マナーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マナーマ
المنامة Al-Manāmah
Manama
Bahrain17.JPG
位置
バーレーン内のマナーマ(MANAMA)の位置の位置図
バーレーン内のマナーマ(MANAMA)の位置
座標 : 北緯26度13分 東経50度35分 / 北緯26.217度 東経50.583度 / 26.217; 50.583
行政
バーレーンの旗 バーレーン
  首都県
 市 マナーマ
Governor Humood bin Abdullah bin Hamad Al Khalifa
人口
人口 (2001年現在)
  市域 162,000人
  都市圏 345,000人
その他
等時帯 UTC+3 (UTC+3
夏時間 なし
公式ウェブサイト : http://www.capital.gov.bh/

マナーマ(英語: Manama, アラビア語: المنامة、 Al-Manāmah)は、バーレーン首都である。ペルシア湾の中部に浮かぶバーレーン島の北東部に位置する。バーレーン国民全体の1/4に相当する約15万の人口をもつ国内最大の都市であり、中東有数の世界都市である。

歴史[編集]

マナーマが初めてイスラーム史に出現したのは1345年である。1521年ポルトガルにより占領され、その後1602年にペルシア人が占領した。1783年以降、ハリーファ王家による指導の下に入ったが、幾度と無く支配が妨げられ、現在に至る。1958年に自由港として指定され、1971年のバーレーン独立時に首都となった。

マナーマは、かつて12あった行政区分の1つに属していたが、2003年から首都県に属している。

経済[編集]

マナーマの経済基盤となっているのは石油精油帆船の建造、漁業真珠などの産業である。これはバーレーン全体の経済とほとんど同じ状況である。ムハッラク島にあるバーレーン国際空港からは活発な交通路があり、舗装された道路でつながっている。またマナーマは1986年に創立されたバーレーン大学の本拠地でもある。

中東諸国を代表する国際金融センターとなることを目指して建設されるバーレーン・フィナンシャル・ハーバーは2007年に第1期工事が完成した。

Road and towers in Manama.jpg

外部リンク[編集]