ゴールパフォーマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
得点後に歓喜する選手達

ゴールパフォーマンスは、サッカーの試合において選手が得点を決めた後に行う表現方法である[1]。得点後のパフォーマンスには「拳をあげる」「両手を広げる」といったシンプルに喜びを表現するものから、複数の選手が絡む趣向を凝らしたアイデアの物まで様々な種類があり、サッカー観戦における娯楽の一つとなっている[2]ゴールセレブレーション英語: goal celebration)と呼ばれる場合もあり[3][4]日本サッカー協会ではそれを直訳した「得点の喜び」という言葉を用いている[5]

経緯[編集]

ボディランゲージを伴った意志伝達や感情の表現方法については国や地域の文化や生活習慣によって認識に差異があり[1][2]、例えばイギリス[6]ドイツ[7]をはじめとした北ヨーロッパ東アジアなどの国々では、成人が感情を率直に表現する行為は幼稚か未成熟さの表れと見做されている[1]。これに対し、イタリア[8]スペイン[9]といった地中海沿岸のラテン系の国々や南米のブラジル[10]などでは成人が社会的な制約もなく外向的に振舞うことが許容されている[1]

「ラテン系の選手の行為は初めのうちは嘲笑の対象となっていたが、次第に北ヨーロッパの選手たちも自制心を捨てざる得なくなった。そしてそれが自然なこととなった。得点という最高の状況に相応しいのはラテン式の表現であって、文化的に抑制された北ヨーロッパ式の儀礼ではなかったのである[11]
- デズモンド・モリス

第二次世界大戦前に得点後のパフォーマンスは目立ったものは存在せず、選手同士が握手をしたり得点者の肩を叩いて祝福する程度のものだったという[1]。戦後、各国のサッカークラブの間での選手移籍が活発化し[1]テレビ放送の普及や航空機を使用した国際便の就航によりグローバル化が進み[1]、異なる国や地域の選手の表現方法を目の当たりにする機会が増加した[11]

選手による率直的な表現方法が普及すると、そのなかでも新しい情報に対し閉鎖的[12]であり公共の場で他者とのボディコンタクトを避ける傾向が強い[12]といわれるイギリスの社会は衝撃を受け、長きに渡って「スポーツマン精神に反する」として非難の対象となった[13]。一方で、自制心が強いとされるヨーロッパ北部の国の選手達もラテン系の選手達に倣って喜びの感情を表現するようになった[11]

こうした中、いつどこで誰が特別なゴールパフォーマンスを始めたのかは定かでないが[13]1966年にイングランドで開催された1966 FIFAワールドカップの際に9得点を挙げて得点王となったポルトガル代表エウゼビオが行ったパフォーマンスが大きな影響を与えたと言われている[13]。サッカージャーナリストの大住良之はエウゼビオの得点後に大きく飛び上がり握り締めた拳を空に向かって突き出すパフォーマンス[14]が世界中へと広まり、特別なパフォーマンスが行われるようになった、との説を採っている[14]

選手によるパフォーマンスは、一時的な流行に留まらず1970年代に入った後も様々なバリエーションを生み出すなど[14]サッカー文化の一部として定着している[11]

特徴[編集]

イギリス動物学者であるデズモンド・モリス1983年に出版した著書『サッカー人間学-マンウォッチング2』の中で、ゴールパフォーマンスの基本的なパターンについて以下のものを挙げている。

疾走
得点者がピッチを駆け回る表現。興奮のあまり大きく口を開け、両手を突き出し、カンガルーの様に走りながら飛び跳ねまわるといった行為も伴う[15]
片手を使った表現
片手を頭上に突き出す表現としては人差し指を突き出すパターン[16]、手の平を伸ばす敬礼風のパターン[16]、握りこぶしを突き出すパターンなどがある[16]
両手を使った表現
両手を広げたり頭上に突き出す表現は最も一般的な表現方法とされる[16]。両手を頭上に突き出した選手が飛び上がれば得点者の存在を相手により大きく誇示することが出来る[16]。この他には両手の人差し指を天に向けるパターンなどもある[17]
ダンス
表現手法としては変則的なもので、先住民による戦勝の儀式を模したもの、駆け足行進、両足を小刻みに動かしてステップを踏むものなどのパターンがある[16]
抱擁
得点者に他の選手が駆け寄り抱きしめる表現[18]。得点者の脚に抱きつくパターンや[18]、得点者に抱きつく勢いが余ってピッチに転倒させるパターン[18]、得点者の髪の毛をかき乱すなどのパターンもあり[19]、こうした表現には他の選手も次々に加わり互いの肩に手を回し大きな集団を形成する[18]
接吻
得点者の額や頬に唇を接触させる表現[19]。文化圏によっては男性同士でも親愛の情を示すスキンシップとして認知されている場合もあれば、タブー視される場合もある[19]

