ラオスの地方行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラオスの地方行政区画(ラオスのちほうぎょうせいくかく)は17のクウェーン(県、ແຂວງ)と、1つのカムペーンナコーン(都、ນະຄອນຫລວງ)から構成されている。それらは複数のムアン (郡、ເມືອງ) によって構成されている。

ラオスの行政区画
No. 行政区画名 首府 人口
(2005年センサス)
面積
(km²)
1 ウドムサイ県 サイ郡 265,128 15,370
2 サイニャブーリー県 サイニャブーリー郡 338,044 16,389
3 シエンクアーン県 ポーンサワン郡 229,521 15,880
4 フアパン県 サムヌア郡 280,780 16,500
5 ボーケーオ県 フアイサーイ郡 145,263 6,196
6 ポンサーリー県 ポンサーリー郡 167,181 16,270
7 ルアンナムター県 ルアンナムター郡 145,231 9,325
8 ルアンパバーン県 ルアンパバーン郡 405,949 16,875
9 ヴィエンカム県[1] ヴィエンカム郡 388,833 15,927
10 ヴィエンチャン都 ヴィエンチャン市 698,254 3,920
11 カムムアン県 ターケーク郡 337,314 16,315
12 サワンナケート県 カイソーン・ポムウィハーン郡 824,662 21,774
13 サイソムブーン県 Ban Mouang Cha 39,416 7,105
14 ボーリカムサイ県 パークサン郡 225,301 14,863
15 アッタプー県 サーマッキーイサイ郡 112,120 10,320
16 サーラワン県 サーラワン郡 324,470 10,691
17 セーコーン県 ラマーム郡 85,316 7,665
18 チャンパーサック県 パークセー郡 603,880 15,415
  • サイソムブーン特別区は2006年1月13日に廃止され、2013年12月31日に県として復活した。[2]

脚注[編集]

  1. ^ ヴィエンチャン県は、ヴィエンカム県に改称する議題がラオス国民議会で議決された。
  2. ^ Statoids.com, Laos

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • (財)自治体国際化協会(編)『ASEAN諸国の地方行政』(PDF版)、2004年