ルアンナムター県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルアンナムター県
ແຂວງຫຼວງນ້ຳທາ
統計
県都: ルアンナムター郡
面積: 9,325 km²
人口: 150,100人 (2004年)
人口密度: 16人/km²
ISO 3166-2:LA: LA-BK
位置
ルアンナムター県の位置}

ルアンナムター県はラオス北部の県である。県都はルアンナムター郡

地理[編集]

産業[編集]

  • 現在この中国とラオスの国境を経て、隣のボーケオ県にあるタイとの国境にあるメコン川の町フアイサーイに至る国道3号線の整備プロジェクト(南北経済回廊)が進行中である。
  • このプロジェクトが完成する2007年末には中国国境からタイの国境まで3時間~4時間で通行できる2車線のアスファルト道路が整備される。

行政区分[編集]

交通[編集]

ミャンマー
ミャンマーとの国境はメコン川がありかつイミグレーションがないため、現在往来は極めてローカルなものに限られている。
中国
国境のラオス側の町はボテン(Boten)という。
国境の中国側の町はモーハンシーサンパンナ・タイ族自治州勐臘県)という。
国境のイミグレーションでアライバルビザが取得できるため、中国、ラオスの国民以外の旅行者の往来もできる。なお、日本国民は中国、ラオス共に観光目的であるのならビザ免除なので、パスポートのみで国境を通過できる。
中国との国境は、陸路である道路が整備されている。中国側へは、モーハン経由で雲南省の省都である昆明に至る道路が整備されている。

民族[編集]

国家として公式には、高地ラーオ族英語版と呼んでいるが、実際のルアンナムター県には、ヤオ族(ランテン族、またはランディエン・ヤオ族英語版と呼ぶ)、タイ・ルー族英語版黒タイ族(タイ・ダム族, Tai Dam, 傣擔)、アカ族英語版イゴー族と呼ぶ)、モン族が住んでいる。