規則[編集]

国際サッカー連盟 (FIFA) は競技規則の第12条の中で「得点時の選手によるパフォーマンスは過剰であってはならない」と定めている[20]。規則では適度な表現方法は認められているものの[20]、過剰な表現により時間が浪費され試合進行が妨げられる場合は、審判が介入してパフォーマンスの中止を命ずることが出来る[20]。このほか「相手に対し挑発的な態度を取る[20]」「得点後に周辺のフェンスによじ登る[20]」「ユニフォームを脱ぐか、頭部をユニフォームで覆い隠す[20]」「頭部を覆面か、それに類似したアイテムで覆い隠す[20]」行為を行った選手は警告の対象となっている[20]。また「ピッチ外へ飛び出して喜びを表現する」行為は本来は警告の対象とはならないが[20]、選手達を速やかにピッチ内に誘導するように定めている[20]

各国の事例[編集]

ヨーロッパ[編集]

アイスランドの旗 アイスランド

ストヤルナンFCの選手達は得点後に独特なパフォーマンスを行うことで国際的に知られている[21][22]。有名な物では、選手の一人が釣り人に扮し、に見立てた選手を吊り上げると、魚に見立てた選手を皆で抱き上げて記念撮影を撮る「釣りパフォーマンス」がある[21][22]。このほか、「を乱射するパフォーマンス」や「人間自転車」などの様々なバリエーションがある[21]
「私はあの時の疾走も、絶叫も覚えていない。あの場面を再びビデオで観た時の記憶だけが残っている。しかし、あの瞬間、私の心の中は大小様々な感情が入り混じり狂喜に包まれていたことは覚えている[23]
- マルコ・タルデッリ

イタリアの旗 イタリア

マルコ・タルデッリ1982 FIFAワールドカップ決勝の西ドイツ戦において決勝点を決めた際に、両手の拳を握り締め、雄叫びを上げながらピッチを疾走するパフォーマンスを行った[24][25][26]。この場面は「l'urlo di Tardelli」(タルデッリの雄叫び)と呼ばれている[26]

イングランドの旗 イングランド

ポール・ガスコインUEFA欧州選手権1996グループリーグ第2戦のスコットランド戦において「歯医者の椅子」と呼ばれるパフォーマンスを行った[25]。これはガスコインがピッチに大の字になって寝転んだところに、チームメイトが給水用のペットボトルを持って駆け寄り、彼の大きく開けた口に水を流し込むという物だった[25]。このほか、ピーター・クラウチはロボット・ダンスのパフォーマンスで知られている[25]
ジミー・ブラードハル・シティFC在籍時の2009年11月に行われたマンチェスター・シティFC(以下、マンC)戦で得点を決めた際に、チームメイトを座らせて説教をするパフォーマンスを行った[27]。これは前年に行われたマンC戦で大敗を喫した際のフィル・ブラウン監督の姿を模倣したものだという[27]

スウェーデンの旗 スウェーデン

トマス・ブロリンは得点後に拳を高くあげて、体を素早く横に回転させるパフォーマンスを行っていたが、スウェーデンではこの技をバレエの技術になぞらえて「ピルエット」と呼んでいた[28]

スペインの旗 スペイン

キコは得点後に両膝をつきながら両手でを射るようなポーズをとる「アルケロ」(スペイン語: Arquero)と呼ばれるパフォーマンスを行っていたが[29]、このパフォーマンスはフェルナンド・トーレスダニエル・ゴンサレス・グイサによって模倣されている[30][31]。また、ラウル・ゴンサレスは得点後に結婚指輪にキスをするパフォーマンスや両指を使って背番号を指すパフォーマンスを行っている[32]

