アリ・ダエイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリ・ダエイ Football pictogram.svg
Ali-Daei.JPG
名前
本名 アリー・ダーイー
ラテン文字 Ali Daei
ペルシア語 علی دایی
基本情報
国籍 イランの旗 イラン
生年月日 1969年3月21日(45歳)
出身地 アルダビール
身長 192cm
体重 80kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1989 イランの旗 エステグラル・アルダビール
1989-1990 イランの旗 タキラニ
1990-1994 イランの旗 バンク・テジャラト
1994-1996 イランの旗 ペルセポリス 38 (28)
1996-1997 カタールの旗 アル・サッド 16 (10)
1997-1998 ドイツの旗 アルミニア・ビーレフェルト 25 (7)
1998-1999 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 23 (6)
1999-2002 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 59 (6)
2002-2003 アラブ首長国連邦の旗 アル・シャバブ 25 (11)
2003-2004 イランの旗 ペルセポリス 28 (16)
2004-2006 イランの旗 サバー・バッテリー 51 (23)
2006-2007 イランの旗 サイパ 26 (10)
代表歴2
1993-2006 イランの旗 イラン 149 (109[1])
2002 イランの旗 イラン U-23 3 (3)
監督歴
2006-2008 イランの旗 サイパ
2008-2009 イランの旗 イラン
2009-2011 イランの旗 ペルセポリス
2011-2013 イランの旗 ラーフ・アーハン
2013-2014 イランの旗 ペルセポリス
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月21日現在。
2. 2014年11月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アリ・ダエイ(アリー・ダーイー、ペルシア語: علی دائی‎ Alī Dā'ī、1969年3月21日 - )は、イラン出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはFW

人物[編集]

イランスポーツ界の英雄的存在であると共に1990年代のアジアを代表する名ストライカー。149試合に出場した国際Aマッチにおける通算109得点は世界記録である。「ペルシアン・タワー」の異名を持ち、恵まれた体格と高い跳躍力で高い打点から打ち下ろすヘディングは脅威であった。

アゼルバイジャン国境近くの町アルダビールに生まれ、少年時はディフェンダーとしてもプレー。フォワードへ専念後1993年6月6日にイラン代表デビューを果たすと、1994年アメリカワールドカップ予選や1996年アジアカップ(得点王)において活躍、1997年からはドイツブンデスリーガへ移籍。フランスワールドカップでも予選・本戦を通して活躍し、1999年にはアジア年間最優秀選手賞を獲得した。

ワールドカップ予選において日本人に与えたインパクトは強烈で、1993年のワールドカップアジア最終予選・対日本戦では決勝点となる2点目の得点。1997年のフランスワールドカップアジア最終予選・第三代表決定戦では一時日本を1-2とリードする得点。また、1999年9月の親善試合ではゴール正面のフリーキックを直接決める等、1990年代を通じて何度も日本サッカーの前に立ち塞がってきた。

2006 FIFAワールドカップでもアジア予選得点王の結果を残し、イラン代表を2大会ぶり、自身2度目のワールドカップ出場に導いたが、スピード、スタミナの不足を露呈し、本大会では不本意な結果に終わった。

2007年5月28日選手兼任監督として所属するサイパFCのイラン・リーグ優勝が決定した日の試合後に、選手としては現役を引退することを正式に表明した。

2008年3月2日、イラン代表監督への就任が決定。当初はサイパFC監督と兼任していたが、イラン代表監督に専念する為に同年5月21日に行われた2008年ACLグループリーグ最終戦を最後にサイパFC監督を辞任した。

2009年3月29日、前日28日のホームのサウジアラビア戦での敗戦がきっかけとなり、成績の低迷を理由にイラン代表監督を解任される。

2010年よりピルズィ・テヘランの監督に就任。2009-10シーズンはリーグで4位に終わりACL出場圏内に入れなかったが、カップ戦のハズフィー・カップで優勝を果たしACLの出場権を得る。2010-11シーズンもまたリーグ4位で終えACL出場圏内を逃すものの、前年同様にハズフィー・カップで優勝をして再びACLの出場権を得る。2011年6月、ピルズィ・テヘランの監督を退任。

その後、ラーフ・アーハンFCの監督に就任するが、2012年3月17日、試合の行われたエスファハーンからチームのホームの首都テヘランに自らが運転する車でコーチらと一緒に戻る途中、スピードの出し過ぎで横転事故を起こした[2]。事故後の第一報では、頭部を負傷しエスファハーン市内の病院の集中治療室に入り、翌日に手術を受け状態は安定していると報じられた[3]。その後、イラン国営テレビ(Iranian state TV)は、ダエイ氏が頭部を負傷したものの骨折はしておらず、容態は安定していると伝え、テレビには搬送されたエスファハーン市内の病院で話す様子も映し出された[4]

2014年11月21日AFC初代殿堂入りを果たした[5]

エピソード[編集]

  • 少年時代、父親が教育熱心であり、学業を優先するように言われていたが、母親にこっそりサッカーボールを受け取り練習に行っていたという。
  • 1994年広島アジア大会で負傷し入院するが、その際に医師看護師を始め多くの日本人が親切だったことに甚く感激して以来、大の親日家。好きな映画に「七人の侍」を挙げ、また2005年6月8日にイランがアジア最終予選通過を決めた際の「私は初めからイランと日本が(予選を)突破することを信じていた」とのコメントからもその親日家振りが伺える。
  • 1994年にジュビロ磐田が、彼の獲得に動いていた事があった。
  • 2005年6月、突然長かった独身生活にピリオドを打つ。
  • スポーツ用品店「ダエイ」を経営しており、イラン代表のユニフォームは彼の店のブランドである。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]