UTC+7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UTC+7: 濃黄-通年適用、水色-海域

UTC+7とは、協定世界時を7時間進ませた標準時である。

該当地域[編集]

歴史[編集]

マレーシアのマレー半島部で1905年から1932年まで使用された[要検証 ]

ウズベキスタン東部でかつて夏時間として用いられていた(タシケント夏時間)[1]。1991年以降用いられなくなった。

バングラデシュで2009年6月19日に夏時間 UTC+7 を導入したことがある[1]。2010年1月1日に UTC+6 に戻ったが、この年以降、夏時間の継続は見送られた[2]

ロシアではかつてクラスノヤルスク時間(冬期)とオムスク夏時間において+7 が用いられていたが、2011年3月27日よりクラスノヤルスク時間は通年 UTC+8 に、オムスク時間は通年 UTC+7 となった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bangladesh adopts new time rules. Retrieved on 2009-06-20.
  2. ^ Cabinet cancels Daylight Saving Time Retrieved on 2010-04-18.

外部リンク[編集]

UTC+7 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
UTC

17

18

19

20

21

22

23
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
JST
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23

0

1