ドイツの旗 ドイツ

ユルゲン・クリンスマントッテナム・ホットスパーFC在籍時にヘッドスライディングの様な格好でピッチを滑るパフォーマンスを行った[25]が、これはクリンスマンが相手の反則を故意に誘う「ダイビング」を頻繁に行う選手として知られていたことに由来している[25]。トッテナム加入前に行われた1994 FIFAワールドカップ準々決勝のブルガリア戦でも「ダイビング」の反則を犯したため、国際的な批判を受けていた[33]

フランスの旗 フランス

エリック・カントナマンチェスター・ユナイテッドFC在籍時の1996年12月21日に行われたサンダーランドAFC戦で得点を決めた際に、感情を表さずに観衆の反応を360度見渡した後に胸を張り悠然と両手を掲げるパフォーマンスを見せた[34]。一見すると傲慢とも取られる行為だが[34]、「あの様なパフォーマンスの似合う選手は彼しかいない」と評する者もいる[35]

南米[編集]

アルゼンチンの旗 アルゼンチン

ディエゴ・マラドーナは1994 FIFAワールドカップのグループリーグ初戦のギリシャ戦で得点を決めた際に、ビデオカメラに向かって駆け寄り、興奮した目つきで吼えかかるパフォーマンスを行った[26]。しかし第2戦のナイジェリア戦終了後のドーピング検査で尿からエフェドリンを含む5種類の禁止薬物が検出され、大会からの追放処分を受けた[26]

エクアドルの旗 エクアドル

イバン・カビエデス2006 FIFAワールドカップコスタリカ戦で得点を決めた際に、黄色の覆面を被る「スパイダーマン」のパフォーマンスを行った[36]。このパフォーマンスはエクアドル国内でオティリノ・テノリオスペイン語版が実践し人気を集めていたが2005年に交通事故により死去したため[36]、カビエデスがテノリオの「ワールドカップの舞台で得点を決め、覆面パフォーマンスを行う」という夢を引き継いだ[36]

ブラジルの旗 ブラジル

ベベットアメリカ合衆国で行われた1994 FIFAワールドカップ準々決勝のオランダ戦で得点を決めた際に、赤ん坊を抱える様な格好で両手を左右に揺らす「揺り籠」のパフォーマンスを行った[26]。これは試合の数日前にベベットの妻が第3子を出産したことを祝福する意味があり[26]ロマーリオマジーニョもこのパフォーマンスに加わった[26]。このパフォーマンスは世界各国の選手達に模倣されている[37]

北中米[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ブランディ・チャスティン英語版1999 FIFA女子ワールドカップ決勝のアメリカ中国戦で、PK戦の5人目のキッカーとしてシュートを決め、アメリカを優勝に導いた[38]。その際にチャスティンはユニフォームを脱ぎ捨て、スポーツブラの格好のまま脱いだユニフォームを振り回しガッツポーズをとるパフォーマンスを行った[38]。このチャスティンによるパフォーマンスは『ニューズウィーク』誌や『タイム』誌などの表紙に選ばれたほか[38]、「女子選手が大観衆や視聴者の前で自らユニフォームを脱いだ」行為が論議となり[38]、「彼女が着用していたスポーツブラの宣伝のための計画的行為」とする説も流付した[38]

メキシコの旗 メキシコ

ウーゴ・サンチェスは得点後に後方宙返りのパフォーマンスを見せることで知られていたが[39]、これは体操競技選手であり1976年に行われたモントリオールオリンピック代表選手だった彼の姉妹に敬意を表したものである[39]。サンチェスはアクロバティックなパフォーマンスをサッカー界に初めて導入し普及させた選手とされ[37]2000年代以降ではナイジェリアジュリアス・アガホワアイルランドロビー・キーンらがサンチェスとは異なる技を披露している[37][40]

アフリカ[編集]

カメルーンの旗 カメルーン

ロジェ・ミラ1990 FIFAワールドカップにおいて得点を決めるたびにコーナーフラッグ付近へ駆け寄り、右手を掲げ腰をくねらせて踊る「マコッサ・ダンス」と呼ばれるパフォーマンスを行った[41][42]マコッサとはカメルーンの伝統的な音楽に由来している。

アジア[編集]

