ラオス国営航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラオス国営航空
IATA
QV
ICAO
LAO
コールサイン
Lao
設立日 1976年
ハブ空港 ワットタイ国際空港
焦点空港 ルアンパバーン国際空港
同盟 未加盟
保有機材数 13機
就航地 18都市
本拠地 ラオスヴィエンチャン
代表者 Dr Somphone Douangdara (President)
ATR 72型機
ATR 72型機(パクセ空港にて)
MA60型機(ルアンナムタ-空港にて)
機内食(QV523便)

ラオス国営航空:Lao Airlines、:ການບິນລາວ、:老撾航空)は、ラオスの国営航空会社である。

概要[編集]

1976年にラオス人民民主共和国が建国された際に、「ロイヤル・エア・ラオ(Royal Air Lao)」と「ラオ・エアラインズ(Lao Air Lines)」が合併し、「人民航空会社(Civil Aviation Company)」として創業。その後1979年に「Lao Aviation」と改称。2004年3月に、「Lao Airlines」と旧称を再採用。ラオスのフラッグ・キャリアである。

ハブは、ヴィエンチャンワットタイ国際空港2014年2月現在、国内線8都市、国際線10都市(コードシェア便を除く)に就航。国際線としては、タイカンボジアベトナム中国韓国シンガポールに就航している。

将来的には日本[1]マレーシアフィリピンインドネシアインドにも就航する予定である[2]

日本支社は、「エーティービー」が日本地区総代理店として運営している。日本路線を2014年12月から就航する計画[3]

2014年8月、東京/羽田〜ルアンパバーン・ビエンチャン線のチャーター便を、エアバスA320型機で1往復運航[4]

就航都市[編集]

2014年2月12日現在[5]

国内線[編集]

国際線[編集]

カンボジアの旗 カンボジア

中華人民共和国の旗 中国

韓国の旗 大韓民国

シンガポールの旗 シンガポール

タイ王国の旗 タイ

ベトナムの旗 ベトナム

日本の旗 日本

※ プノンペン線はベトナム航空とのコードシェア便で、自社の機材・乗務員による運航は無し。

共同運航(コードシェア)提携先[編集]

保有機材[編集]

2014年2月12日現在[6]

2011年に初のジェット旅客機としてエアバスA320を導入。2014年現在は4機活躍している。

年式の古いフォッカー 70や安全性に問題があるとされた西安Y-7ハルビンY-12は既に退役しているが、同じく安全性に問題があり西側諸国の安全基準に満たない西安MA60は就航したままである。

2013年10月16日にパクセ国際空港近郊のメコン川に墜落した機体はATR 72-600であった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]