ジャバド・ネクナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャバド・ネクナム Football pictogram.svg
Iran vs. Angola 2014-05-30 (162).jpg
名前
ラテン文字 Javad Nekounam
ペルシア文字 جواد نکونام
基本情報
国籍 イランの旗 イラン
生年月日 1980年9月7日(34歳)
出身地 イランの旗 テヘラン州、レイ
身長 186cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 CAオサスナ
ポジション MF
背番号 6
利き足 右足
ユース
イランの旗 ナフト・テヘラン
イランの旗 パス・テヘラン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2005 イランの旗 パス・テヘラン 179 (45)
2005-2006 アラブ首長国連邦の旗 アル・ワフダ 11 (3)
2006 アラブ首長国連邦の旗 アル・シャールジャ 11 (5)
2006-2012 スペインの旗 オサスナ 149 (24)
2012-2014 イランの旗 エステグラル 44 (8)
2014 クウェートの旗 アル・クウェート 11 (7)
2014- スペインの旗 オサスナ 1 (1)
代表歴2
1998-2000 イランの旗 イラン U-20
1999-2002 イランの旗 イラン U-23 10 (2)
2000- イランの旗 イラン 143 (37)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年9月8日現在。
2. 2014年9月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャバド・ネクナムペルシア語: جواد نکونام‎、英語: Javad Nekounam, 1980年9月7日 - )は、イランテヘラン州出身のサッカー選手イラン代表である。ポジションはミッドフィールダーネコウナムと表記されることもある。ペルシア語発音では、ネクーナームに近い。(ラテン文字転写のouはsoupのウーと同様の発音を想定している。)

経歴[編集]

クラブ[編集]

母国のパス・テヘランでは2003-04シーズンにイランサッカーリーグで優勝し、2005年にAFCチャンピオンズリーグでベスト8となった。2005年にUAEリーグアル・ワフダ・アブダビに移籍金100万ドル・5ヶ月の契約で移籍した[1]。ドイツの1.FCカイザースラウテルンやイングランドのトッテナム・ホットスパーFCなどヨーロッパのいくつかのクラブがネクナムに注目していたが、2006年1月にはアル・ワフダと同じくアラブ首長国連邦のアル・シャールジャSCCに移籍した[2]

CAオサスナ

2006 FIFAワールドカップでの好プレーによりドイツのヘルタ・ベルリンやフランスのオリンピック・リヨンやなどヨーロッパの多数のクラブがネクナムに興味を示し、最終的にリーガ・エスパニョーラCAオサスナと2年契約を結んだ[3]。3年目の契約オプションが付けられ、違約金は500万ユーロに設定された。ネクナムはスペインのクラブと契約した初のイラン人サッカー選手であった[4]。2006-07シーズンはリーグ戦24試合に出場して2得点し、UEFAカップ決勝トーナメント1回戦・FCジロンダン・ボルドー戦では延長29分に決勝点を決めるなど、印象的な活躍を見せた。シーズン終了後にはイラン年間最優秀選手に選ばれ、スコットランドのレンジャーズFCが移籍金100万ポンドを提示して獲得を狙ったが、このオファーはクラブに拒否された[5]。2007年8月14日、右膝前十字靭帯を負傷し[6]、ドイツ・アウクスブルクでの手術は成功したが、8ヶ月の離脱を余儀なくされた。

2007年11月24日、クラブは3年間の契約延長オファーを提示してネクナムへの信頼を示し、違約金は500万ユーロ(契約最終年は250万ユーロ)に引き上げられた[7]。2008年2月にはトレーニングに復帰した。(余談だがネクナム復帰後わずか1週間後に同ポジションのシャビエル・マルガイラスがネクナムと同じ個所を負傷して長期離脱した。)4月27日、バレンシアCF戦で70分にパチ・プニャルと代わって出場して復帰を果たすと、2008年8月31日のビジャレアルCF戦でクラブのシーズン初得点となるPKを決めた。シーズン中盤にはたびたびゴールネットを揺らし、2009年1月にはレアル・マドリード戦でも得点した。3月22日にホームで行われたRCDエスパニョール戦ではロスタイムに決勝点を決めた。2008-09シーズンはワルテル・パンディアーニに次いでクラブ2位の9得点を決めた。2009年夏、RCDエスパニョールとビジャレアルCFからオファーが届き、特に後者は500万ユーロの違約金を支払う姿勢を見せたが、ネクナムはCAオサスナで満足していることを繰り返し主張し、チームに残留した[8][9]