日本の旗 日本

日本サッカーリーグ時代には釜本邦茂が拳をあげて飛び上がるパフォーマンスを行ったが[14]、これは1966年にイングランドで開催されたワールドカップでポルトガルのエウゼビオがみせたパフォーマンスを模倣したものである[14]Jリーグが開幕した1993年以降では三浦知良が両足でサンバのダンスの様に細かいステップを踏む「カズダンス」と呼ばれるパフォーマンスを行っているが[43]、これはブラジルのカレカが得点後に行っていたパフォーマンスに影響を受けたのだという[43]。2000年代以降ではサンフレッチェ広島に所属する選手達が趣向を凝らしたパフォーマンスを行っている[44]。このほか、長友佑都の「お辞儀」や藤本主税の「阿波踊り」の様に日本の伝統文化に基づいたパフォーマンスを行う選手もいる[45][46]

問題となった事例[編集]

ヨーロッパ[編集]

イタリアの旗 イタリア

パオロ・ディ・カーニオSSラツィオ在籍時の2000年代に、得点を決めた際には片手を伸ばすローマ式敬礼のパフォーマンスを行っていたため論争となった[47][48]。ラツィオは第二次世界大戦前にファシスト党の影響下にあったクラブであり[48]、ディ・カーニオはラツィオサポーターの一員として育った経緯から極右思想の持ち主だが、本人は「私はファシストだが、人種差別主義者ではない」と主張している[47]

イングランドの旗 イングランド

ロビー・ファウラーリヴァプールFC在籍時の1999年4月3日に行われたエヴァートンFCとのダービーマッチで得点を決めた際に、ピッチに両膝をつきコカインを鼻から吸引する姿を模倣したパフォーマンスを行った[49]。この行為に対してフットボール・アソシエーション (FA) はファウラーに対し4試合の出場停止処分と32,000ドルの罰金を課した[49]

ギリシャの旗 ギリシャ

AEKアテネFCに所属するヨルゴス・ カティディス英語版2013年3月16日に行われたベリアFC英語版戦において決勝点を決めた際に、背筋を伸ばして右手を掲げるナチス式敬礼のパフォーマンスを行った[50]ギリシャサッカー連盟英語版は「彼の行為は常軌を逸するのみならず、ナチスドイツによる犠牲者に対して敬意を欠いたものである」と問題視[50]。翌3月17日、カティディスをギリシャ代表から永久追放[50]すると共に、50,000ユーロの罰金を課した[51]

北中米[編集]

メキシコの旗 メキシコ

CDグアダラハラに所属するマルコ・ファビアン2011年10月15日に行われたCDエストゥディアンテス・テコス英語版戦で得点を決めた際、駆け寄ってきたアルベルト・メディナ英語版の眉間に人差し指を突き立て拳銃で打ち抜く真似をするパフォーマンスを行った[52]。メキシコ国内では薬物犯罪を巡る紛争により多数の死者を出していることから、このパフォーマンスが問題視され[52]、 クラブは両者にそれぞれ5万メキシコ・ペソ(約28万円)の罰金を科した[52]

アフリカ[編集]

エジプトの旗 エジプト

アル・アハリに所属するアフマド・アブドゥル・ザヘルフランス語版は2013年11月10日に行われたCAFチャンピオンズリーグ決勝のオーランド・パイレーツ戦で得点を決めた際、親指以外の4本の指を突き立てるパフォーマンスを行った[53][54]。これはアラビア語で「ラバア」といい数字の4を示すと共に、同年8月に治安部隊との衝突で600人以上が亡くなったラバア・アル=アダウイヤ広場を意味するもので、暫定政府に反対する象徴となっている[53][54]。ザヘルは政治的意図はないと主張したが、クラブは同選手の出場停止と事情聴取が終わるまでの間、給与を支払わないないことを発表した[53]

アジア[編集]

