ヴィエンチャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィエンチャン
ວຽງຈັນ
Vientiane
永珍、万象(萬象)
パトゥーサイ
パトゥーサイ
位置
の位置図
座標 : 北緯17度58分 東経102度36分 / 北緯17.967度 東経102.600度 / 17.967; 102.600
歴史
設立 1560年
行政
ラオスの旗 ラオス
 行政区画 ヴィエンチャン都
 市 ヴィエンチャン
人口
人口 (2005年現在)
  市域 700,000人
その他
等時帯 UTC+7 (UTC+7)
夏時間 なし
ヴィエンチャン最古の寺院であるワット・シーサケット
ラオス仏教の象徴的存在であるタート・ルアン

ヴィエンチャン(英語:Vientiane)は、ラオス人民民主共和国首都メコン川沿いに広がる町。タイ王国とは、メコン川で国境を隔てている。隣国の度重なる侵攻にさらされてきたものの、仏教国の首都として政治や文化の中心を担ってきており、数々の仏教寺院や仏塔を残す。「ビャクダンのある城壁地」という意味や「月の都」という意味があるが、ラオス情報文化省は様々な説を紹介している(下記の「歴史」を参照)。街路樹が多く「森の都」とも呼ばれる。

ヴィエンチャンはヴィエンチャン都のうち、首都機能を持つ、チャンタブリー郡、シーコッタボーン郡、サイセーター郡、シーサッタナーク郡、ハートサーイフォン郡をさして言う。

日本語では「ヴィエンチャン」あるいは「ビエンチャン」と表記する。タイ語ローマ字における "v" は日本語におけるワ行であるため「ウィエンチャン」と書く場合もあるが、ラーオ語の "v" は「ヴァヴィヴヴェヴォ」、ときに「バビブベボ」に近い音になる。

地理[編集]

メコン川はヴィエンチャンに至るまで渓谷を流れ下っているが、ヴィエンチャンから下流では河岸平野を形成している。メコンの左岸にヴィエンチャンの市街が、右岸にウドーンターニーなどタイ王国の国土が広がる。河口からの距離は1600km弱。同国の交通の中心となっている。人口は推計70万人(2005年)。 中心部には、外国人観光客向けのゲストハウスが集まっている。

歴史[編集]

ヴィエンチャンの街は12世紀に既に形成されていた。セーターティラート王がビルマ族タウングー王朝の圧迫から1560年ラーンサーン王国の都をルアンパバーンからヴィエンチャンに遷都した。ラオス政府情報文化省版「ラオスの歴史」によれば、ヴィエンチャンがラオス・ラーンサーン王国の首都になったときの正式名称は、 「プラ・ナコーン・チャンタブリー・シー・サッタナーカナフット・ウッタマ・ラーサターニー」。

「イサーン・タイ・英語辞典」では、「サッタナーカナフット」を「サタ(百)」「ナーカ(象)」「ナフット(万)」に分解して、「サッタナーカナフット」を「百万頭の象(ラーンサーン)」のパーリ語訳と言う解釈を乗せている。

ラオス情報文化省版「ラオスの歴史」では、「サッタ」を7に、「ナーカ」をナーガに解して、「7つの頭を持ったナーガ」と解釈している。

また、セーターティラート王は、ヴィエンチャンに遷都する前に、パニャー・チャンタブリー・シー・サッタンマタイロークをヴィエンチャンの領主に任じている。この領主が建てたお寺が今もヴィエンチャンにある「チャン寺」で、これは「チャンタブリー・シー・サッタンマタイローク寺」の略称。

ラオス情報文化省版「ラオスの歴史」は、ヴィエンチャンのチャンは栴檀(せんだん)だという伝承を紹介している。プーカオクワーイに住む仙人の兄弟が、ヴィエンチャンが出来る前の土地にクーンの木とチャンの木(栴檀)で目印をつけたという。しかし、同書が正式な説として採用しているのは以下の説である。ナンスー・ウランタートという本に記されているもので、釈迦と弟子のアーナンダがポーンパナオ近辺(現在のヴィエンチャン市内のポーンパナオ寺近辺)に来たときに、「ここらにはナーガが虎が多い」と言った。その後、シコータボーン王国の領主の血筋の一人がヴィエンチャン市内の北の外れのカオリヤオ地区に移住してきた時、孫娘のインタサワーンロンホートが、釈迦が「虎が多い」と言った所に住んでいたブーリーチャンという農民と結婚した。それを聞いたシコータボーン王国のパニャー・スミッタタムマヴォンサーが農民を祝福して、パークカディン以北の領有権をブーリーチャンに与えたのが、ヴィエンチャンの始まりという。

