賈秀全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
賈秀全 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カ シュウゼン
ラテン文字 Jiǎ Xiùquán
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中国
生年月日 1963年11月9日(50歳)
出身地 大連
身長 185cm
選手情報
ポジション DF
代表歴
1982-1992年 中華人民共和国の旗 中国 136(14)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

賈 秀全(か しゅうぜん、Jiǎ Xiùquán、1963年11月9日-)は、中華人民共和国大連出身の元サッカー選手、サッカー指導者。1980年代の中国を代表するディフェンダー

来歴[編集]

中国人民解放軍のサッカークラブ、八一足球隊で頭角を現し、1980年中国代表に初招集される。1984年アジアカップでは決勝で中国はサウジアラビア代表に敗れるも、賈秀全は大会最優秀選手に選ばれる。

1988年からはユーゴスラビアリーグのパルチザン・ベオグラードに移籍し、UEFAカップにも出場した。これは中国人として初めてのヨーロッパ三大カップ出場である。その後は怪我のために長期のリハビリを余儀なくされる。1991年、温暖な気候での療養も兼ねてマレーシアのクラブへ移籍。1992年からは日本ガンバ大阪でプレーした。

2012年現在、J1に所属した唯一の中国人プレーヤーである(J2に所属した中国人選手は徐暁飛、他にもJFL以下のカテゴリに中国人選手が出場した前例はある)。

賈秀全といえば、ラモス瑠偉との小競り合いで退場となったシーンが有名であるが、それを含め1年で3度退場になっている(1993年7月10日サントリーシリーズ第17節vsヴェルディ川崎、同10月23日ナビスコカップ準決勝vs清水エスパルス、同11月13日NICOSシリーズ第12節vsサンフレッチェ広島)。

2007年は中国サッカー・スーパーリーグ河南建業、2008年より上海申花の監督を務めた。2010年1月に中国サッカー界の八百長問題に絡んで当局に拘束されたことが判明した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1992 G大阪 - J - 7 0
1993 25 0 2 0 0 0 27 0
通算 日本 J 25 0 9 0
総通算

現在は、日本国内成績のみ。

タイトル[編集]

代表歴[編集]

指導歴[編集]

  • 1994年 - 1995年 中華人民共和国の旗 八一足球倶楽部(監督)
  • 1996年 - 1999年 中華人民共和国の旗 陝西国力(監督)
  • 1999年 U-17中国代表(コーチ)
  • 2000年 中華人民共和国の旗 上海申花(コーチ)
  • 2002年 中華人民共和国の旗 八一足球倶楽部(監督)
  • 2003年 - 2004年 U-22/U-23中国代表(コーチ、監督)
  • 2004年 中華人民共和国の旗 上海申花(コーチ)
  • 2005年 - 2007年 オリンピック中国代表(コーチ、監督)
  • 2007年 中華人民共和国の旗 河南建業(監督)
  • 2008年 - 2009年 中華人民共和国の旗 上海申花(監督)

関連項目[編集]