イランの旗 イラン

ペルセポリスFCに所属するモハメド・ノスラティ英語版は2011年10月29日に行われたSCダマシュ・ギラン戦でチームメイトが先制点を決めた際、抱き合って祝福していたシェイズ・レザエイ英語版の背後に近寄りレザエイの尻に指でカンチョー悪戯をした[55]。 この模様はテレビで生放送されていたこともあって問題視され、イラン・イスラム共和国サッカー連盟はノスラティに対し無期限出場停止処分と40,000ドルの罰金を科した[55]。またレザエイもチームが3-2と勝ち越した得点の際に他の選手の股間を触る行為があったとして同様の処分が下った[55]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g モリス 1983、164頁
  2. ^ a b 大住 2010、165頁
  3. ^ ゴールセレブレーション 【ゴールセレブレイション】”. コトバンク. 2014年1月12日閲覧。
  4. ^ ゴール‐セレブレーション【goal celebration】”. goo辞書. 2014年1月12日閲覧。
  5. ^ 審判員のための追加指示およびガイドライン (PDF)”. 日本サッカー協会. 2014年1月12日閲覧。
  6. ^ モリスン、コナウェイ、ボーデン 1999、130頁
  7. ^ モリスン、コナウェイ、ボーデン 1999、154頁
  8. ^ モリスン、コナウェイ、ボーデン 1999、230頁
  9. ^ モリスン、コナウェイ、ボーデン 1999、409頁
  10. ^ モリスン、コナウェイ、ボーデン 1999、46頁
  11. ^ a b c d モリス 1983、165頁
  12. ^ a b モリスン、コナウェイ、ボーデン 1999、125頁
  13. ^ a b c 大住 2010、166頁
  14. ^ a b c d e 大住 2010、167頁
  15. ^ モリス 1983、166頁
  16. ^ a b c d e f モリス 1983、168頁
  17. ^ 岡田Jの心臓・長谷部 背中押してくれた祖父に誓う活躍”. 朝日新聞 (2010年6月15日). 2013年11月30日閲覧。
  18. ^ a b c d モリス 1983、169頁
  19. ^ a b c モリス 1983、170-172頁
  20. ^ a b c d e f g h i j Laws of the Game 2010/2011 (PDF)”. 国際サッカー連盟. p. 116. 2013年11月30日閲覧。
  21. ^ a b c Lorna Blount (2010年7月28日). “Is This The Best Goal Celebration Ever?”. Sky News. http://news.sky.com/skynews/Home/Strange-News/Iceland-Football-Team-Become-Internet-Sensation-After-Catch-A-Fish-Goal-Celebration/Article/201007415671760?lpos=Strange_News_First_Home_Page_Feature_Teaser_Region_0&lid=ARTICLE_15671760_Iceland_Football_Team_Become_Internet_Sensation_After_Catch-A-Fish_Goal_Celebration 2013年11月30日閲覧。 
  22. ^ a b 「釣り人」ゴール・パフォーマンスで、アイスランドのサッカーチームが大人気”. AFPBB News (2010年8月13日). 2013年12月4日閲覧。
  23. ^ Spagna '82: l'urlo di Tardelli”. LASTAMPA.it. 2007年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月30日閲覧。
  24. ^ World Cup memories: Tardelli's celebration, 1982”. CBC Sports (2010年5月13日). 2013年11月30日閲覧。
  25. ^ a b c d e f Top 10 memorable goal celebrations”. Telegraph (2008年3月3日). 2013年11月30日閲覧。
  26. ^ a b c d e f g World Cup celebrations”. ESPN Soccernet. 2010年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月30日閲覧。
  27. ^ a b Phil Brown hails Jimmy Bullard's Hull celebration”. BBC Sport (2009年11月28日). 2013年11月30日閲覧。
  28. ^ FINISHED PUBLISH 12PM UK Coca-Cola Memorable Celebrations 21: Tomas Brolin Leaps For Sweden”. Goal.com (2010年1月12日). 2013年11月30日閲覧。
  29. ^ Entrevista Francisco Narváez “Kiko”: “Mi padre era pintor de brocha gorda y gracias al fútbol le bajé del andamio y no me tuve que subir yo””. 1001 Experiencias (2012年3月4日). 2013年11月30日閲覧。
  30. ^ F・トーレスがV弾だめ押し2発/H組”. nikkansports.com (2006年6月21日). 2013年11月30日閲覧。
