ・サンは「Cheeky monKI(生意気な猿=奇)」と銘打った記事で痛烈に批判した。同紙は「(奇誠庸は)スコットランドのサポーターを人種差別者として告発することで苦い国際的確執から脱出しようとした」と奇の説明を批判的に報道したほか、イギリスのサッカー場での人種差別行為を監視する団体SRTRCの幹部が奇の説明を疑問視していることも紹介している[16]。猿真似を正当化する理由がなくなると、奇は「もう死にたい」と言いだしたとのこと[14]

この試合を取材していた産経新聞のカメラマンは「日本側の応援席で旭日旗を見た記憶はない。断言はできないが、少なくとも目につくような大きさの旭日旗は見なかった。」と証言している[17]。また、2011年1月27日に放送されたテレビ朝日ワイド!スクランブルでは、旭日旗が掲げられた応援席の写真を映しながら「歴史的な日韓の葛藤」を論拠に奇の行為を擁護した。しかしその写真が2010 FIFAワールドカップの日本対オランダ戦の時のもので、試合当日のものではなかったため、「韓国の報道を検証なしに引用したため間違ってしまった」と翌日の番組で謝罪・訂正することになった[18]

そして次の日韓戦となった2011年8月10日に行われた日韓親善試合の前日の記者会見で、日本の取材陣からこの時の騒動の釈明を求められると、奇は「当時あまりにも競技が激しかったし…。複合的な理由があった。しかし過去の事であり忘れていた。」と発言した後、会見途中で席を外した。[19]

その後、2012年8月20日に放送された韓国SBS『ヒーリングキャンプ-嬉しくないのか』にて、「その時、当時の試合で旭日昇天旗があった。日本は見せてはいけないのにそれがあった。それを見て情けなかったし、思わず(カッとした心で)猿セレモニーが出てきた」と再び発言を翻した。また、「人々は猿セレモニーを見て『間違いだ。まだ幼い。未熟だ』と言ったが、私もやはり人間で感情があって表現が出てきた」と説明した[20]

この騒動について、サッカー評論家の金子達仁は、日本人に対する差別的行為を非難できる韓国人がいたことに驚かされたとスポーツニッポンに寄稿している[21]

韓国代表監督嘲笑騒動[編集]

2012年6月1日、自身のTwitterに「リーダーはどっしりとするべきである。そして抱擁することができなければならない。すべての人を敵にするのはリーダーの資格が無い」と書き込んだ。これを受けて奇誠庸が批判した対象は崔康熙韓国代表監督という推測が広がって議論が起き、これに対して奇は「説教の中の話」と釈明したが、facebookでも「僕ら海外組の重要性は分かっているはずだ。僕たちをなめてはいけない。今のままでは痛い目にあうぞ」などと発言していることが発覚し、7月5日に監督批判ではないという主張を翻し、崔に謝罪した[22]

大韓民国国旗法違反騒動[編集]

2014年5月28日、ソウルで行われたチュニジアとの親善試合の開始前、韓国代表の選手たちはピッチでセウォル号沈没事故犠牲者のため黙祷し、国旗に敬礼するなどした。この際、奇だけが他の選手たちとは違い、左手を上げて右胸に当てていたのだが、これが大韓民国国旗法第6条「国旗に対する敬礼は立ち上がって国旗に向かい、右手を広げて左胸に当て国旗に注目するか、挙手敬礼しなければならない」に反するものだったとして非難を浴びた[23]。その後、メディアの取材に応じた奇は「深く反省している。申し訳ない」と謝罪した[24]。また、6月10日のワールドカップ前の親善試合で同じワールドカップ出場国であるガーナのFWワリスに猛烈なバックタックルを食らわせ批判を浴び[25]、さらに6月17日の本大会第一戦ロシア戦でもサメドフに対してスパイクの裏が当たるような格好でスライディングをし批判を浴びた[26]

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 サンダーランドAFC  2013-2014

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2006 FCソウル Kリーグ 0 0 0 0 0 0 0 0
2007 40 16 0 3 0 6 0 25 0
2008 17 21 4 1 0 6 0 28 4
2009 27 3 1 0 4 1 32 4
スコットランド リーグ戦 S・リーグ杯 スコティッシュ杯 期間通算
2009-10 セルティック 18 S・プレミア 10 0 0 0 0 0 10 0
2010-11 26 3 4 1 3 0 33 4
2011-12 27 6 1 0 3 0 31 6
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2012-13 スウォンジ・シティ 24 プレミア 29 0 2 0 7 0 38 0
2013-14 1 0 0 0 0 0 1 0
サンダーランド 4 27 3 6 1 1 0 34 4
通算 韓国 1部 64 7 5 0 16 1 92 8
スコットランド S・プレミア 62 9 4 1 3 0 69 10
イングランド プレミア 57 3 8 1 8 0 73 4
総通算 183 19 17 2 27 1 227 22
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2009 FCソウル 17 7 1 -
通算 AFC 7 1