エステグラル・テヘラン

2012年7月21日、母国イランのエステグラル・テヘランに1年契約で移籍[10]

代表[編集]

2000年1月のエクアドル戦でイラン代表デビューし、2002 FIFAワールドカップ・アジア予選中にレギュラーポジションを獲得したが、大陸間プレーオフのアイルランド戦では出場機会がなく、チームもアイルランドに敗れて本大会出場を逃した。2002年には夏の西アジアサッカー選手権2002でベスト4となり、秋のアジア競技大会2002では決勝でU-23日本代表を破って優勝した。2004年には西アジアサッカー選手権2004で優勝し、AFCアジアカップ2004でも活躍した。2006 FIFAワールドカップ・アジア予選ではラオス戦と北朝鮮戦で計3得点し、本大会ではイエローカードの累積で出場停止だったアンゴラとの3戦目以外の2試合はフル出場した。2007年にはAFCアジアカップに出場した。2009年6月、2010 FIFAワールドカップ・アジア予選韓国戦で緑色(イラン国内の改革派のシンボルである)のリストバンドをつけて試合に出場したために代表の主力4人が無期出場停止処分を受ける出来事があった。処分を受けたのはアリ・カリミメフディ・マハダヴィキアであり、後半からリストバンドをはずしたために処分を免れたのはネクナムとマスード・ショジャエイである[11]2010 FIFAワールドカップアジア最終予選ではサウジアラビア戦の同点弾、北朝鮮戦の決勝点、韓国戦の得点など活躍したが、本大会出場は逃した。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

イランの旗 パス・テヘラン

代表[編集]

イランの旗 U-23イラン代表
イランの旗 イランA代表

個人成績[編集]

代表での得点[編集]

# 日時 場所 相手 スコア 結果 大会
37 2013年11月18日 レバノンの旗 ベイルート  レバノン 4-1 勝利 AFCアジアカップ2015 (予選)
36 2013年6月11日 イランの旗 テヘラン  レバノン 4-0 勝利 2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選
35
34 2013年2月6日 イランの旗 テヘラン  レバノン 5-0 勝利 AFCアジアカップ2015 (予選)
33
32
31 2012年10月16日 イランの旗 テヘラン  韓国 1-0 勝利 2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選
30 2011年11月15日 インドネシアの旗 ジャカルタ  インドネシア 4-1 勝利 2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選
29 2011年10月5日 イランの旗 テヘラン  パレスチナ 7-0 勝利 親善試合
28 2011年9月2日 イランの旗 テヘラン  インドネシア 3-0 勝利 2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選
27
26 2011年1月2日 カタールの旗 アル・ラーヤンSC  アンゴラ 1-0 勝利 親善試合
25 2010年3月3日 イランの旗 テヘラン  タイ 1-0 勝利 AFCアジアカップ2011予選
24 2009年11月14日 イランの旗 テヘラン  ヨルダン 1-0 勝利 AFCアジアカップ2011予選
23 2009年2月11日 イランの旗 テヘラン  韓国 1-1 引き分け 2010 FIFAワールドカップ・アジア予選
22 2008年10月15日 イランの旗 テヘラン  北朝鮮 2-1 勝利 2010 FIFAワールドカップ・アジア予選
21 2008年9月6日 サウジアラビアの旗 リヤド  サウジアラビア 1-1 引き分け 2010 FIFAワールドカップ・アジア予選
20 2008年7月22日 イランの旗 テヘラン  クウェート 2-0 勝利 2010 FIFAワールドカップ・アジア予選
19 2008年5月25日 イランの旗 テヘラン  ザンビア 3-2 勝利 親善試合
18 2007年7月18日 マレーシアの旗 クアラルンプール  マレーシア 2-0 勝利 AFCアジアカップ2007
17 2007 年7月15日 マレーシアの旗 クアラルンプール  中国 2-2 引き分け AFCアジアカップ2007
16 2007年7月2日 イランの旗 テヘラン  ジャマイカ 8-1 勝利 親善試合
15
14 2006年9月6日 イランの旗 テヘラン  シリア 1-1 引き分け AFCアジアカップ2007予選
13 2006年8月16日 シリアの旗 ダマスカス  シリア 2-0 勝利 AFCアジアカップ2007予選
12 2005年8月24日 イランの旗 テヘラン  リビア 4-0 勝利 親善試合
11
10 2005年5月29日 イランの旗 テヘラン  アゼルバイジャン 2-1 勝利 親善試合
9 2005年3月30日 朝鮮民主主義人民共和国の旗 平壌  北朝鮮 2-0 勝利 2006 FIFAワールドカップ・アジア予選
8 2004年11月17日 イランの旗 テヘラン  ラオス 7-0 勝利 2006 FIFAワールドカップ・アジア予選
7
6 2004年8月6日 中華人民共和国の旗 北京  バーレーン 4-2 勝利 AFCアジアカップ2004
5 2004年7月20日 中華人民共和国の旗 重慶  タイ 3-0 勝利 AFCアジアカップ2004
4 2004年6月25日 イランの旗 テヘラン  シリア 4-1 勝利 西アジアサッカー選手権2004
3 2004年6月23日 イランの旗 テヘラン  イラク 2-1 勝利 西アジアサッカー選手権2004
2 2004年6月17日 イランの旗 テヘラン  レバノン 4-0 勝利 西アジアサッカー選手権2004
1 2003年2月 香港の旗 香港  デンマーク 1-0 勝利 2003 カールスバーグカップ

