ルアンパバーン郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯19度53分 東経102度08分 / 北緯19.883度 東経102.133度 / 19.883; 102.133

ルアンパバーン郡
ເມືອງຫຼວງພະບາງ
Luang Phabang(Luang Prabang)
龍帕帮、琅勃拉邦
Phou si Luang Prabang Laos プーシーの丘 ラオス・ルアンプラバーン DSCF6777.jpg
ルアンパバーンの町並
座標 : 北緯19度53分 東経102度08分 / 北緯19.883度 東経102.133度 / 19.883; 102.133
歴史
設立
行政
ラオスの旗 ラオス
 行政区画 ルアンパバーン県
 市 ルアンパバーン郡
人口
人口 (現在)
  市域 103,000人
その他
等時帯 UTC+7 (UTC+7
夏時間 なし
プーシーの丘から見るルアンプラバーンの町並み(右:メコン川、左:カーン川

ルアンパバーン郡は、ラオス北部に位置する古都。過去にはタイ語からのローマ字表記が使われていたためルアンプラバンあるいはルアンプラバーンとも表記される。市街地自体が文化遺産としてユネスコ世界遺産ルアン・パバンの町)に登録されている。

ラオスの首都ビエンチャンからメコン川を約 400 キロメートル上流にさかのぼったカーン川英語版との合流場所に位置する。人口約 60,000 人。

歴史[編集]

主な建築物[編集]

歴史的建造物としては、1560年セーターティラート王によって建てられたワット・シエントーン1513年に建立されたラオス最古の寺ワット・ウィスナラート、町を一望できるプーシーの丘には1804年アヌルット王によって建立されたタート・チョムシーと呼ばれる仏塔などがある。 町の中心部に位置する旧王宮は、ルアンパバーン国立博物館として利用されている。

交通[編集]

空路
陸路
水路
  • メコン川での水路はタイ国境のフエイサイから通じている。

観光[編集]

2008年ニューヨークタイムスの調査でラオスが行ってみたい国ベスト1に選ばれたが、その観光の中心はルアンパバーンである。

主な観光地[編集]

外部リンク[編集]