その他の国際公式戦

タイトル[編集]

チームタイトル[編集]

FCソウル
セルティック
スウォンジ・シティ

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 45試合 5得点(2008年 - )

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2008年9月11日 上海虹口足球場,上海,中国 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 △ 1-1 2010 FIFAワールドカップ・アジア最終予選
2. 2008年10月11日 水原ワールドカップ競技場,水原市,韓国 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン ○ 3-0 親善試合
3. 2009年6月6日 アル・マクトゥームスタジアム, ドバイ,アラブ首長国連邦 アラブ首長国連邦の旗 UAE ○ 2-0 2010 FIFAワールドカップ・アジア最終予選
4. 2009年10月14日 ソウルワールドカップ競技場,ソウル,韓国 セネガルの旗 セネガル ○ 2-0 親善試合
5. 2011年1月25日 アル・ガラファ・スタジアム,ドーハ,カタール 日本の旗 日本 ● 2-2(PK0-3) AFCアジアカップ2011

脚注[編集]

  1. ^ Swansea midfielder Ki proud after beating idol Gerrard in Capital One Cup clash - Goal.com
  2. ^ Ki Sung-Yueng | Player Profile | Korea Republic | 2010 Teams(英語)
  3. ^ http://www.skysports.com/story/0,19528,11661_2732885,00.html
  4. ^ 韓国代表MF寄誠庸の獲得断念…横浜M スポーツ報知
  5. ^ Ki Sung Yueng wins October young player prize
  6. ^ 2010年12月27日セント・ジョンストン戦、車ドゥリはSPL初ゴール
  7. ^ アジア杯ベスト11世界各国媒体まとめ
  8. ^ Celtic lift the 2011 Scottish Cup
  9. ^ スウォンジー、キ・ソンヨン加入を発表
  10. ^ ラウドルップの誤解のためにキ·ソンヨンを失ったsportal korea 2014年1月22日
  11. ^ サンダーランド、キ・ソンヨンを獲得
  12. ^ a b 猿のセレモニー人気キソンヨン、"旭日勝天見たら涙..."(朝鮮語)東亜日報 2011年1月26日
  13. ^ 猿まねキソンヨン、懲戒? FIFAの立場は... OSEN 2011年1月27日
  14. ^ a b 室谷克実三橋貴明『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』PHP研究所
  15. ^ 韓国協会に抗議せず=日本サッカー協会 時事通信2011年1月27日、1月28日閲覧
  16. ^ Cheeky monKI
  17. ^ 韓国のサッカー選手がサルの物まねで日本人を侮辱した理由は?
  18. ^ “テレ朝報じた「サルまね」旭日旗、実はW杯時の映像だった…同局が訂正、謝罪”. 産経新聞. (2011年1月28日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110128/scr11012814040012-n1.htm 
  19. ^ 터치라인 '日 원숭이 논란' 기성용, 취재진 질문에…(タッチライン 日猿の奇誠庸、取材陣の質問に…)、スポーツソウル 2011年8月10日
  20. ^ キ・ソンヨン「韓日戦猿セレモニー、日章旗見てカッとした ニュースエン(韓国語)
  21. ^ 新時代に突入 アジア杯と日韓関係
  22. ^ <サッカー> 奇が謝罪「すべて自分の過ち」 中央日報
  23. ^ サッカー:奇誠庸、試合前にまさかのファウル 朝鮮日報 2014年5月29日
  24. ^ 韓国代表MFの奇誠庸、「左手敬礼」の大失態を謝罪 SANSPO.COM 2014年5月30日
  25. ^ 「ニセ背番号」のW杯韓国代表、ガーナに0-4完敗サンケイスポーツ 2014年6月11日
  26. ^ W杯、「韓国人はアジアの恥だ」・・・再びのラフプレーに「韓国人の本性が現れた」の声まで=中国ネットサーチナ 2014年6月19日