クラブでの出場記録[編集]

2010年12月19日時点
クラブ成績 リーグ カップ 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イラン リーグ カップ アジア 通算
1998–99 パス・テヘラン 2部 23 2 - -
1999–00 24 5 - -
2000–01 21 5 - -
2001-02 1部 25 4 - -
2002–03 25 7 - -
2003-04 25 10 - -
2004-05 25 9 8 4
2005–06 11 3 0 0 - - 11 3
アラブ首長国連邦 リーグ 大統領杯 アジア 通算
2005–06 アル・ワフダ 1部 11 3 0 0 - - 11 3
2005–06 シャールジャSC 11 5 3 3 - - 14 8
スペイン リーグ 国王杯 ヨーロッパ 通算
2006–07 CAオサスナ 1部 24 2 3 0 11 1 38 3
2007–08 2 0 0 0 - - 2 0
2008–09 35 8 2 0 - - 37 8
2009–10 31 3 2 0 - - 31 3
2010–11 11 2 1 0 - - 12 2
通算 イラン 179 45 8 4
アラブ首長国連邦 22 8 3 3 - - 25 11
スペイン 103 15 8 0 11 1 120 16
総通算 304 69 19 5

脚注[編集]

  1. ^ Nekounam states Euro ambition”. Sky Sports. 2007年4月7日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ Buh, Bye”. The Guardian (2007年7月10日). 2011年1月24日閲覧。
  3. ^ Osasuna sign Javad Nekounam”. PersianFootball. 2007年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年7月7日閲覧。
  4. ^ Javad Nekounam - Osasuna's new star”. Iran Sports Press (2007年7月14日). 2011年1月24日閲覧。
  5. ^ Gers miss out on Iranian ace”. Sky Sports (2007年). 2011年1月24日閲覧。
  6. ^ Nekounam sidelined at OsasunaUEFA.com、2007年8月16日
  7. ^ Javad Nekounam renueva su contrato hasta 2011CAオサスナ公式サイト、2007年11月24日(スペイン語)
  8. ^ Javad Nekounam not interested in leaving Osasuna”. Goal.com (2009年6月21日). 2011年1月24日閲覧。
  9. ^ Villarreal looking to recruit Iran's Nekounam”. Press TV (2009年6月17日). 2011年1月24日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ ネクーナム、国内リーグに復帰が決定”. Qoly.jp (2012年7月22日). 2012年7月22日閲覧。
  11. ^ “イランのサッカー代表4人追放…W杯予選で改革派支持リストバンド”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2009年6月26日). オリジナル2009年6月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090627192706/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090626-OHT1T00042.htm 2009年7月7日閲覧。 

外部リンク[編集]