モルディブの地方行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モルディブの地方行政区画は、7つの行政区の下に、26の環礁を首都マレと20の環礁区(アトル;އަތޮޅު (Atholhu))に分けたものから成る。 環礁区と自然に出来た環礁とは同じ語句で呼ばれるが、両者は必ずしも一致するわけではない。 環礁区の最北端はハー・アリフ、最南端はシーヌ、又最小はニャヴィヤニ、最大は世界最大の環礁でもあるガーフ・アリフ。

行政区は地方分権を目的として、ムハンマドゥ・ナシードゥ大統領により2008年に設置された[1]

各行政区画は正式名称の他にターナ文字によるコードと、ラテン文字によるコードを持つ。 ターナ文字のコードは、二文字で表されている場合、二文字目が北 (Alifu) か南 (Dhaalu) を表す。このコードは各環礁区と政府間の無線通信に用いられたり、同名の異なる環礁を区別する際に用いられる。

ラテン文字のコードは常に一文字のみであり、船のナンバープレートに用いられている。

行政区には知事、環礁区には環礁長 (Atholhu Veriyaa)、そして島にも Katheeb と呼ばれる長官がおり、それぞれ大統領により任命されている。 また、環礁区や島には大統領に対する責任を持つ部局が設置されている。

行政区画の一覧[編集]

地方行政区画の図解
行政区 ラテン略号 ターナ略号 正式名称 区庁所在地
上北部 A ހއ (HA)
ハー・アリフ (Haa Alifu)
北ティラドゥンマティー
ތިލަދުންމަތީ އުތުރުބުރި (Thiladhunmathee Uthuruburi)
ディッドゥー
ދިއްދޫ (Dhiddhoo)
B ހދ (HDh)
ハー・ダール (Haa Dhaalu)
南ティラドゥンマティー
ތިލަދުންމަތީ ދެކުނުބުރި (Thiladhunmathee Dhekunuburi)
クルドゥッフシ
ކުޅުދުއްފުށި (Kulhudhuffushi)
C ށ (Sh)
シャヴィヤニ (Shaviyani)
北ミラドゥンマドゥル
މިލަދުންމަޑުލު އުތުރުބުރި (Miladhunmadulu Uthuruburi)
ミランドゥー
މިލަންދޫ (Milandhoo)
北部 D ނ (N)
ヌーヌ (Noonu)
南ミラドゥンマドゥル
މިލަދުންމަޑުލު ދެކުނުބުރި (Miladhunmadulu Dhekunuburi)
マナドゥー
މަނަދޫ (Manadhoo)
E ރ (R)
ラー (Raa)
北マーロスマドゥル
މާޅޮސްމަޑުލު އުތުރުބުރި (Maalhosmadulu Uthuruburi)
ウングーファール
އުނގޫފާރު (Ungoofaaru)
F ބ (B)
バー (Baa)
南マーロスマドゥル
މާޅޮސްމަޑުލު ދެކުނުބުރި (Maalhosmadulu Dhekunuburi)
エーダフシ
އޭދަފުށި (Eydhafushi)
G ޅ (Lh)
ラヴィヤニ (Lhaviyani)
ファーディッポル
ފާދިއްޕޮޅު (Faadhippolhu)
ナイファル
ނައިފަރު (Naifaru)
北中部 H ކ (K)
カーフ (Kaafu)
マーレ・アトル
މާލެ އަތޮޅު (Maale Atholhu)
トゥルスドゥー
ތުލުސްދޫ (Thulusdhoo)
U އއ (AA)
アリフ・アリフ (Alifu Alifu)
北アリアトル
އަރިއަތޮޅު އުތުރުބުރި (Ariatholhu Uthuruburi)
ラスドゥー
ރަސްދޫ (Rasdhoo)
I އދ (ADh)
アリフ・ダール (Alifu Dhaal)
南アリアトル
އަރިއަތޮޅު ދެކުނުބުރި (Ariatholhu Dhekunuburi)
マヒバドゥー
މަހިބަދޫ (Mahibadhoo)
J ވ (V)
ヴァーヴ (Vaavu)
フェリデ・アトル
ފެލިދެ އަތޮޅު (Felidhe Atholhu)
フェリドゥー
ފެލިދޫ (Felidhoo)
中部 K މ (M)
ミーム (Meemu)
ムラク
މުލަކަތޮޅު (Mulaku)
ムリ
މުލި (Muli)
L ފ (F)
ファーフ (Faafu)
北ニランデアトル
ނިލަންދެއަތޮޅު އުތުރުބުރި (Nilandheatholhu Uthuruburi)
ニランドゥー
ނިލަންދޫ (Nilandhoo)
M ދ (Dh)
ダール (Dhaalu)
南ニランデアトル
ނިލަންދެއަތޮޅު ދެކުނުބުރި (Nilandheatholhu Dhekunuburi)
クダフヴァドゥー
ކުޑަހުވަދޫ (Kudahuvadhoo)
上南部 N ތ (Th)
ター (Thaa)
コルマドゥル
ކޮޅުމަޑުލު (Kolhumadulu)
ヴェーマンドゥー
ވޭމަންޑޫ (Veymandoo)
O ލ (L)
ラーム (Laamu)
ハッドゥンマティー
ހައްދުންމަތީ (Hadhdhunmathee)
フォナドゥー
ފޮނަދޫ (Fonadhoo)
中南部 P ގއ (GA)
ガーフ・アリフ (Gaafu Alifu)
北フヴァドゥアトル
ހުވަދުއަތޮޅު އުތުރުބުރި (Huvadhuatholhu Uthuruburi)
ヴィリンギリ
ވިލިނގިލި (Vilingili)
Q ގދ (GDh)
ガーフ・ダール (Gaafu Dhaalu)
南フヴァドゥアトル
ހުވަދުއަތޮޅު ދެކުނުބުރި (Huvadhuatholhu Dhekunuburi)
ティナドゥー
ތިނަދޫ (Thinadhoo)
南部 R ޏ (Gn)
ニャヴィヤニ (Gnaviyani)
フヴァンムラ
ފުވައްމުލައް (Fuvammulah)
フヴァンムラ
ފުވައްމުލައް (Fuvammulah)
S ސ (S)
シーヌ (Seenu)
アッドゥアトル
އައްޑުއަތޮޅު (Adduatholhu)
ヒタドゥー
ހިތަދޫ (Hithadhoo)
―― T ―― マレ
މާލެ (Malé, Maale)
マレ
މާލެ (Malé, Maale)

出典[編集]

  1. ^ Presidents Office & Ministry of Home Affairs (2009年3月). “Strengthening Local Governance in Maldives (PDF)” (英語). 2010年6月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • Muhammadu Ibrahim Lutfee. Divehiraajjege Jōgrafīge Vanavaru. G.Sōsanī. Malé 1999.
  • Hasan A. Maniku. The Islands of Maldives. Novelty. Male 1983.
  • Hasan A. Maniku. Changes in the Topography of the Maldives. Novelty. Male 1990.

外部リンク[編集]