  31. ^ How dirty Nuria rescued one of Spain's greatest talents”. the guardian.com (2008年4月28日). 2013年11月30日閲覧。
  32. ^ ラウルがゴールパフォーマンスを変えた理由とは?”. livedoor ニュース (2007年11月3日). 2013年11月30日閲覧。
  33. ^ No.77 「ダイビング」を見極める”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1994年11月1日). 2013年11月30日閲覧。
  34. ^ a b The Joy of Six: goal celebrations”. The Guardian (2007年12月14日). 2013年11月30日閲覧。
  35. ^ OT100:カントナのゴール”. マンチェスター・ユナイテッド 公式ホームページ (2010年1月12日). 2013年11月30日閲覧。
  36. ^ a b c FIFA、カビエデスへの処分はなし”. livedoor スポーツ (2006年6月17日). 2013年11月30日閲覧。
  37. ^ a b c Bravo Bernardo, from duffer to dubber”. The Guardian (2006年11月22日). 2013年11月30日閲覧。
  38. ^ a b c d e 森田浩之 『メディアスポーツ解体 見えない権力をあぶり出す』 日本放送出版協会2009年、121-124頁。ISBN 978-4140911488
  39. ^ a b Hugo Sanchez, con alas en los pies”. univision.com. 2013年11月30日閲覧。
  40. ^ ロビー・キーンがMLSデビュー戦でゴール”. AFPBB News (2011年8月21日). 2013年12月4日閲覧。
  41. ^ Roger MILLA - Roger Milla, the pride of the Indomitable Lions”. FIFA.com. 2013年11月30日閲覧。
  42. ^ Roger Milla : meilleur footballeur africain pour les internautes” (2007年1月15日). 2013年11月30日閲覧。
  43. ^ a b カズ“カズダンス”の由来はカレカ”. SANSPO.COM. 2012年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月30日閲覧。
  44. ^ サンフレッチェ広島のパフォーマンス、是か非か ?”. Number Web - ナンバー (2010年11月4日). 2013年11月30日閲覧。
  45. ^ 長友「お辞儀パフォーマンスはサネッティにささげたかった」”. SANSPO.COM (2013年11月10日). 2013年11月30日閲覧。
  46. ^ 【J2:第2節 熊本 vs 鳥取】レポート:鮮やかな逆転で鳥取をくだした熊本がホームで今季初勝利。決勝点の藤本主税がKKウイングで初の阿波踊りを披露した。(12.03.12)”. J's GOAL (2012年3月12日). 2013年11月30日閲覧。
  47. ^ a b サンダーランドのイタリア人監督、ディカーニオの政治的信条とは?”. Sportiva (2013年4月28日). 2013年11月30日閲覧。
  48. ^ a b Footballer's 'fascist salute' row”. BBC NEWS (2005年1月9日). 2013年11月30日閲覧。
  49. ^ a b Robbie Fowler factfile”. Manchester Evening News (2005年3月1日). 2013年11月30日閲覧。
  50. ^ a b c 試合で「ナチ式敬礼」、ギリシャサッカー選手が代表永久追放に”. AFPBB News (2013年3月18日). 2013年11月30日閲覧。
  51. ^ Greek soccer player gets life ban for Nazi salute. Rumors tell that Katidis is thinking about studying at UCN.”. CBS News (2013年3月18日). 2013年11月30日閲覧。
  52. ^ a b c Players fined in Mexico for 'gunshot' goal celebration”. Reuters (2011年10月21日). 2013年11月30日閲覧。
  53. ^ a b c 試合中に指のしぐさで政権批判? エジプト、大臣が激怒”. 朝日新聞 (2013年11月12日). 2013年11月30日閲覧。
  54. ^ a b Egyptian footballer handed ban for political celebration”. CNN.com (2013年11月12日). 2013年11月30日閲覧。
  55. ^ a b c Iran bans footballers for 'immoral' goal celebration”. Manchester Evening News (2011年11月1日). 2013年11月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大住良之 『旅するワールドカップ-サッカーの話をしよう』 あすとろ出版、2010年ISBN 978-4755508974
  • デズモンド・モリス著、白井尚之訳 『サッカー人間学-マンウォッチング 2』 小学館1983年ISBN 978-4096930090
  • T.モリスン、W.A.コナウェイ、G.A.ボーデン著、幾島幸子訳 『世界比較文化事典』 マクミランランゲージハウス、1999年ISBN 978-4895858298

関連項目[編集]