チャンパーサック県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャンパーサック県
ແຂວງຈໍາປາສັກ
統計
県都: パークセー郡
面積: 15,415 km²
人口: 575,600人 (2004年)
人口密度: 24人/km²
ISO 3166-2:LA: LA-CH
位置
チャンパーサック県の位置}
行政区分
Champasak Province districts.png

チャンパーサック県 (Champasak Province) はラオス・南部の県の一つ。チャンパサック県とも。ラオスタイカンボジアが接する地帯に位置する。

歴史[編集]

地理[編集]

  • 県内にはメコン河が流れる。
  • 県都のパークセーはラオス南部の中核都市であり、陸路、航路ともに整備がすすみ商業が発達している。

文化[編集]

ユネスコ世界遺産(文化遺産、チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群)に指定されたワット・プーのほか、川幅が15kmにも及ぶメコン河の中州群シーパンドーン(「四千の中州」の意)、川イルカウォッチングなど一大観光拠点としてもにぎわっている。

行政区分[編集]

  1. 16-03 バーチエンチャルームスック郡英語版
  2. 16-07 チャンパーサック郡英語版
  3. 16-10 コーン郡英語版
  4. 16-09 ムーンラパモーク郡英語版
  5. 16-01 パークセー郡
  1. 16-04 パークソーン郡英語版
  2. 16-05 パトゥムポーン郡英語版
  3. 16-06 ポーントーン郡英語版
  4. 16-02 サナソンブーン郡英語版
  5. 16-08 スクマー郡英語版


産業[編集]

パークセー市から50kmほど離れた標高1,100mのボーラウェン高原に位置するパークソーン郡は、気候を生かした野菜の生産が盛んな地域である。 しかも、パークセー市から同郡までの穏やかに傾斜した道路は完全舗装されており、農作物の運搬が容易となっている。