パークセー郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯15度07分 東経105度47分 / 北緯15.117度 東経105.783度 / 15.117; 105.783

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
パクセー郡
ປາກເຊ
Pakxe
メコン川にかけられた橋the Lao Nippon Bridge, ラオス パークセー郡
メコン川にかけられた橋
the Lao Nippon Bridge, ラオス パークセー郡
座標 : 北緯15度07分 東経105度47分 / 北緯15.117度 東経105.783度 / 15.117; 105.783
歴史
設立 1905年
行政
ラオスの旗 ラオス
 行政区画 チャンパーサック県
 市 パクセー郡
人口
人口 (現在)
  市域 87,000人
その他
等時帯 UTC+7 (UTC+7)
夏時間 なし

パークセー郡 (ປາກເຊ) はラオス南部の都市である。人口およそ100,000人、サワンナケートと並んでラオス第2の都市(パークセー郡はカイソーン・ポムウィハーン郡に比べ面積が狭く、同等かそれ以上の都市規模に感じられる)とされる。

地形[編集]

セダン川メコン川の合流地点に位置している。パークセーはチャンパーサック県の県都で、南部の交通の要衝でもあり、ボロヴェン高原シーパンドンなど観光地への玄関口でもある。

歴史[編集]

1905年、フランスが行政上の出先機関を置いたことで街は設立した。チャンパーサック王国の王は、この地のチャンパーサック宮殿に住居を構え、街は王都となった。しかし1946年にラオス王国が誕生し、王室や宮殿は廃止された。

交通[編集]

空路
陸路
  • タイのウボンラーチャターニーと早くから国境開かれており(この付近はメコンの両岸がラオス領であるため正確にはラオスのワンタオとタイのチョンメックの陸路国境である)、パークセーはラオス南部の商業的な中心になった。
  • 国道13号線英語版が中国との国境の町・ボーテンからメコン川沿いに伸びており、南はカンボジアの高速7号線英語版に接続している。