1707年、ラーンサーン王国が分裂した際、ヴィエンチャン王国の首都となる。1779年チャクリー王国(現在のタイ)のチャオプラヤー・チャックリー将軍(チュラーローク王=のちチャクリー王朝ラーマ1世)に征服され、チャクリー王国の領土となる。1827年アヌ王がクーデターに失敗した際、シャム軍に滅ぼされる。

1893年、ラオスがフランス保護国となり、1899年にその首都とされた。第二次世界大戦中は日本に占領されるが、1945年4月にフランスが再び進駐した。1947年ラオス王国が成立するとその首都とされた。ラオス内戦が起こるとヴィエンチャンは荒廃する。1960年8月、コーン・レー大尉がヴィエンチャンを掌握、スワンナ・プーマが首相に就いた。1975年パテート・ラーオが進軍しラオス人民民主共和国が誕生し、その首都となった。ベトナム戦争時には、アメリカ合衆国国際開発庁 (USAID) が置かれていた。

気候[編集]

サバナ気候(AW)。11月から3月は乾季で4月から7ヶ月間はモンスーンとなる。

ヴィエンチャンの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 28.4
(83.1)
30.3
(86.5)
33.0
(91.4)
34.3
(93.7)
33.0
(91.4)
31.9
(89.4)
31.3
(88.3)
30.8
(87.4)
30.9
(87.6)
30.8
(87.4)
29.8
(85.6)
28.1
(82.6)
31.1
(88)
平均最低気温 °C (°F) 16.4
(61.5)
18.5
(65.3)
21.5
(70.7)
23.8
(74.8)
24.6
(76.3)
24.9
(76.8)
24.7
(76.5)
24.6
(76.3)
24.1
(75.4)
22.9
(73.2)
19.3
(66.7)
16.7
(62.1)
21.8
(71.2)
降水量 mm (inch) 7.5
(0.295)
13.0
(0.512)
33.7
(1.327)
84.9
(3.343)
245.8
(9.677)
279.8
(11.016)
272.3
(10.72)
334.6
(13.173)
297.3
(11.705)
78.0
(3.071)
11.1
(0.437)
2.5
(0.098)
1,660.5
(65.374)
平均月間日照時間 254.2 217.5 217.0 225.0 207.7 153.0 148.8 136.4 138.0 248.0 234.0 257.3 2,436.9
出典: WMO [1] 2010-10-31

交通[編集]

メコン川をはさんでタイノーンカーイ県の国境に面していて、ヴィエンチャンの郊外から対岸のタイ領へ行く船が出ており、ヴィエンチャンの住民はビザ無しでノーンカーイまで行くことが国際協定によって許されている。ノーンカーイには、1994年4月に開通したタイ=ラオス友好橋(ミタパブ)を渡っても行くことができ、ヴィエンチャン発バンコク行きなどの国境を越えるバスも運行されている。市内にはヴィエンチャン市バス公社によるバスが運行されており、タラートサオに隣接するCBS(Central Bus Station)から発着する。CBSからは市内バスのみならず都市間バスも発着する。

なお、2008年7月には、友好橋を渡る鉄道も竣工した。タイのノーンカーイ駅から線路を約5キロ延長し、川に架かる友好橋を通ってラオス側に延長し、ヴィエンチャン郊外にターナレーン駅を設置した。竣工後試運転が行われて来たが、2009年3月6日に、1日2往復の定期旅客列車の運行が始まった。新駅は、ヴィエンチャンとはやや離れているためバスが新駅からヴィエンチャンまで連絡するが、いずれは、ヴィエンチャンの中心部まで鉄道を9キロ延伸する予定。

主な建築物、施設[編集]

教育[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ World Weather Information Service — Vientiane”. World Meteorological Organisation. 2010年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]