チッタゴン管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チッタゴン管区
県庁所在地 チッタゴン
面積 33,771.13km²
人口 23,999,345人
人口密度 649.61人/km²
識字率 33.1%
地図
チッタゴン管区の位置

世界 > アジア > 南アジア > バングラデシュ > チッタゴン管区

チッタゴン管区はバングラデシュの最高の地方行政区域である管区の一つ。

地理[編集]

西はベンガル湾に面し、世界最大の海岸であるコックスバザールや、バングラデシュ1の海港であるチッタゴンなどがある。北はバリサル管区ダッカ管区ラジシャヒ管区と接する。東にはインドラカイン州トリプラ州)およびミャンマーラカイン州チン州)との国境が広がる。

カルナフリ川の流れの速さから電力ダムが建造されており、国内のほとんどすべての電力を賄う重要なインフラストラクチャーである。しかしながら、高度差が少ないことから多くの発電所を建設することが出来ず、国民全体に行き渡るまでに至っていない。

歴史[編集]

ミャンマーとの国境には国内でもっとも標高の高いチッタゴン丘陵地帯がある。チッタゴン丘陵地帯は少数民族居住地で、バングラデシュ政府が同化政策を進めたことにより、情勢は緊張状態にある。管区内にはカルナフリ川英語版が流れており、上流に国内唯一の水力発電所(230MW)、カプタイ・ダム英語版建設により、10万人近い住民に立ち退きを強制し、うち2万人がミャンマーへ、4万人がインドへそれぞれ難民として移住している。

行政区画[編集]

  1. バンドルボン県英語版
  2. ブラモンバリア県英語版
  3. チャンドプール県英語版
  4. チッタゴン県英語版
  5. コミラ県英語版
  6. コックスバザール県英語版
  7. フェニー県英語版
  8. カグラチュリ県英語版
  9. ラクシュミプール県英語版
  10. ノアカリ県英語版
  11. ランガマティ県英語版

経済[編集]

チッタゴン管区において重要とされる資源には、農産物、娯楽施設、労働力などが挙げられる。

チッタゴン管区の農作物には、キンマの葉、ジャガイモ綿ピーナツマスタードショウガマメ、などの野菜が挙げられる。また果物も盛んに作られているおり、これら農作物は管区全体の収入量の57%を占める。

チッタゴン管区内で最も重要な都市がチッタゴンである。チッタゴンには国内最大の海港があり、国際的な取引でにぎわっている。ここからはバングラデシュの主要産物である繊維製品(コウマシマツナソ)や、海産物などが欧米などに輸出されている。また労働人口が多いため工業都市にもなっている。

関連項目[編集]